真空管[4極管]物語
                                                       (第1版;平成25年*月*日)

 初期の頃、受信機用に開発された礦石検波器は、感度が悪く無線システムのネックになっていました。その後、フレーミングが、エジソン効果のサンプルの2極電球により検波真空管を発見しました。この2極電球が、オツシレーション・バルブと命名され以後、ヨーロッパでは広く、真空管のことをバルブ(水道の栓)と呼ばれていることは御承知の通りです。その後、デフォレストの3極真空管へと開発は進められますが、我國ではこの4極管(多極管)の特許問題に関しては必ずしもスッキリとした経緯説明が為されていません。
 先達の資料を調べると共に各国の4極管の1号管を調査してみたいと思います。

 3極真空管の開発により、当時の受信機の性能は、格段の進歩を遂げました。しかし、第1次世界大戦の時には、受信機の更なる改善の方向に技術進歩が向かいました。当時ドイツ軍が携帯用通信機の小型化および軽量化のために、低いプレート電圧で動作し、しかも性能の優れた真空管の要求がありました。ジーメンス・ウント・ハルスケ (
Siemens & Halske) のショットキー(Walter Schottky)博士が発明したのが、ダブル・グリッド管でした。博士は、3極管の特性限界を理解していましたので、積極的に第2のグリッドを持つ真空管の開発に注力をし、何件かの特許を191〜1917年の間に出願していました。


 
                                                                                                   以上