真空管[4極管]物語
                                     (第1版;平成25年*月*日)

 初期の頃、受信機用に開発された礦石検波器は、感度が悪く無線システムのネックになっていました。その後、フレーミングが、エジソン効果のサンプルの2極電球により検波真空管を発見しました。この2極電球が、オツシレーション・バルブと命名され以後、ヨーロッパでは広く、真空管のことをバルブ(水道の栓)と呼ばれていることは御承知の通りです。その後、デフォレストの3極真空管へと開発は進められますが、我國ではこの4極管(多極管)の特許問題に関しては必ずしもスッキリとした経緯説明が為されていません。
 先達の資料を調べると共に各国の4極管の1号管を調査してみたいと思います。以下作業中です。

                                                                   以上