真空管物語 日本製真空管データー・ベース 外国製眞空管データー・ベース 真空管資料

                                                                  




「真空管」
という名前の響きは、僅か50年の間に本当に遠い昔のことになって仕舞いました。今では、限られたオーディオ・マニアが制作する真空管ステレオ・アンプの増幅真空管として、その名を維持し続けているだけです。そんな「真空管」を集めて鎮魂歌を捧げようとしている「真空管」を愛する一老兵です

 
2001年のある日、高等学校、大学の先輩でもあり、かつ社会人になってからも仕事上の顧客として本当に長い間ご指導を頂いたJA2AC 村松武彦先輩から100品種100本「真空管」がダンボール3箱に入れて送られてきました。 今考えて見ますと”真空管コレクション”の極道の道?に踏み入れた第一歩だったと思います。それからいろいろな方とのお付き合いの中で、私の”真空管コレクション”に加わった「真空管」を時間を掛けて紹介をさせて頂きます。

 
現在までに収集できた真空管は、多数になりますが、未だにこれら真空管が未整理で箱に詰められています。また、ある種の品名の真空管を依然として探し続けています(このホームページの中で「WANTED」と記入した真空管が該当品です)。余剰真空管のリストを作成中ですが、何方か物々交換願えるかまたはお譲りいただければ大歓迎です。その節は、是非ともkenawoyama@nifty.com までメールをお送りください





 



   TELEFUNKEN R.E.95
   (尾形芳則氏寄贈品)

                                                                                                      以上