真空管[鎮魂歌]物語 
                          (第2版;平成21年2月1日)

 縁があって手元に入手した真空管の内、真空容器のガラス管やメタル管が破損した真空管は、解体新書同様に、真空管内部の電極構造をできる限り調査を行い該当真空管の[鎮魂歌]としたいと思います。(合掌) 

1.Eimac 35TG

 Eimac 35TGは、高μの変調、発振電力増幅用の3極管です。4ピンのセラミックを使用したバイオネットベースでトップ・プレートおよびサイド・グリットの円筒ガラス管です。一般的な定格は、次の通りです。

電気的定格
 フィラメントトリエーテーッド・タングステン
         電圧;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.0 V
         電流;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4.0 A
 増幅度(平均)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 39
 電極間容量;
         グリットー プレート間・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1.8 μμf
        グリットー フィラメント間・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2.5 μμf
         プレートーフィラメント間・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 0.4 μf

機械的定格
  最大寸法
        全体長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 146 mm
        最大径・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 46 mm








 右上の写真は、Eimac Tubeカタログから抜粋した真空管 35TGの写真です。下の真空管 35TGの 写真は、運送中に不幸にし円筒ガラス管が破損した真空でない真空管です。
 左の写真は、35TGのほぼ組立の状態となっていると思います。また、右の写真は35TGの各電極をバラバラに配置したもので、左から「プレートと端子」、「フィラメントのセンターリードとステムまでの配線」、「フィラメントのコイル」および「グリットと端子」を示しています。


                              































 各電極の寸法と構造の詳細を調べてみました。

フィラメント材料はThoriated tungusten(トリエーテッド・タングステン)です。
フィラメントは、全長が9mm、外径が2.5mmφ10ターンのコイル状のものです。

コイルの中に長い方のセンターリードを入れて、フィラメント・コイルを上下で支持をし、位置出しをしています。


コイルとリード線を接続する短いリード線は、見失っています。
グリッと電極構造とガラス管側面のグリット端子です。
13本の線で長さ20.5mmの円筒型駕籠を組み、この駕籠を、細い線で5ターン捲きのコイル状で固定をしています。
グリット端子は、外径が1.0mmφです。
プレート電極は、長さが20.5mm、外径が10.5mmφの円筒電極です。プレート電極端子は、1.0mmφです。 トリエーテッド・タングテンとグリット電極を組み合わせた構造です。



2. Rogers 6H6

 Rogers 6H6は、メタル管の中でも最小のもので、オクタルベースのメタル管で検波、低電圧整流および自動音量調整用の双2極管です。RCAはが1935年に開発したメタル真空管で共通のヒターと独立した2ヶの2極管の構成です。一般的な定格は、次の通りです。

電気的定格
 フィラメント酸化皮膜
         電圧;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6.3 V
         電流;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 0.3 A
 
 電極間容量;
         プレートNo.1ーグリットNo.1間・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  3.0 μμf
        プレートNo.2ーグリットNo.2間・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  3.4 μμf
         プレートNo.1ープレートNo.2間・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  0.1 μμf

 整流
         A-Cプレート電圧(RMS)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 117  V最大
         DC出力電流・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   4 mA最大

機械的定格;
         全体長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  40 mm
         最大径・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  33 mm


Rogers 6H6
2ヶの2極管は水平配置されています。その
ため、オクタル・ベースのメタル管の中でも最
小寸法の真空管となっています。2ヶの2極
管は、2枚のマイカ版に填め込まれて、各種
リード線が直接ボタン・ステムの端子に接続さ
れています。
水平は位置されている電極構造を上部
から見て、中央の板は、2ヶの2極管を遮
蔽するシールド板で、メタル・ケースとピン1に
接続されています。プレート電極は、長さ7
mm
、最大径は約1mmφです。円筒部の
下に見える”ハ形”が直列に接続された
ヒターのリード部です。ゲッターは使用されていな
い。

2. 日本電気 MC-658-A(CZ-511)

 
 一般に、同軸ケーブルを使用した中継端局では、周波数帯域が広いので、負荷抵抗が高くできない。従って、利得を大きくするためには、電極間容量が小さく、且つ相互コンダクタンスの高い真空管が必要になります。アメリカでは、エーコン管に似た外観で電極間容量がが小さい小型の5極管が実用されました。日本電気ではこの目的に高相互コンダクタンスのMC-658-A(CZ-511)とMCー660-A(CZ-514)が1940年(昭和15年)〜1941年(昭和16年)に製造が開始されました。真空管のヒター規格が電圧で規定された真空管としては、最初の真空管でした。一般的な定格は、次の通りです。

電気的定格
 フィラメント酸化皮膜
         電圧;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6.3 V
         電流;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 0.6 A

品 名 原 型 用 途 Vh=6.3V, =250V
sg(V) I(mA) V(V) I(mA) (mS)
CZ-511 MC-658-A 電圧増幅 130 0.6 ー2 11 7.5
CZ-514 MC-660-A 出力増幅 180 0.7 ー6 7.5 7.5


機械的定格;
        全体長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  120 mm
        最大径・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   38 mm
                                                                     以上
                 

日本電気 MC-658-A
(CZ-511)
横に3本のリブで補強されているプレート電極は
、長さが27mm、最大径が約20mmφです。
コントロール・グリットの電極保持棒には、冷却
用の放熱板が取り付けられています。
ステム付近にゲッターが取り付けられているが、
ガラス面には導電性塗装用カーボン・スート
が塗布してないので、内部の電極構造はよく
見える。

中央の酸化皮膜カソードは、約12mmφで、
長さが22mmです。
コントロール・グリットは、0.5mmφの2本のロッド、
最大径は、0.35mmφです。(約300回捲き)
スクリーン・グリットは、0.8mmφの2本のロッド、
最大径は0.65mmφです。(約100回捲き)
サップレッサー・グリットは、1.0mmφの2本のロッ
ド、最大径が13.5mmφです。(10回捲き)

酸化皮膜カソードとコントロール・グリットの間隔
を出来るだけ狭くして高相互インダクタンスを高
くしている。

3. 東京電気(マツダ) 6K7

 全金属真空管(以下国産メタル真空管、又は国産メタル管とも呼称)は、昭和10年(1935)にアメリカのGEで開発が成功し、同年4月には、RCAから発売されました。 日本では、東京電気が昭和11年(1936)頃から全金属真空管の国産化を初めて、昭和13年(1938)頃には3極管 US−6C5、高周波増幅5極管 US−6J7、可変増幅5極管 US−6K7,出力5極管 US−6F6,双2極管 KS−6H6,周波数変換7極管 US−6L7およびビーム電力管 US−6V6などが完成をしたが、一般には販売されずに専ら海軍向けだけに納入されて、僅かな真空管が陸軍や官庁用に限定して納入されていました。その種類は多くありませんが、製造設備の関係で東京電気(マツダ)と住友通信工業(NEC)の2社に限られていました。
 サンプルは、東京電気(マツダ) 6K7、可変増幅率高周波増幅用5極管です。

電気的定格
 フィラメント酸化皮膜
         電圧;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6.3 V
         電流;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 0.3 A

 A級増幅
        プレート電圧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 250 V
        スクリーン・グリット電圧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  125 V
        コントロール・グリット電圧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ー3 V
        増幅率  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  990
        プレート抵抗 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  600 KΩ
        相互コンダクタンス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1650 μΩー1
        プレート電流 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10.5 mA
         スクリーン・グリット電流 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2.6 mA


機械的定格;
        全体長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   75 mm
        最大径・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  32.5 mm

東京電気(マツダ)
6K7
プレート電極は、2枚の14x11mmの板が対向して
上下の細い板で接続されている。(写真では、手前
の細い板は切断してある。)
ピン1は、通常はメタル
・シェルと接続さあrている画シェルとの間に12回捲き
のコイルを通して接続してある。(ゲッター?)
コントロール・グリット(G1)、スクリーン・グリット(G2)及び
サップレッサー・グリット(G3)は、25mmの長さで上下の
マイカ板(円板の金属に填め込み)により構成されてい
る。

サップレッサー・グリット(G3)は、最大径が11mmφで16
回捲きです。
スクリーン・グリット(G2)は、最大径が7mmφで約32回
捲きです。
コントロール・グリット(G1)は、最大径が4mmφで約70
回捲きです。

写真の左下にコイル状の物が見えるがゲッター?らし
い。


4. CANADIAN MARCONI 6L6

 CANADIAN MARCONI 6L6は、オクタル・メタル管のやや長めのメタル容器に収容された真空管で、1936年にRCAが史上始めて発表したビーム4 極管です。周知の通り、ビーム管は、@ 4極管の欠点であつたdynatron特性を無くするために、コントロール・グリット(G1)及びスクリーン・グリット(G2)からプレート(P)迄の距離を長く取り、電子流を増加させると”空間電荷の谷”が形成されてられてサップレッサー・グリット(G3)と同じ効果が期待できて、プレートからの2次電子放射(dynatron特性)を防止できる。A コントロール・グリット(G1)及びスクリーン・グリット(G2)の”目合わせ”をして、Is/Ip電流分配率を改善してプレート電圧が低い範囲でも動作させることが出来る。B ”ビーム形成電極”を設けて、電子ビームを絞り込んでいる。
 しかしながら、@とAは、必要条件ですが、Bは必ずしも不可欠とは言えない。 同軸状筒型の電極構造をした大型の送信用4極管は、ビーム管ですが、”ビーム形成電極”はない。

電気的定格
 フィラメント酸化皮膜
         電圧;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6.3 V
         電流;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 0.9 A

 A級増幅
        プレート電圧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 250 V
        スクリーン・グリット電圧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  250 V
        コントロール・グリット電圧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ー14 V
        増幅率  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 135
        プレート抵抗 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  22.5 KΩ
        相互コンダクタンス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  6000 μΩー1
        プレート電流 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  72 mA
         スクリーン・グリット電流 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   5 mA
         負荷抵抗 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2.5 KΩ
         出力電力 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6.5 W
        歪み ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 %


機械的定格;
        全体長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  105 mm
        最大径・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   40 mm

CANADIAN MARCONI
6L6
電極構造の上部の円板は、メタル容器の上部に取り付
けられたゲッターが電極に飛び散るのを防止する保護板で
す。扁平な酸化皮膜カソードが上下に分かれている。左
右方向に”ビーム形成電極”が取り付けられれている。
中央の扁平な酸化皮膜カソードの前後方向に電子ビー
ムが流れる。従って、コントロール・グリット(G1)及びスクリー
ン・グリット(G2)の”目合わせ”が綺麗に完成していてい
る。左右方向にコントロール・グリット(G1)及びスクリーン・グ
リット(G2)が並んでいて、その外側に”ビーム形成電極”
が見える。


5.RCA 1625

 RCA 1625は、茶色ベークの7ピン・ベースで大型ST管のビーム4 極管です。ビーム管としての特徴は、前述の6V6と同じです。サンプルは、807の12V管です。

電気的定格
 フィラメント酸化皮膜
         電圧;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12.6 V
         電流;・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 0.45 A

 プレート変調RF増幅;C級増幅(CCS)
        プレート電圧  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  475 V
        スクリーン・グリット電圧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  300 V
        プレート入力 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   40 W
        プレート損失 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  16.5 W
        スクリーン・グリット損失 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  2.5 W
        プレート電流 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   89 mA
         グリット電流 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   5 mA
        


機械的定格;
        全体長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  140 mm
        最大径・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   52 mm

  

RCA
1625
上下に2分割された扁平な酸化皮膜カソードと左右方向にコントロール
・グリット(G1)
スクリーン・グリット(G2)及び”ビーム形成電極”と並んで見
える。前後方向に電子流が流れる。”空間電荷の谷”が形成できる様に
コントロール・グリット(G1)、スクリーン・グリット(G2)G1及びG"からプレート
電極間の距離が保たれている。

                                                                             以上