(平成29年12月1日)

                                           
アクセスカウンター

              
眞空管顛末記 アマチュア 無線 寄贈品 今月の写真集 私の プロファイル

 ケンさんのホームページ へのアクセスを有難う御座いました。この「ケンさんのホームページ」では、 ケンさんことJA2OP, JA1KGWのコールサインを取得して,アマチュア無線を愉しんでいる青山憲太郎の趣味の真空管コレクション ,アマチュア無線(QRP)、 寄贈品、今月の写真、私のプロファイル等の紹介をします。
                

今月の写真(平成29年12月)
JRC
4B20
 電力増幅ビーム4極管
 JRC 4B20は、大型4ピン・ベースのトップ・プレト端子で、プレート損失が100Wの空冷電力増幅ビーム4極管です。
 ラジオ100W放送機用に開発された送信管で電力増幅および変調用に適していて、30MHz迄高能率動作が期待できます。
 低いプレート電圧で動作するのが特徴で、プレート電圧が750Vで、約200W出力が期待できます。
 Philips社のQE08/200相当管で1960年(昭和35年)に開発されました。

 JRC 4B20は、山肩昭夫氏のご厚意による寄贈品です。

 フィラメント電圧x電流:6.3Vx1.9A
 全長x最
大径:140mm60mmφ


「ケンさんのホームページ」 をご覧戴き有り難う御座いました。ご覧を戴きました ホームページに関するご意見やご感想は, kenawoyama@nifty.com までお送りください。宜しくお願いをします。  copyright(c) 2004 Kentaro Aoyama
                                                                                                   以上

                                                                           

 

">