真空管[撮像管]物語 
                                                                                       (第9版;平成29年5月11日)
1.撮像管

 
 撮像管は、被写体の像を電気信号に変換する真空管です。映像信号としてテレビ受像機に画像を映し出すための一番最初の段階を担う部分であり、テレビカメラの心臓部です。同様の働きをするものに固体撮像素子があり、撮像管に対して撮像板と呼ばれることがありますが、現在では専らCCDが普通名詞になっています。

 
実用的な撮像管として最初のものは、1933年に V. K. Zworykin 博士の作ったアイコノスコープ (iconoscope) があります。昭和30 年 に、V. K. Zworykin 博士が来日して、名古屋で講演会が開かれました。当時、静岡大学工学部電子工学科の岡部隆博教授に引率されて、電子工学科の生徒20名で来日記念講演会に出席したのも懐かしい思い出です。

 撮像管は、電子管の一種であり、固体撮像素子に比べて性能維持や調整に手間がかかります。また、一方、固体撮像素子のCCDの品質が向上し、放送用として充分な画質を得られるようになったことから、今では、特殊な装置を除き全てCCDに置き換わっています。特殊な装置としては、高感度暗視カメラなどの用途に使われている。


2.各種撮像管

主な撮像管(カラー)には、ビジコン管以外に以下のようなものがあリました


(1) サチコン管・・・NHKと日立製作所が共同開発

(2) トリニコン管・・・ソニーが開発

(3) ニューコスビコン管・・・松下電機が開発

(4) HARP(ハープ)管(超高感度撮像管) ・・・NHK、日立施策所と浜松ホトニクスが共同開発

 右の写真は、蒐集した大小様々な撮像管です。特に透明ケースに入っている大型のイメージ・オルシコンに関しては、NEC製品は、村松健彦氏の寄贈品、またToshiba 製品は、池田定之氏の寄贈品です。







3.撮像管の写真と特性


撮  像  管 説    明
東芝 
5820A
/L イメージ・オルシコン

 用途は、一般TVの撮像とスタジオ・カメラおよび中継用カメラに
使用されまいした。コントラスト範囲が広く、S/N比が良好という
特徴があります。

 
全長が386mm、最大径が76.2mmです。現職中、カメラ設計
技術者として活躍された池田定之氏寄贈品です。(39%)
RCA
4804/SC1/P1 イメージオルシコン

用途および特徴は、目下調査中です。
入力部にソレノイド・コイルが装着されている.

 全長が190mm、最大径が50mmです。(52%)
RCA
7734A
 ビジコン

 用途および特徴は、目下調査中です。

 全長が160mm、最大径が28mmφです。(65%)
RCA
8134(4811/B)
 
 RCA 8134(4811/B)は、8ピン円筒ガラス管の小型1インチ
径のビデコンタイプ型で、静電収束、磁界偏向の省電力ヒター;
0.6Wの撮像管です。コンパクト型軽量ノトランジスタTVカメラ用に
設計された撮像管です。

 この撮像管は、白黒TVは勿論のことカラーの撮像管の他、標
準TVのスロー走査装置にも使用されました。

 東芝がRCAより購入して、東芝が製造したTVカメラに使用していた。

 全長が160mm、最大径が28.55mmφです。(65%)
ナショナル
XQ1020G
 プランビコン

 ナショナル XQ1020Gは、1インチ・プランビコンは、1962年にオ
ランダのフィリップスが発表した酸化鉛を使用した好感度のビデ
イコン撮像管に対する商品名ですので三菱は、松下からのOEM
か技術提携により生産した撮像管と考えられます。

 このプランビコンは、主として放送局用のカラー・カメラの撮像
管として使用されていましたが、その後NHKと日立が共同開発し
たサチコンに変わり、最終的にはCCD撮像素子に取って代わり
ました。 このサンプルは、ゲッターが白化している。
長谷川一郎氏のご厚意による寄贈品です
 全長が205mm、最大径が34.55mmφです。(110%)
三菱
XQ3427R
 プランビコン

 三菱 XQ3427Rは、2/3インチ・プランビコンは、1962年にオラ
ンダのフィリップスが発表した酸化鉛を使用した好感度のビデイ
コン撮像管に対する商品名ですので三菱は、松下からのOEMか
技術提携により生産した撮像管と考えられます。

 このプランビコンは、主として放送局用のカラー・カメラの撮像
管として使用されていましたが、その後NHKと日立が共同開発し
たサチコンに変わり、最終的にはCCD撮像素子に取って代わり
ました。

 全長が105mm、最大径が17.75mmφです。(110%)
Mitsubishi 
P800X ビジコン


 Mitsubishi P800Xは、小型工業用、Tr化テレビカメラ用
のビジコンです。口径が18mm、1インチDES迂。全長が130
mm、最大径が28.66mmです。
(80%)
 
日立 
20PE19 ニュービジコン


 三酸化アンチモン光導電膜による注入型ターゲット構造の
撮像管です。ビジコンの中でも特に高い感度を有し0.5 ル
ックス程度の明りで被写体を捉えることができる。この
撮像管は、S4097、XQ1590などと互換性があります。
全長が100mm、最大径が20mmです。
(100%)
 
日立
H8362A サチコン

 口径が1インチのサチコンで、集束と偏向にはソレノイド
の電磁偏向方式を採用しています。低残像特性が良
いので、放送用サチコンでテレシネ装置に使用されて
いました。
動作例

 第4グリット電圧:900V、第3グリット電圧:700V
 第2グリット電圧:300V、第1グリット電圧:ー40〜100V
 電磁集束磁界:68G、ガンマ:約1

 ヒター電圧x電流:6.3VxA
 全長x最大径:160mmx32.5mmφ
日立
H9311 サチコン


 サチコンは、NHKと日立製作所が共同開発した光導電型
撮像管の商品名です。普及型の小型カラーカメラに使用さ
れました。口径が18mm、2/3インチ撮像管と言われたもの
です。
全長が100mm、最大径が20mmです。
(100%)
日立
H4438G ハーピコン


 日立 H4438G は、NHKと日立製作所が共同開発した
アモルファスセレンを主体とした材料により構成された高
感度アバランシェ倍増型光導電膜を使用した撮像管です
。ハーピコン(R)(HARPICON)は、日立の登録商標で
High
ーgain Avalanche Rudshing amorphous ohotoconductor
から命名された。
全長は、105mm、最大径が20mmです。
(75%)
日立
7038 ビィジコン

 日立 7038は、放送用の一般撮像管として製作された
低速度走査方式の標準型ビディコンで白黒又はカラー・テ
レビジョン放送に使用されました。
 特性は,
RCA 7038と同じです。
ヒター電圧・電流;6.3V・0.6A
全長;160mm、最大径が28.5mmφ (65%) 
日立
8758A ビィジコン

 日立 8758は、工業用の一般撮像管として製作された
低速度走査方式の標準型ビディコンで白黒又はカラー・
テレビジョン放送に使用されました。

 
全長は、130mm、最大径が25.55mmφです。(45%) 
日立
HS-201A ビィジコン

 日立 HS-201Aは、管の中央に張ってある銀色ラベルの
”HITACHIのロゴと手書きの品名のHS-201A”にある撮像管で総裁は不明です。
 日立 HS-201Aは、尾崎逸郎氏のご厚意による寄贈品です。

 
全長は、180mm、最大径が28.5mmφです。(42%) 
松下
S4097 ニュービコン


 松下 S4097は、普及型小型カメラ用のニュービコンです。
口径が18mm、2/3インチ撮像管と言われたものです。収
束・偏向は、S・M型です。

 
全長が100mm、最大径が20mmです。 (100%)
TOSHIBA
7262A ビジコン


 Toshiba 7262A ビジコンは、小型工業用、Tr化カラー・
テレビカメラ用のビジコンです。口径が18mm、1インチ用と
言われたビジコンです。収束・偏向は、共にMタイプです。
全長が、130mm、最大径が28.6mmです。
(80%)
TOSHIBA
8844 ビジコン


 Toshiba 7262A ビジコンは、普及型小型カラーテレビ
用カメラのビジコンです。口径が18mm、2/3インチ用と言わ
れたビジコンです。収束・偏向は、共にMタイプです。全長
が、100mm、最大径が20mmです。
(100%)
TOSHIBA
20PE20 ビジコン


 Toshiba 20PE20 ビジコンは、ミニチュア型7ピン・ベース
のSta-Mag 2/3” ビジコン管です。全長が、98mm、最
大径が9.5mmです。
 Toshiba 20PE20 ビジコンは尾崎逸郎氏のご厚意によ
る寄贈品です。
(90%)



4.集束と偏向用のソレノイド磁界

 
日立 H8362A 撮像管のサチコンが収束と偏向のために、装着されていたアルミニューム鋳物のソレノイド型磁界と映像アンプ・ユニット(B6998-B)です。銘板には、B6998,TG-09 B日立電子株式会社と書かれている。テレビ放送局のテレシネ装置から取り外したサチコンとソレノイドと映像アンプ・ユニットと推定されます。

                                                                         


                                                                        以上

参考文献
 
1.藤田努、丸山瑛一、「新形日立撮像管サチコン"H8397”の特性」、UDC 21、.385、832、5、4、44
  2.谷岡健吉、「時代を作った技術ー 超感度HARP撮像管の発明」、映像メディア学会誌、Vol.60、No.11、pp 1762〜1765(2006)
  3.林龍雄、「新 高感 度イ メー ジオル シコン管 GL-7629」、テレビジョン学会誌、UDC 621. 397. 611: 621. 383. 8