(平成30年4月1日)

                                           
アクセスカウンター

              
眞空管顛末記 アマチュア 無線 寄贈品 今月の写真集 私の プロファイル

 ケンさんのホームページ へのアクセスを有難う御座いました。この「ケンさんのホームページ」では、 ケンさんことJA2OP, JA1KGWのコールサインを取得して,アマチュア無線を愉しんでいる青山憲太郎の趣味の真空管コレクション ,アマチュア無線(QRP)、 寄贈品、今月の写真、私のプロファイル等の紹介をします。
                

今月の写真(平成30年4月)
EIMAC
 227
パルス変調用3極管
 Eimac 227Aは,プレートおよびグリッドが、ガラ管側面から対照的に2本ずつ端子が取り付けられ、フィラメント端子はガラス容器の下部から取り出されたVHF帯のレーダーのパルス変調用3極管です。

 30年代後半に、Eimac社は、VHFバンドで初期のレーダーのパルス変調用真空管として開発しました。    初期のレーダー・システムの200MHz用のリング変調器では4本の227Aが使用され、1938年頃、米国海軍向けSC-1SK-1として製作されました。

Eimac 227Aは、山肩昭夫氏のご厚意による寄贈品です

フィラメント電圧x電流:10.5Vx10.7A
全長x最大径:140mmx100mmφ



「ケンさんのホームページ」 をご覧戴き有り難う御座いました。ご覧を戴きました ホームページに関するご意見やご感想は, kenawoyama@nifty.com までお送りください。宜しくお願いをします。  copyright(c) 2004 Kentaro Aoyama
                                                                                                   以上

                                                                           

 

">