真空管[整流用真空管]物語
                                                 (第5版;平成29年1月9日)

1.初期の整流管

 初期の頃、受信機用に開発された礦石検波器は、感度が悪く無線システムのネックになっていました。その後、フレーミングが、エジソン効果のサンプルの2極電球により検波真空管を発見しました。この2極電球が、オツシレーション・バルブと命名され以後、ヨーロッパでは広く、真空管のことをバルブ(水道の栓)と呼ばれていることは御承知の通りです。その後、デフォレストの3極真空管へと開発は進められますが、当時の受信機は、専ら電池で使用していたため商用電源からの電力を利用する際に必要となる整流用真空管はやや後発になりました。

 GE(General Electric)は、エジソンが発明した直流発電機、電動機などを中心に米国最初の重電メーカーとして活動していました。当時の送信機は、電力用の交流発電機を使用し、1913年には、200KHzで数kVA出力の発電機(アレキサンダーソン式として有名。回転式同期発電機)を製造していました。
 GEのラングミュアにより、第1時世界大戦中に開発され、陸軍通信隊が命名したKENOTORON TBー1があります。このTBー1は、航空機の風力発電機用の2極整流管/電圧調整管として開発されたものです。フィラメントを直流発電機の専用捲巻線によって点灯し、航空機のスピードが増して風速が上がると発電機の電圧も上昇しTBー1の内部抵抗が下がって、これと直列に入っている差動界磁巻線の電流が増し、結果として回転速度 1800〜3600rpmの間で発電機電圧の変動を10%以内におさえて、航空機搭載送信機のB電圧の安定化に役だったとのことです。
 
サンプル 1のTBー1のプレート電極構造は、円筒形でフィラメントはスパイラル状のものがステムから自立しています。高真空型で、ベースは真鍮パイプの機械加工のUV型ですが、グリットに相当するピンは欠落した3ピンで、ピン先には接触を良くするために金ボールが溶接されている初期のものです。 
 サンプル 2のTBー1のプレート電極構造は、サンプル 1と同じく円筒形でフィラメントはスパイラル状のものがステムから自立しています。高真空型で、ベースは真鍮板のプレス加工でセラミックを使用したUV型ですが、グリットに相当するピンは欠落した3ピンで、後期のものです。 
なお、このTBー1は、第1次世界大戦後7年間も製造され続け、350V/50mAの半波整流管としてアマチュアに安価で供給されたと言うことです。

GENERAL ELECTRIC TB-1 GENERAL ELECTRIC TB-1 GENERAL ELECTRIC TB-1
GENERAL ELECTRIC TB-1 GENERAL ELECTRIC TB-1 GENERAL ELECTRIC TB-1

 一般のラジオ、電蓄や送信機のために製造された整流専用の真空管の元祖と言っても良いのは、1921年に米国のRCAから発売された純タングス・フィラメントのUVー216でした。グリットがないことを除けばUV-202と全くおなじです。これを用いて、UVー202を終段真空管とする送信機に350V/65mAのB電源を供給することが出来ました。サンプルは、ガラス面に、旧RCAのロゴ(RとCの重なったロゴ)とGEのロゴがエッチングされて明らかにGE製です。又真鍮板のプレス加工のベースには、”KENOTORON”の名称が印字されています。

GE/RCA UVー216 GE/RCA UVー216 GE/RCA UVー216

RCAは、1924年にトリエーテッド・タングステン版のUX261ーAを発表しましたが、WESTERN ELECTRICの型番と紛らわしいと言うことで翌年にUX216ーBに変更しました。電極構造は、UXー210からグリッドを取り除いただけの半波整流管で最大定格は、AC入力電圧;500V、DC出力電流;65mAでした。ガラス管頂部には、新しいRCA ロゴが印字され、丈の長い黒ベークのUXベースには”RECTRON UX216ーB”の文字が刻印されています。

RCA UX216-B RCA UX216-B


 RCAは、1927年にUXー280を発表しましたが、これは大型受信機、電蓄、増幅器などに使用されました。フィラメントは、酸化皮膜で最大定格もAC入力電圧;300V、DC出力電流;110mAに特性を向上しました。なお、後期のUX-280は、最大定格もAC入力電圧;400V、DC出力電流;125mAになりました。

RCA UX-280 RCA UX-280 RCA UX-280

 RCA RADIOTRON UX281は、黒ベークのUXベース、大型ナス管の半波整流管です。ガラス管頂部にはRCAのロゴが印字され、ベースには、””RCAロゴ、RADIOTRON UX281”の刻字がされています。電極構造は、送信管の様に頑丈で、プレートはステムから独立して保持されていています。そのはずで1927年に登場した出力電力用3極管 UX250のグリッドを取り除いた整流管がWHから発売されましたが、このサンプルは、RCA RADIOTRONブランドです。

RCA UX281 RCA UX281 RCA UX281



2.汎用の整流管

 我が国で最初に刊行された”無線工学 ポケットブック”、昭和16年(1941年)7月、社団法人 日本ラヂオ協会 編纂”、の第38編 雑、11.各種真空管特性一覧表、第XIII表 受信及び送信用整流管(1)と(2)に記載の整流管特性を下記に抜粋しました。
 

種類 口金(3) 受口(1) 陰極 加熱電圧電流 最高交流
電圧ー陽
極当たり
(V)
最高直流
出力電流
(mA)
最大尖頭
耐具悪電圧
(V)
最大尖頭
陽極電流
(mA)
種別(7)
(V) (A)
OZ4 全波整流管 6ピン(O) 4R 冷陰極 350 30-75 1,250 200 G
OZ4G 全波整流管 6ピン(O) 4R 冷陰極 特性 OZ4 に同じ G
2V3G 半波整流管 6ピン(O) 6BA 直熱 2.5 5.0 2.0 16,300 12 V
2W3 半波整流管 5ピン(O) 4X 直熱 2.5 1.5 350 55 V
2X2 半波整流管 4ピン(M) 4B 直熱 2.5 1.75 4,500(11) 7.5 V
2Y2 半波整流管 4ピン(M) 4P 直熱 2.5 1.75 4,500(11) 5.0 V
2Z2 半波整流管 4ピン(M) 4B 直熱 2.5 1.5 350 50 V
5T4(3) 全波整流管 5ピン(O) 5T 直熱 5.0 3.0 450 250 1,250 800
5U4G 全波整流管 8ピン(O) 5T 直熱 5.0 3.0 特性 5Z3 に同じ
5V4G 全波整流管 8ピン(O) 5L 傍熱 5.0 2.0 特性 83ーV に同じ V
5W4 全波整流管 5ピン(O) 5T 直熱 5.0 1.5 250 110 1.000 V
5X3 全波整流管 4ピン(M) 4C 直熱 5.0 2.0 1,250 30 V
5X4G 全波整流管 8ピン(O) 5Q 直熱 5.0 3.0 特性 5Z3 に同じ V
5Y3G 全波整流管 5ピン(O) 5T 直熱 5.0 2.0 特性 80 に同じ V
5Y4G 全波整流管 8ピン(O) 5Q 直熱 5.0 2.0 特性 80 に同じ V
5Z3 全波整流管 4ピン(M) 4C 直熱 5.0 3.0 500 250 1,400 V
5Z4(3) 全波整流管 5ピン(O) 5L 傍熱 5.0 2.0 400 125 1.300 V
6W5G 全波整流管 6ピン(O) 6S 傍熱 6.3 0.9 350 100 1.250 350 V
6X5(3) 全波整流管 6ピン(O) 6S 傍熱 6.3 0.5 350 75 V
6Z3 半波整流管 4ピン(M) 4G 傍熱 6.3 0.3 350 50 V
6Z4 全波整流管 5ピン(S) 5D 傍熱 6.3 0.5 350 50 V
6Z5 全波整流管 6ピン(S) 6K 傍熱 6.3 0.6 230 60 V
6ZY5G 全波整流管 6ピン(O) 6S 傍熱 6.3 0.3 350 33 1.000 150 V
7Y4 全波整流管 8ピン(L) 5AB(12) 傍熱 7.0 0.53 350 50 V
12Z3 半波整流管 4ピン(S) 4G 傍熱 12.6 0.3 250 60 V
12Z5 倍電圧整流管 7ピン(M) 7L 傍熱 12.6 0.3 225 60 V
14Z3 半波整流管 4ピン(S) 4G 傍熱 14 0.3 250 60 V
25X6GT 倍電圧整流管 7ピン(O) 7Q 傍熱 25 0.15 125 60 V
25Y4GT 半波整流管 6ピン(O) 5AA 傍熱 25 0.15 125 75 V
25Y5 倍電圧整流管 6ピン(S) 6E 傍熱 25 0.3 250 85 V
25Z3 半波整流管 4ピン(S) 4G 傍熱 25 0.3 250 50 V
25Z4 半波整流管 6ピン(O) 5AA 傍熱 25 0.3 125 125 V
25Z5 倍電圧整流管 6ピン(S) 6E 傍熱 25 0.3 125 100 V
25Z6 倍電圧整流管 7ピン(O) 7Q 傍熱 25 0.3 125 100 500 V
35Z3 半波整流管 8ピン(O) 4Z 傍熱 35 0.16 250 100 V
35Z4GT 半波整流管 6ピン(O) 5AA 傍熱 35 0.15 250 100 V
35Z5G 半波整流管 6ピン(O) 6AD 傍熱 35(8) 0.15 125 100 V
40Z5GT 半波整流管 6ピン(O) 6AD 傍熱 40(8) 0.15 125 100 V
45Z5GT 半波整流管 6ピン(O) 6AD 傍熱 45(8) 0.15 125 100 V
50Y6G 倍電圧整流管 7ピン(O) 7Q 傍熱 50 0.15 125 85 V
50Z6G 倍電圧整流管 7ピン(O) 7Q 傍熱 50 0.3 125 150 V
50Z7G 倍電圧整流管 8ピン(O) 8AN 傍熱 50 0.15 117 65 V
117Z6G 全波整流管 7ピン(O) 7AR 傍熱 117
58.5
0.075
0.15
117 60 V
1(5) 半波整流管 4ピン(S) 4G 傍熱 6.3 0.3 350 50 1,000 400 M
1-V 半波整流管 4ピン(S) 4G 傍熱 6.3 0.3 350 50 V
RK60 全波整流管 4ピン(M) B(4) 直熱 5 3 750 250 2,120 V
RK19 全波整流管 4ピン(M) B(4) 傍熱 7.5 2.5 1,250 200(10) 1,500 600 V
RK21 半波整流管 4ピン(M) A(4) 傍熱 2.5 4.0 1,250 200(10) 3,500 600 V
RK22 全波整流管 4ピン(M) B(4) 傍熱 2.5 8.0 1,250 200(10) 3,500 600 V
80 全波整流管 4ピン(M) 4C 直熱 5.0 2.0 350
400
550(6)
125
110
135
V
81 半波整流管 4ピン(M) 4B 直熱 7.5 1.25 700 85
82 全波整流管 4ピン(M) 4C 直熱 2.5 3.0 500 125 1,400 400 M
83 全波整流管 4ピン(M) 4C 直熱 5.0 3.0 500 250 1,400 800 M
83-V 全波整流管 4ピン(M) 4L 傍熱 5.0 2.0 400 200 1,100 V
84/6Z4 全波整流管 5ピン(S) 5D 傍熱 6.3 0.5 350 60 1,000 V
836 半波整流管 4ピン(M) A(4) 傍熱 2.5 5.0 5,000 1,000 M
866 半波整流管 4ピン(M) A(4) 直熱 2.5 5.0 250(10) 7,500 1,000 M
866A 半波整流管 4ピン(M) A(4) 直熱 2.5 5.0 250(10) 10,000 1,000 M
866B 半波整流管 4ピン(M) A(4) 直熱 5.0 5.0 8,500 1,000 M
866Jr. 半波整流管 4ピン(M) 4B 直熱 2.5 5.0 1,250 250(10) M
871 半波整流管 4ピン(M) A(4) 直熱 2.5 2.0 1,750 250 5,000 500 M
878(11) 半波整流管 4ピン(M) A(4) 直熱 2.5 5.0 7,100 5 20,000 V
879(11) 半波整流管 4ピン(S) A(4) 直熱 2.5 1.75 2,650 7.5 7,500 100 V
872 半波整流管 4ピン(J) P(4) 直熱 5.0 10. 7,500 5,000 M
872-A 半波整流管 4ピン(J) P(4) 直熱 5.0 10. 10,000 5,000 M
975A 半波整流管 4ピン(J) P(4) 直熱 5.0 10.0 1,300 15,000 6,000 M
1616 半波整流管 4ピン(M) B(4) 直熱 2.5 5.0 130 5,500 800 V

注 (1)受信管接続図参照                               (7)Mは水銀入り、Vは高真空型、Gはガス入り
   (2)Mは中型、 Sは小型、 Oは小型オクタル、 Jaは大型         (8)表示燈用タップあり  
     (3)金属管                                      (9)入力端に塞流線輪入れた場合の2極当たり電流
   (4)j受信管口金接続図参照                           (10)入力端が容量の場合
   (5)1型と1−V型とは交換可能                          (11)陰極線管要
   (6)入力端に少なくとも 20Hの塞流線輪を挿入                 (12)ロクタル・ベース


RAYTHEON OZ4 RCA 2V3G KEN-RAD 2X2(897) RCA 5V4-G
マツダ 5Y3-GT GENERAL ELECTRIC 5Y3-GT CBS 5Y3WBTA ROGERS 5Y4G
マツダ 5Z3 ナショナル 5Z3 NEC 6X5-GT HYTRON 6X5GT
GE  6Z4/84 SYLVANIA 35Z3 RCA 35Z5-GT COSSOR 1
CUNNINGHAM 1-V RAYTHEON RK-60 RAYTHEON 866A RCA 80
マツダ KX-80 ARCTURUS No.180 AIREX 281 CeCo R81(UX-281)
マツダ HX-82 マツダ HX-83 RCA 83-V マツダ HX-84
SYLVANIA 84/6Z4 WESTINGHOUSE 1616

3.東京電気製送信用整流管(2極管) (サイモトロン)

無線工学 ポケットブック”、昭和16年(1941年)7月、社団法人 日本ラヂオ協会 編纂”、の第38編 雑、11.各種真空管特性一覧表、第XXIII表 東京電気製(2極管) (サイモトロン)に記載の整流管特性を下記に抜粋しました。(頭部口金口金および保持金具の項目は削除してあります。)

種    類 全長
(cm)
最大直径
(cm)
陰極
種類
繊條
電圧
(V)
繊條
電流
(A)
直流陽
電流
(A)
管内電
降下
(V)
最大許容
陽極損
(W)
最大尖頭
陽極電流
(A)
最大尖頭
耐逆電圧
(V)
KX-142 半波整流用高真空二極管 11.2 3.8 C 2.5 1.75 0.03 100 7.0 0.19 7,500
KX-153 半波整流用高真空二極管 17.0 6.0 W 5.0 3.5 0.05 200 30 0.10 20,000
KN-154 半波整流用高真空二極管 19.0 10.0 W 10.0 6.0 0.20 450 200 0.30 30,000
KN-155 半波整流用高真空二極管 25.0 12.0 W 12.0 6.0 0.30 500 400 0.40 35,000
KN-156 半波整流用高真空二極管 32.0 15.0 W 15.0 10.0 0.50 800 600 0.80 35,000
KN-157 半波整流用高真空二極管 42.0 19.0 W 17.0 15.0 0.90 1.200 1,500 1.50 35,000
KN-158 半波整流用高真空二極管 36.0 17.0 W 12.0 24.0 0.80 1,300 1,000 1.5 35,000
KN-159 半波整流用高真空二極管 40.0 17.0 W 14.0 24.0 1.20 1,000 1,500 2.00 35,000
KV-203 半波整流用高真空二極管 18.7 5.3 W 10.0 6.5 0.2 300 100 0.60 2,000
KV-204A 半波整流用高真空二極管 36.0 10.0 W 13.0 3.85 0.5 400 200 1.20 7,000
KV-207 水冷式高真空整流管 50.0 7.0 W 22.0 52.0 3.00 1,700 8,000 6.00 40,000
KN-208 半波整流用高真空二極管 50.0 15.2 W 22.0 25.0 3.00 1,200 800 3.50 35,000



WANTED WANTED
日本電気 KX-142 理研真空 KX-153 東京電気 KN-154 東京電気 KN-155
WANTED WANTED WANTED WANTED
東京電気 KN-156 東京電気 KN-157 東京電気 KN-158 東京電気 KN-159
WANTED WANTED WANTED WANTED
東京電気 KV-203 東京電気 KV-204A 東京電気 KV-207 東京電気 KN-208

4.日本電気製熱陰極水銀整流管

 無線工学 ポケットブック”、昭和16年(1941年)7月、社団法人 日本ラヂオ協会 編纂”、の第38編 雑、11.各種真空管特性一覧表、第XXVIII表  日本伝記製熱陰極整流管に記載の整流管特性を下記に抜粋しました。

名 称 陰  極 陽  極 管内電
圧降下
(V)
周囲
温度

(℃)
外形寸法 冷却方式
加熱法 繊條
電圧
(V)
纖條
電流
(A)
余熱
時間
最大尖頭
電流
(A)
最大尖頭
耐逆電圧
(V)
最大直径
(cm)
全長
(cm)
QC-700-C 直熱 2.5 10.0 30秒 1.5 7,500 20 以下 5〜40 6.6 18.5 自然
QC-702-C 傍熱 5.0 7.0 10分 2.0 30.000 10.0 26.5
QC-704-C 傍熱 5.0 12.0 10分 5.0 20.000 12.0 36.5
QC-709-C 直熱 2.5 5.0 30秒 0.8 5,000 5.5 16.0
QC-710-C 傍熱 5.0 25.0 10分 10.0 20.000 16.0 44.5
QC-714-C 直熱 5.0 20. 2分 6.5 20,000 12.0 40.0
QC-715-C 傍熱 5.0 50.0 30分 50.0 20,000 25.0 82.0
QC-716ーC 直熱 5.0 10.0 60秒 2.5 7,500 6.2 22.0
QC-717-C 直熱 5.0 10.0 60秒 2.5 20,000 10.0 30.0
QD-733-A 直熱 2.5 5.0 30秒 0.8(全波) 3,000 5.0 14.0


WANTED WANTED WANTED
日本電気 QC-700-C 日本電気 QC-703-C 日本電気 QC-704-C 日本電気 QC-709-C
WANTED WANTED WANTED
日本電気 QC-710-C 日本電気 QC-714-C 日本電気 QC-715-C 日本電気 QC-716-C
WANTED WANTED
日本電気 QC-717-C 日本電気 QD-717-A





参考文献
.「クラッシック・ヴァルブ 幻の真空管800種の軌跡」、大塚 久著、誠文堂新光社、1999年2月4日発行、
2.「無線工学 ポケットブック」、社団法人 日本ラジオ協会編纂、昭和16年7月31日発行、

                                                                     以上