真空管[光電管]物語          
                                                                                   (第33版;平成29年5月10日)

 物質が光(紫外線、可視光、赤外線)の照射を受けると電子を遊離して、電気的変化を起こすことは、教科書で学習した通りよく知られている「光電効果」です。太陽電池のように起電力を起こすもの、ホト・トランジスターのように抵抗値が変化するもの、光電管のように電子を放出するものの3種類があります。
 嘗て光電管は、温度特性、周波数特性、安定性が良好、雑音が少なく、且つ内部抵抗が高いという理由で、光学測定、光電リレー、トーキー、FAX等広い分野で使用されていました。
 
1.光電管の種類

 
光電管は、大きく次の3種類に分類されます。”Toshiba ELECTRON TUBE HAND BOOK ”ーSpecial Tube 、誠文堂新光社出版からの抜粋です。

(1) ガス入り光電管;ガラス管内に、アルゴンなどの不活性ガススを低圧で封入し、電子の衝突によって電離されたガスイオンが加わり、真空光電管の5〜10倍まで感度があがります。トーキー、ホトリレー、FAX等の光の変化を検出するのに使用されました。

(2) 真空光電管;出力が安定し、周波数に関係なく感度は一定で、入射光に比例します。電圧の変動による影響が少なく、雑音が少ないことが特徴です。光温度計、比色計などの測定や実験に真空光電管が使用されました。
 更に、陰極光電面に使用される金属の種類によって、銀セシュウム光電管アンチモンセシウュム光電管マルチアルカリ光電管、などに分類されます。

  
銀セシューム光電管(分光感度曲線S1) 8000Å付近に最大感度を持ち、緑や青では感度が少し低くなります。赤外部は12000Åまで感度がありますので、赤外線測定にも使用できます。紫外部の3600Å付近にもう一つの山があるのですが、これは紫外線がガラスに遮断されるために現れません。この光電管の光源としては、白色電球がもっとmてきしています。

  
アンチモンーセシューム光電管(分光感度曲線S4) 4000のところに最大感度の山が現れます。これは普通の硬質ガラスをバルブとして使用している場合ですが、特に紫外線透過ガラスを用いますと、S5のようにその山が3400Åに移ります。この場合、2500程度の紫外線まで測定をすることが出来ます。

  
マルチアルカリム光電管(分光感度曲線S20) 4200Åのところに最大感度を持ち、可視域全般にわたり極めて高い感度を有しています。とくに、S4光電面にでは、充分に感度の得られなかった波長、5500〜6000Åのヒカリに対して高い感度を示します。暗電流が少なく高感度安定な光電管として注目されています。各種測定器に使用されています。

  
その他の光電管 特に紫外線のみを測定する光電管として、クローム、カドミウム、錫、マグネシュウムなどの光電陰極を用いた特殊な者も製造されています。

 
(3) 光電子増倍管;同一の高真空管の中に2次電子増倍面をあわせもつ高感度の光電管でMultiplier Phototube または Photomultiplier とも言われています。2次電子増倍面によって光電子を電気的に増倍しますので、、光電管と真空管で増幅するのと異なり、各種の雑音がなく、従って微少な光を検出出来る点に特徴があります。その用途は、放射線、宇宙光の検出をはじめ、広範囲に及んでいます。

(4) 光電陰極:光電管に使用される光電面については、材料的にみるとAgーOーCs,SbーCs、Ag-Bi-O-Cs、マルチアルカリの4種類があるが、光電陰極としてそれらの分光感度特性に注目してSナンバーをとろくして区別している下記の表は主なるものの特性を示したものである。近赤外までを扱うのなら Sー1 しかないが、可視領域では Sー10 とか Sー20 がある。後者はルーメン感度が著しく優れている。柴外から可視の短波長領域では Sー20 のマルチアルカリの他に古くから使われている Sー4、Sー13がある。特に Sー13 はまどに石英ガラスを使い紫外線をよく透過するように配慮されている。 またSー4と Sー11はともに同じ CbーCa 光電面であるが、 Sー4は不透明光電陰極で、Sー11は半透明光電陰極であるので、特性に差異がでてくる。なお表では Sー1 と Sー4の放射感度を比較すると1桁違うが、ルーメン感度はそれほど差がない。これは標準光源のタングステン電球の赤及び赤外の放射エネルギーが多いためである。


ナンバー
光電面の
種類
最大感度
波長(nm)
放射感度
(μA/W)
ルーメン感度
(μA/Lm)
量子効果
(%)
窓の材料 備考
Sー1 Ag-O-Cs 800 2.4 25 0.36 普通のガラス 近赤外に感度あり
Sー4 SbーCs 400 39.0 40 12.0
Sー8 BiーCs 420 2.3 3 0.77 赤の感度ややあり
Sー10 AgーBiーCs 540 20.0 40 5.6
Sー11 Sb-Cs 440 14.0 半透明
Sー13 SbーCs 440 48.0 60 13.0 石英 柴外感度有り
S-20 SbーKーNaーCs 320 64.0 150 18.0 普通のガラス 可視・赤の感度大

光電陰極の特性表


2.光電管の命名

 
光電管の記号の意味は、PG, PTは光電管のガラス管が球形(PG)か管形(PT)かを示し、中央の数字は管球の最大直径を、また  は真空型をG はガス入り型を示します。例えば、 PG-65-Gは、最大直径が65mmの丸形ガラス球を使用したガス入り光電管と言うことになり、PG-65-Vは、同じ大きさで、真空光電管です。
 「電子管の歴史」、資料編によると戦前のマツダの光電管は、セシューム光電管カリウム光電管として一覧表の記載があります。最も広く使用されていたのは、陰極光電面にセシュームを主体とするCs-Cs2O-Agで表せる複合陰極光電面のセシューム光電管です。

 下記に光電管の型名の命名法をしめします。”
NEC ELECTRONICS DATA BOOK 62”、誠文堂新光社出版からの抜粋です。

             
          1項    2項    3項    4項
         (文字)  (文字)   (数字)  (文字)
          P     V     17    
           |       |        |       |
           |       |        |      └──    原型より変更したことを、その順序によりAよりFまでのアルファベット
           |       |       |              の大文字で表す。変更したものは、その全形に対して置き換えられ
           |       |        |             るが、その逆の場合は必ずしも適用しない
           |       |        |
           |       |       └───────   工業会登録順位に11より始まる追番号を使用する
           |       |       
           |       └────────────   V;真空光電管
           |                            G;ガス入り光電管
           |                         M;光電子倍増管
           |
           └─────────────────  光電管を表しPを使用する



3.光電管

 セシューム光電管の種類を次に表示します。尚、記号の意味は、PGPTは光電管のガラス球が丸型か管形かを示し、中央の数字は、ガラス球の最大直径を、または、真空型を、G はガス入り型をそれぞれ示します。従って、PG-65-Gと言えば、、最大直径が65mmの丸型ガラス球を使用したガス入り光電管と言うことになります。

種類 全長 ガラス球の直径 窓の直径 脚の長さ 陽極端子 隠陰極端子
PT-17-G1
PT-17-V1
58mm 17mm 17x25mm 10mm 口金の第1脚 口金の第3脚
PT-25-G
PT-25-V
68±3
25 17x45 14.5
PG-25-G
PG-25-V
87±3 25 20±3
PG-50-G
PG-50-V
86±3 50 42±3 キャップ
PG-65-G
PG-65-V
137±3 65 57±3
PG-100-G
PG-100-V
180±4 100 80±5
PG-180-G
PG-180-V
275±5 180 160±10
PL-50-G
PL-50-V
107±3 50 42±3

  また、カリウム光電管の非スペクトラム感度は、視感度曲線に極めて近似したもので、照度測定や人間の眼と同様な感度を要求する場合に使用されました。

種類 全長 ガラス球の直径 窓の直径 脚の長さ 陽極端子 隠陰極端子
PG-65-V 137±3mm
65mm 55-60mm 14.5mm 口金の第1脚 キャップ
PL-50-V 50 35-45

 戦中、戦後の東芝 光電管の規格は下記の通りです。

形 名 用   途

分光
感度
特性
最大感
度波長
最 大 定 格 特      性 電極口金 外 国
相当管
陽極直
流供給
電圧
(V)
最大
許容
電流
(mA)
周囲
温度
(℃)
感度(μA/lm) **
暗電流
Max
(μA)
電極間静
電 容 量
Max
(μF)
最小 標準 最大
PV11 側部窓形、赤及び赤外用、光温度計小型測定器用、赤外線測定用、(東芝フィルター[RD]使用)比色計、その他一般測定用 S1   8000
±1000
200 2 50 15 25 60 0.05 4 A3-1 Philips
3545
PV11A 18 S1  8000
±1000
200 2 100 10 25 60 0.05 4 A3-1 Philips
3545
PV15 2 S1  8000
±1000
200 2 50 15 25 70 0.01 4 A3-1
PV13 側部窓形、可視域用、視感度測定用、東芝色フィルターV-A1と組み合わせる)4000Å付近の測定用 1 S4 4000
±500
250 2 50 15 25 100 0.05 4 A3-1
PV16 2 S4 4000
±500
250 2 50 15 25 100 0.01 4 ア3-1
PV20 対称形、可視域用、模写伝送用 3 S4 4000
±500
100 2 50 8 12 0.002 5 特殊
PV22 側部窓形、可視域用、視感度測定用、東芝色フィルターV-A1と組み合わせる)比色計、その他一般測定用 6 S1 4000
±500
250 10 50 25 35 70 0.01 6 A4-26
PV24 9 S4   8000
±1000
250 3 50 25 35 70 0.01 6 A4-26
PV23A 側部窓形、可視域用、視感度測定用、東芝色フィルターV-A1と組み合わせる) 8 S4 4000
±500
250 3 50 25 35 100 0.01 6 A4-26
PV29 側部窓形、赤及び赤外用、比色計、微弱光測定 12 51   8000
±1000
250 10 50 20 30 60 0.003 4 A4-26
PV30 側部窓形、赤及び赤外用、オータラム、オートシー用 13 S1  8000
±1000
250 10 50 25 35 75 0.01 4 A4-26
PV31 側部窓形、可視域用、微弱光測定用、視感度測定用、東芝イロフィルターV-A1と組み合わせる)比色計、オートレー(屋外用) 12 S4 4000
±500
250 10 50 30 25 100 0.003 4 A4-26
PV32 13 S4 4000
±500
250 10 50 25 35 100 0.01 4 A4-26
PV45 側部窓形、赤及び赤外用、赤外線測定用、(東芝フィルター[RD]使用) 13 S1 8000
±1000
250 0.1 50 5 0.005 4 A4−26
PV46 側部窓形、赤及び赤外用、光温度計、小型測定器用 4 S1 8000
±1000
250 2 50 15 25 60 0.005 4 なし
PV47 側部窓形、可視域用、写真印刷、視感度測定用 16 S4 4000
±500
250 2 50 15 25 100 0.01 4 なし
PV48 側部窓形、双陰極真空光電管、可視域用、測定器に使用 17 S4 4000
±500
250 1 50 15 25 70- 0.05 4 A3-1
PV52 側部窓形、可視域用特に5000〜6000Åの光に対し良好な感度を示す。暗電流少なく各種測定用に使用される。 19 S20 4200
±500
250 3 50 80 120 0.0005 10 B14-38
PV29 側部窓形、可視域用、微弱光測定用、視感度測定用、東芝イロフィルターV-A1と組み合わせる)比色計、オートレー(屋外用) 15 S4 4000
±500
250 5 75 25 45 70 0.01 約2.6 B5-10 RCA929
PG12 側部窓形、赤および赤外用,16mmトーキー録音再生、小型リレー用 S1 8000
±1000
80 2 50 75 125 360 0.1 4 A3-1 RCA927
PG12A 18 S1 8000
±1000
80 2 100 75 125 360 0.1 4 A3-1 RCA927
PG14 側部窓形、可視域用、小型模写電送、小型リレー用 1 S4 4000
±500
90 2 50 75 125 360 0.1 4 A3-1
PG18 頭部窓型、可視域用、シネサイン、小型リレー用 3 S4 4000
±500
90 1.5 50 40 90 340 0.1 4 A3ー1
PG19 側部窓形、赤および赤外用、16mmキー録音再生、リレー用 4 S1 8000
±1000
90 2 50 75 125 360 0.1 4
PG25 側部窓形、赤および赤外用16mm、35mmトーキー録音再生、リレー用、オータラム及び計数装置 9 S1 8000
±1000
90 3 50 120 180 360 0.1 4 A4-26
PG27 側部窓形、赤および赤外用,35mmトーキー録音再生用 10 S1 8000
±1000
90 3 50 120 180 360 0.1 6 A4-A1 RCA918
PG28A 側部窓形、可視域用、模写電送用 11 S4 4000
±500
90 3 50 75 135 360 0.1 6 A$-26
PG33 側部窓形、赤および赤外用、35mmトーキー録音再生、リレー用、オータラム及び計数装置 14 S1 8000
±1000
90 10 50 80 150 350 0.1 4 A4-26
1P40 側部窓形、赤および赤外用、オータラム、フォトリレー用 15 S1 8000
±1000
90 3 50 90 150 360 0.005 5 B5-6 RCA1P40
930 部窓形、赤および赤外用、16mmトーキー録音再生、リレー用 15 S1 8000
±1000
90 3 50 90 135 205 0.1 5 B5-6 RCA930
6953 20 S1 8000
±1000
90 3 100 140 200 330 0.1 5 B5-10 RCA6953
PG51 側部窓形、可視域用、小型模写電送、小型リレー用 18 S4 4000
±500
80 2 75 150 300 0.0005 4 A3-1

注;色温度 2780 °Kのタングステン標準電球を用い10mmφの開穴で0.05或いは0.1ルーメンの光を投射し陽極電流の値から求めた感度。A3-1口金のソケットには、ベピー・コンセント(3P)の受け口を使用することができます。A4-26、A4-A1(東芝名)口金はJIS 4 P用ソケットに適合します。B8-6、B5-10口金は、GT管用ソケットに適合します。口金には絶縁の良い特に吟味してありますので、、ソケットにも絶縁**25℃における値。0.1ルーメンの光を赤外フィルム1{R-D}を通して与え、その電流値を10倍した値。


.「NEC電子部品 電子管規格一覧表」、(1962年9月の特殊管の光電管の表を抜粋)

形 名 旧型名 外形寸法
MAX(mm)
口  金 種  陰極 最大感
度波長
感度
μA/lm
絶対最大定格 備考



平均陰極電流
(μAdc)
尖頭陰極電流
(μA)
陽極
電圧
(Vdc)
周囲
温度
(℃)
全長 最直
大 
部径
ベース キャップ
PG12 17A-S2 61 18.5 A3-1 ガス入り 銀ーセシューム 8000±1000 75 125 360 2 6 90 50 RCA927相当
PG14 17A-S4 61 18.5 A3-1 ガス入り アンチモンーセッシューム 4000±500 75 135 360 2 6 90 50 RCA5583相当
PV15 17B-S1 73 18.5 A3-2 C1-1 真空 銀ーセシューム 8000±1000 15 25 70 2 6 250 50
PV16 17B-S3 73 18.5 A3-1 C1-1 真空 アンチモンーセッシューム 4000±500 15 25 100 2 6 255 50
PV17 17C-S3 60 20 20φx13 20φx13 真空 アンチモンーセッシューム 4000±500 8 12 2 6 100 50 対称型
17H-S4A 57 17 A3-1 ガス入り 浜松テレビ
PG21*1 21A-S4A 42 23 リード リード ガス入り アンチモンーセッシューム 4000±500 85 95 200 2 6 70 50
PV22 25AーS1 104 30 A4-5 C1-1 真空 銀ーセシューム 8000±1000 25 35 70 3 9 250 50
PV23 25A-S3 104 30 A4-5 C1-1 真空 アンチモンーセッシューム 8000±1000 25 35 300 3 9 250 50
PG25 25B-S2A 93 30 A4-5 ガス入り 銀ーセシューム 8000±1000 120 180 360 3 9 90 50
PV26 25B-S3 93 30 A4-5 真空 アンチモンーセッシューム 4000±500 24 45 100 3 9 250 50
PG27 25C-S2 103 30 A4-5 ガス入り 銀ーセシューム 8000±1000 120 180 360 3 9 90 50 RCA918相当
PV29 50A-S1 103 51 A4-5 C1-1 真空 銀ーセシューム 8000±1000 20 30 60 10 30 250 50
PV31 50A-S3 103 51 A4-5 C1-1 真空 アンチモンーセッシューム 4000±500 20 35 100 10 30 250 50
PV44 50H-S1 100 51 A4-5 C1-1 真空 銀ーセシューム 8000±1000 4*2 4 12 250 50
G5E 35 32 リード リード ガス入り アンチモン・セシューム 4000±500
5715A 95 58 A4-5 C1-1
25G-S1A 100 95 A4-5 C1-1 浜松テレヒ

註;*1;既設装置補給用、将来製造中止予定
  *2赤外フィルターIR-D1を使用した赤外感度




写真 説明 写真 説明
Toshiba
PG12


 Toshiba PG12は、3ピン・小型ガラス管のガラス面に蒸着陰極のあるガス入り銀セシュウム光電管です。 
 全長が55mm、最大径が15 mmφの光電管でトーキー録音再生用の他、小形ホトリレーに使用されました。
 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は8000±1000Aです。PT-17-G1相当管です。(100%)
ナショナル
MRP30


 ナショナル MRP30は、オクタル・ベースのGt管のCdS光電管です。
 全長が、50mm、最大径が32mmφの光電管です。
 特性およびその他は、調査中です。
(100%)

NEC
PG14A


 NEC PG14は、3ピン・小型ガラス管のガス入りアンチモンセシュウム光電管です。
 全長が60mm、最大径が17 mmφという小型光電管であるため、小型のFAXに使用されていましたが、赤字印刷や写真等の検出が出来て小型のホトリレーに使用れていました。
 
形状は、側部窓型用で半円筒の陰極がある可視光用で、波長感度の最大値は、4000±500Aです。
(87%)
Toshiba
PG25


 Toshiba PG25は、4ピン・ガラス管のガラス面に蒸着陰極のあるガス入り銀セシュウム光電管です。 
 全長が85mm、最大径が27 mmφの光電管でトーキー録音再生用の他、ホトリレー、FAXとうに使用されました。
 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は8000±1000Aです。PT-25-G1相当管です。(70%)
NEC 
PG27(25C-S2)


 NEC PG27は、4ピン・ガラス管のガス入り銀セシュウム光電管です。

 ベースには、旧名称の25C-S2が併記されています。
 全長が100mm、最大径が30 mmφの光電管です。、赤及び赤外域に高感度を持つ光電管でトーキー録音再生用に使用れていました。
 形状は、側部窓型用での可視光用で、波長感度の最大値は、8000±1000Aです。
(70%)
Toshiba
PG28A


 Toshiba PG14は、4ピン・ガラス管のガス入りアンチモンセシュウム光電管です。
 半円筒形の陰極を持ち、全長が85mm、最大径が25 mmφの光電管です。FAXに使用されました。
 形状は、側部窓型用での可視光用で、波長感度の最大値は、4000±500Aです。
(90%)
Toshiba
PG51

 Toshiba PG51は、3ピン・
ガラス管のガス入りアンチモン
セシュウム光電管です。
 半円筒形の陰極を持ち、全
長が60mm、最大径が16.5
mmφの光電管です。小型模写
電送や小型
フォトリレー等に使用されました。
 形状は、側部窓型用での可
視光用で、波長感度の最大値
は、4000±500Aです。
(90%)
Toshiba
PG51

 Toshiba PG51は、3ピン・ガ
ラス管のガス入りアンチモンセ
シュウム光電管です。
 半円筒形の陰極を持ち、全長
が60mm、最大径が16.5 mmφの
光電管です。小型模写電送や
小型
フォトリレー等に使用されました。
 形状は、側部窓型用での可
視光用で、波長感度の最大値
は、4000±500Aです。

 製造時期の違いか、ステムに
マウントされている電極の方向
が違っている。
(90%)
NEC
PG-50-G 


 NEC PG-50-Gは、4ピン・球形ガラス管のガラス面に蒸着陰極のあるガス入り銀セシ
ュウム光電管です。 
 全長が90mm、最大径が45 mmφの光電管でトーキー録音再生用の他、ホトリレー、FAXとうに使
用されました。
 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は3500附近です。PT-25-G1相当管です。
(75%)
Palm
50G 


 Palm (日本電子管製作所)50Gは、4ピン・球形ガラス管のガラス面に蒸着陰極のある光電管です。

 
 全長が80mm、最大径が50 mmφで、形状は、側部窓型用です。

 詳細特性は、調整中です。
(75%)
マツダ
PT-17-G1


 マツダ PT-17-G1は、3ピ
ン・ガラス管のガラス面に蒸着
陰極の
あるガス入り銀セシュウム光
電管です。 
 全長が58mm、最大径が17
mmφの光電管です。

 形状は、側部窓型用で、波
長感度の最大値は?です。
(120%)
マツダ
PT-17-V1


 マツダ PT-17-V1は、3ピン・ガラス管のガラス面に蒸着陰極のあ
る真空の銀セシュウム光電管です。 
 全長が58mm、最大径が17 mmφの光電管です。

 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は?です。
(120%)
マツダ
PT-25-G


 マツダ PT-25-Gは、4ピン・ガラス管の
ガラス面に蒸着陰極のあるガス入り銀セシュウム光電管です。 
 全長が90mm、最大径が29 mmφの光電管でトーキー録音再生用の他、ホトリレー、FAXとうに使用され
ました。
 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は8000±1000Aです。PG25相当管です。
(60%)
UNKNOWN

 型名も製造会社も不明な光電管です。

 球形ガラス管に通常通りの光電面が蒸着されているが、蒸着素材は不明です。

 写真に見られるように、陽極の位置に6mmx12mm程度の板が固定されている。光電面に面した方向に
スプリング状のフィラメントが見える。但しどのような機能を果たすのか不明です。(リード線が
3本)

 全長が、105mm、最大径が64mmφです。
(60%)
マツダ
PT-25-G2


 マツダ PT-25-G2は、4ピン・ガラス管のガラス面に蒸着陰極のある
ガス入り銀セシュウム光電管です。 
 全長が100mm、最大径が30 mmφの光電管でトーキー録音再生用の他、ホトリレー、FAXとうに使用され
ました。
 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は8000±1000Aです。PG25相当管です。
(60%)
マツダ
PT-25-V


 マツダ PT-25-Vは、4ピン・ガラス管のガラス面に蒸着陰極のある
ガス入り銀セシュウム光電管です。 
 全長が90mm、最大径が30 mmφの光電管でトーキー録音再生用の他、ホトリレー、FAXとうに使用されま
ました。
 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は8000±1000Aです。PG25相当管です。
    
(83%)
Toshiba
PV11


 Toshiba PV11は、3ピン・ガラス管のガラス面に蒸着陰極のある
    ガス入り銀セシュウム光電管です。 
 全長が60mm、最大径が17 mmφの光電管で赤および赤外のも感度を持ち小型の測定器に適しています。
 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は8000±1000Aです。PT-17ーV1相当管です。(100%)
Toshiba
PV13


 Toshiba PV13は、3ピン・ガラス管のガラス面に蒸着陰極のある
チモン・セシュウム光電管です。 
 全長が60mm、最大径が17 mmφの光電管で紫を中心とした可視域に高感度を持ち小型の測定器に適しています。
 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は4000±500Aです。7209A相当管です。(110%)
NEC
PV16
17B-S3)

 NEC PV16は、半円筒形
    のカソードを持つ3ピン・小型ガラス管の真空アンチモンセシュウム光電管です。
 全長が73mm、最大径が17 mmφという小型光電管で、可視光線、特に青や緑に感度があります。適当なフィルタ
    ーと組合わせて視感度を測定するのに適しています。

 形状は、側部窓型用での可視光用で、波長感度の最大値は、4000±500Aです。(100%)
Toshiba
PV22

  Toshiba PV22は、真空銀セシューム光電管で比色計、照度計その他一般測定用として広く使用された4ピン・ソケットの光電管です。
 全長が98.5mm、最大径が20mmφで、特に可視光線と赤外線に感度を持つています。

 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は、10000±1000Aです。(80%)
 

浜松ホトニクス
PV24

  浜松ホトニクスPV24は、真空銀セシューム光電管で比色計、照度計その他一般測定用として広く使用された3ピン・ソケットの光電管です。
 全長が98.5mm、最大径が26.5mmφで、特に可視光線と赤外線に感度を持つています。

 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は、8000±1000Aです。(100%)
 JQ2IVW、村田健司氏のご厚意による寄贈品です。
Toshiba
PV29


 Toshiba PV29は、4ピン・
丸形ガラス管の真空銀セシュ
ウム光電管です。
 丸形の陰極を持ち、全長
が1005mm、最大径が50 mmφ
の光電管で、暗電流が小さく
設計されているため、高い絶縁
を必要とする信号の小さなホト
リレー回路や微弱光の測定に
使われますす。
 形状は、丸形側部窓型用で
頂部にカソード端子が付いて、
波長感度の最大値は、8000
±1000Aです。
(70%)
Toshiba
PV30


 Toshiba PV30は、4ピン・丸形ガラス管の銀セシュウム光電管です。
 丸形の陰極を持ち、全長が95mm、最大径が60mmφの光電管です。比色計、積算日照計、オートレー装置、交流式オータムラ装置に使用されました。。
 形状は、丸形側部窓型用でカソード端子が付いた可視光用で、波長感度の最大値は、8000±1000Aです。
PL-50-V相当です。
(80%)
Toshiba
PV32


 Toshiba PV320は、4ピン・丸形ガラス管のアンチモンセシュウム光電管です。
 丸形の陰極を持ち、全長が95mm、最大径が60mmφの光電管です。比色計、積算日照計、オートレー装置、交流式オータムラ装置に使用されました。
 形状は、丸形側部窓型用でカソード端子が付いた可視光用で、波長感度の最大値は、4000±500Aです。
PS-50-V相当です。
(80%)
Toshiba
6953


 Toshiba 6953は、ロクタル・GT型のガス入り銀セシュウム光電管で、赤及び赤外線に高感度を持つ側部窓型です。トーキー、ホトリレーに使用される。
 形状は、GT管で全長は、75mm、最大径が30mmφであり、波長感度の最大値は、8000±1000Aです。RCAー6953とは、そのまま差し替えて使用出来る。
(80%)
NEC
25B-S2


 NEC 25B-S2は、PG-25相当品と思われる。”NEC電子部品 電子管規格一覧表”によると25B-S2Aの記載があるので、規格はほぼ同じと思う。
 
 
がス入り銀ーセシューム陰極です。 最大感度は、8000Åで、標準感度は、180 μA/lmです。

全長が、90mm、最大径が29mmφです。
(100%)
MATSUSHITA
30M−S3


 Matsushita 30M−S3は、UXベースの円筒ガラス管の光電管です。

 形状は、側部窓型用ですが、封入ガスの種類や波長感度の最大値などは目下不明です。全長は、90mm、最大径が29mmφです。

 ベースには、ナショナル、30M-S3,MATSUSHITA ELECTRIC
WORKSの印字がある。
(77%)
浜松テレビ
17HS4A


 浜松テレビ 17HS4Aは、
3ピンの濃緑色ベースの円
筒ガラス管の光電管管です。
 
詳細不明で目下調査中で

全長が、57mm、最大径が17
mmφです。
(120%)

NEC
G5E


 昭和23年1948年)に、浜松テレビの前身である東海電子研究所が設立され、当時この G5E 光電管が開発、発売されてたと記録されています。詳細は、調査中です。

 NEC G5E 光電管でガラス管壁には、NEC、G5E及び1951−12の印字があります。
の光電管は、JA6PA 田直記氏からの寄贈品です。

全長が、35mm、最大径が32mm φです。
(120%)
NEC 
PG21(21A-S4A)

 NEC PG21は、2本リード
線の小型球形ガラス管のガス
入りアンチモンーセシュウム光
電管です。

  全長が42mm、最大径が23
mmφの光電管です。、写真電
送装置に使用れていました。

 形状は、球形で波長感度の
最大値は、4000±500Aです。
(140%)
Toshiba
7215A

 Toshiba 7215Aは、、4ピン・丸形ガラス管の光電管です。
 丸形の陰極を持ち、全長が95mm、最大径が58mmφの光電管です。,

 詳細名規格および特性は,調査中です。
浜松テレビ
25G-S1A


 浜松テレビ 25G-S1Aは、
4ピンの黒色ベースの円筒ガラス管の光電管です。
 
詳細不明で目下調査中で


 
末廣吉安氏のご厚意による寄贈品です。

全長が、100mm、最大径が93
mmφ です。
(70%)




5.海外の光電管

WESTERN ELECTRIC
3A


 WESTERN ELECTRIC 3Aは、黒いベークの2本リード線(Flying wires)のナス管の光電管です。1925年の映画産業ブームに応じて1Aおよび2Aを発表しましたが、1925年に改良型の3Aを発表しました。
 純銀製のカソードに酸化セシュームが塗布され、赤色、遠赤外線により放出された光電子は中央の棒状のアノードにより集め等れました。この時の感度は、100μA/lumenでした。アノードの数MΩの抵抗による電圧が増幅器に供給されました。

 全長が110mm、最大径が58mmφです。
RCA 
6570


RCA 6570は、4ピン・ガラス管のガラス面に蒸着陰極のある光電管です。 
 この光電管は、マイクロホニック及び高感度に適した工業用の光電管です。
 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は8000Aです。(70%)

全長が105mm、最大径が30 mmです。
 
CETRON
CE-23-C


 CETRON CE-23-Cは、
調査中です。
CETRON
CE-25-C
 
CETRON CE-25-C
は、調査中です。
CONTINENTAL
ELECTRONIC CO

CETRON
CE-25
 
CETRON CE-25-C

は、調査中です。
RCA
930


 RCA 930は、ガス入り
銀セシューム光電管でオクタ
ル・ベースのトーキー再生用
です。ベースにはGENERAL
ELECTRIC,
GE のロゴ、GL868の印字
がある。

 最大感度は、8000±1000
Åで、最大感度は、300μA/
lm
です。

全長が、100mm、最大径
が26.5mmです。
(70%)
RCA
5652


 RCA 5652は、オクタ
ル・ベースのファクシミリ用
です。ベースにはRCAのロ
ゴ、CRC-5652の印字がある。

 最大感度は、4000Åで、
特に平衡用コンデンサー付
きアノード・カソード複合型
光電管でカソードがアノード
に、アノードがカソードとして
動作する興味ある光電管で
す。

全長が、72mm、最大径
が32mmです。
(100%)
G E
GL-929

 
GENERAL ELECTRIC GL−929は、調査中です
CONTINENTAL
ELECTRONIC
918
 
 
CONTINENTAL ELECTRONIC 918
は、UXベースの円筒ガラス管でハーフ・シリンダーのカソード面のガス入り光電管です。
 8,000OÅに感度を有する。

 全長が、95mm、最大径が27mmです。
(100%)
RCA
921


 RCA 921は、大変に珍しいカートリッジ型のガス入り光電管です。どのようなソケットに装着すれるのか目下は調査中です。 最大感度は、S-1特性で、8000±1000Åです。ガス増幅感度は、10です。

全長が、43.5mm、最大径が22mmです。
(100%)
CETRON
868


 CETRON 868は、ガス入り光電管で音声再生用です。
ベースにはCONTINENTAL 
ELECTRONIC COと868の印字がある。




全長が、98mm、最大径が26.5mmです。
(70%)
GE
868


 GE 868は、ガス入り光電管で音声再生用です。ベースにはGENERAL ELECTRIC,
GE のロゴ、GL868の印字がある。


 最大感度は、7500Åで、0.0105μW/μAMPです。

全長が、100mm、最大径が26.5mmです。
(70%)
RCA
868


  RCA 868は、ガス入り光電管で音声再生用です。ベースにはRCA, RCAのロゴ、868の印字がある。

 最大感度は、7500Åで、0.0105μW/μAMPです。


全長が、100mm、最大径が26.5mmです。
(75%)
PHILIPS
3533


 
PHILIPS 3533は、B4円筒ガラス管のセシューム酸化銀かs-どの赤と遠赤外線用のガス入り光電管です。

 
 全長が、75mm、最大径が26mmφです。
(100%)
 
SYLVANIA
927


 SYLVANIA 927は、3ピン・小型ガラス管のガラス面に蒸着陰極のあるガス入り銀セシュウム光電管です。 
 全長が55mm、最大径が16 mmの光電管でトーキー録音再生用の他、小形ホトリレーに使用されました。
 形状は、側部窓型用で、波長感度の最大値は8000±1000Aです。PG12およびPT-17-G1相当管です。この光電管は、JA1IRH、山肩昭夫氏のご厚意による寄贈品です。
全長が55mm、最大径が16 mmφです。
(65%)
RCA
1P41


  RCA 1P41は、ガス入り
頂部入射型光電管です。ベ
ースにはRCA, RCAのロゴ、
1P41の印字がある。スペクト
ラム・レスポンスは、S-1です。

 最大感度は、8000±
1000Åで、電極構造
はカソードが皿状でプレートはリ
ング状となっている。。


全長が、46mm、最大径
が18.7mmです。
(200%)
HONEYWELL
BW/KW

 HONEYWELL BW/KW
、3ピン茶色ベースの円
筒ガラス管の特殊用途の紫外
専用光電管です。
尚、BW/KWは、ロット記号の
ようです。
 HONEYWELLの「Ultravision

と言う商品に使用されていて
紫外線のみを検出する特車
な光電管で一般には市販され
ていないようです。この光電
管は、7N1VMN 鈴木輝夫
のご厚意による寄贈品で
す。

 全長が92mm、最大径が16
mmの光電管です。、{写真
電送装置に使用れていました。




6.光電子増倍管

型 名
用  途
分光
感度
特性
最大感
度波長

最 大 定 格 特      性 外 国
相当管
陽極直
流供給
電圧
(V)
平均陰極
電流
(mA)
周囲
温度
(℃)
陽極感度(μA/lm)
増幅率

(μ)

暗電流
Max
(μA)
最小 標準 最大
7696 ッドオン10段、
低雑音、高感
度、スペクトロメーター
、フライングスポット
式送像装置
S11 4000
±500
1500 50 50 6x105 0.05
MS-9S 側部窓型9段、一般微弱光可視域用、模写電送フォトリレーに使用 S4 4000
±500
1250 10 75 10 80 2x106 0.05 931A
1P21
PM50 ッドオン10段
ビスマス銀セシューム
を使用し赤色波
長域の感度が
優れカラーフライ
ングスポット送像
装置の赤チャン
ネル用
S10 4000
±500
1500 10 50 60 1.5x106 0.2
PM53 ヘッドオン10段で
、微弱光改良域
用のシンチレー
ション・サーベイ
S11 4400
±500
1500 10 75 10 27 300 6x105 0.1 M7315
6467
R444 側部窓型9段、
入射光窓に
はUVガラス使用
S5 3400 1000 10 60 2x104
7309


写真 説明 写真 説明
Toshiba
7696


 Toshiba 7696は、シンチレーション・スペクトロメーターやテレビ用のフライングスポット式送像装置に使用されるヘッドオン10形光電子増倍管です。倍増電極もSb-Csが用いられ、低い電圧でも感度が高く低雑音です。

 14ピン・ソケットで頭部窓型で最大感度波長は、4400±
500Åです。

 全長は、145mm、最大径は、55mmです。
(55%)
Toshiba
MS-9S


 Toshiba MS-9Sは、模写電送装置、フォトリレー、一般微少光測定等に使用されるサイドウインド9段形光電子増倍管です。

 11ピン・ソケットでトップ排気チップの側部窓型で最大感度は、4000±500Åです。

 全長は、92mm、最大径は、32.5mmです。
(80%)
BDRLE
931A


 BDRLE゙ 931Aは、暗電流が少なく、高感度の側部窓型9段型でFAX,フォトリレー、など一般微少光測定用に廣く用いられました。
 11ピン・ソケットで側部窓形で最大感度波長は、4400±500Åです。

 ベースが赤色、本体が黒色のユニークな光電子増倍管です。

 全長は、90mm、最大径は、32mmです。
(80%)
浜松テレビ
1P21


 浜松テレビ 1P21は、暗電流が少なく、高感度の側部窓型9段型でFAX,フォトリレー、など一般微少光測定用に廣く用いられました。

 11ピン・ソケットで側部窓形で最大感度波長は、4400±500Aです。

 全長は、90mm、最大径は、32mmです。
(80%)

浜松テレビ
931A


 浜松テレビ 931Aは、暗電流が少なく、高感度の側部窓形9段型でFAX,フォトリレー、など一般微少光測定用に廣く用いられました。

 11ピン・ソケットで側部窓型で最大感度波長は、4400±500Aです。

 全長は、90mm、最大径は、32mmです。
(80%)
Toshiba
PM53

Toshiba PM53は、12ピン・ソケットの頭部窓型10段型で、微弱光改良域用のシンチレーション・サーベイメーターとして使用されます。
このPM53は、M7315相当管で、Dumontの6467とは電圧が異なるのみで差し替え可能です。
 最大感度波長は、400±50Aで、全長が115mm、最大径が37mmです。
Toshiba
7309


Toshiba 7309の資料に関しては、目下調査中です。

 

 全長は、145mm、最大径は、55mmです。(55%) 
浜松テレビ
R444


 浜松テレビ R444 は、11ピン・MT管の側部窓型の光電子増倍管です。

 現在この光電子倍増管の資料を探してるが入手できていない。

 全長は、60mm、最大径は、13.5mmφです。
(110%)
浜松テレビ
R444 T2


 浜松テレビ R444 T2は、10ピン・MT管の側部窓型の光電子倍増管です。

 現在この光電子増倍管の資料を探してるが入手できていない。

 全長は、60mm、最大径は、13.5mmφです。
(110%)
浜松テレビ
R106


 浜松テレビ R106は、11ピンのGT管の側部窓型の光電子倍増管です。

 現在この光電子増倍管の資料を探してるが入手できていない。
 末廣吉安氏のご厚意による寄贈品です。

 全長は、86mm、最大径は、32.5mmφです。
(60%)

RCA
7102

RCA 7102は、弱い赤
および赤外線の検出
を目的に宇宙観測機
に使用され,る。10段
増倍電極が用いられ
、低い電圧でも感度
が高く低雑音です。眞
空管中央部には、銅
メッキされた10段増
倍型電極が横配置さ
れている。
12ピン・ソケットヘッ
ド・オン型で最大感度
波長は、8000±1000Aです。
全長は、110mm、最大径
は、38mmです。
(77%)
RCA
C31208

RCA C31028は12ピン・マグノーバル型で、側部窓型の光電子倍増管です。ガラス管壁に、”DEVELOPEMENTAL TYPE C31028、SERIAL No.30
・・・・”ラベルが貼り付けてある。開発品種であり、実験以外には使用しないで欲しいと明記されている。全長が70mm、最大径が、30mmです。
(100%)
RCA
931ーA


 RCA 931ーAは、暗電流が少なく、高感度の側部窓形9段型でFAX,フォトリレー、など一般微少光測定用に廣く用いられました。

 11ピン・ソケットで側部窓型で最大感度波長は、4400±500Aです。
クラッシックコンポネント(株)桜澤晟氏のご好意による寄贈品です。

 全長は、90mm、最大径は、32mmです。


7.ITT ELECTRO-OPTICAL PRODUCTS DIVISION FW130 光電子増倍管

 
ITT FW130 (0.15” Rd.IEPD)光電子増倍管は、茶色ベークの特殊20ピン、センターキー付のベースで、大型円筒ガラス容器の光電子増倍管です。RCA 1P21と共に天体(星座)観測、例えば蟹座のパルサー観測、ラマン分光法に使用されたヘッドオン型で、S20 (Sb-KーNaーCs)光電面陰極の光電子増倍管です。下の写真に示すように比較の為に、単3乾電池と写真撮影をしましたが大きさがガ想像出来ます。

註:
物質に光を照射すると、光と物質の相互作用により反射、屈折、吸収などのほかに散乱と呼ばれる現象が起こります。散乱光のなかには入射した光と同じ波長の光が散乱されるレイリー散乱(弾性散乱)と、分子振動によって入射光とは異なる波長に散乱されるラマン散乱(非弾性散乱)があります。ラマン散乱光はレイリー散乱よりも10-6倍ほど微弱な光です。その微弱な光を分光し、得られたラマンスペクトルより、分子レベルの構造を解析する手法がラマン分光法です。



ITT FW130 ITT FW130 (偏向コイル実装)



 一方、ITT INDUSTRIAL LABORATORIES発行の”TENTATIVE DATA MULTIPLIER PHOTOTUBE TYPE 4027”には次のような説明があります。


                                                          
 

                                                    ITT F4024

 GENERAL DESCRIPTION
 The F4024 model number refers to series of special purpose grid controlled multiplier phototubes available with S-1, S-11, or S-20 type phtocatode. Included in the electrostatically focused image section is a high transmission mesh grid in close proximity to the photocathode surface. This grid electrically controls the number of photoelectrons emitted from the photocathode.

 A defining aperture is incorporated between the photocathode and the first dynode of 16-stage electron multiplier. It is possible to custom select the defining aperture size and shape such that the effective photocathode area conforms to the input flux area to be detected. This area^matching feature affords maximum suppression of dark noise from unused photocathode areas while at the same time yielding superior capability for detecting photo-electrons from the selected cathode area. With theaddition of an external magnetic deflection coil, surrounding the image section of the tube, the effective photocathode area can be deflected to various locations on the formed photocatode surface.

 Other special purpose multiplier phototubes available from ITTIL include the FW-116, FW-129, FW-130, FW-142,FW-143, FW-136, F4003 series, F4004 series, F4030 series, as well as many other developemental types.

概要
 このF4024モデル番号は、特殊目的用にグリッド制御ができるS-1、S-11、又はS-20型光電陰極を使用した光電子倍増管のシリーズを示しています。静電焦点画像部分は、光電陰極面と近接している高透過率のメッシュ・グリッドです。このグリッドは電気的に光電陰極から放射される光電子數を制御します。
 規定開口部は、16段電子増倍管の初段ダイノードと光電陰極の間に組み込まれています。

 これは、使用者が規定開口サイズ及び形状有効光電領域を検出する入力磁束領域に適合するように選択することができます。この領域整合機能は、未使用の光電陰極の領域から暗騒音を最大限に抑制することができると同時に、選択された陰極領域からの光電子を検出する優れた性能を持っています。この光電管の画像部を囲むように取り付けた外部磁気偏向コイルにより、有効光電領域が形成され光電陰極面の様々な位置偏向させることができる

 ITTL(ITT INDUSTRIAL LABORATORIES)社製の他のもくての光電子倍増管は、FW-116、FW-129、FW-130、FW-142、FW-143、FW-136、F4003シリーズ、F4004
シリーズ、F4030シリーズだけでなく、他の多くの開発された光電管があります。

 J. Rolfe および S. E. Moore著 「The Efficient Use of Photomultiplier Tubes Recording Sprctra、January 1970 / Vol.9, No.1 / APPLIED OPTICS、p63〜P71には、ITT FW130の規格表が掲載されて居ますので、下記に抜粋をします。
              
                                  

                                                 7本の光電子倍増管とホト・ダイオードのS/N比表
 上記の”7本の光電子倍増管とホト・ダイオードのS/N比”には下記のコメントが付けられている。
 a) 相違する強度は、異なった波長を使用したためです。異なった波長で測定した特性は比較は出来ない。
 b) 窒素ガスによる冷却
 c) ルミナス感度およびNEPの資料は次の通りです。
  1)EMI 光電子光電子倍増管カタログ、20M/6-67/第1版
  2)ITT Industrial Laboratories, Application Note E2,3rD ed.5/12/64
  3)データ・シート RCAPhotomulyipliers Tube 7102
  4)データ・シート Hewlett-Pakard p-in Photodiode HP 5082-4202


 前述のラマン分光装置にITT FW130が使用されている例を下記に示します。

                                                              
                                        APPRATUS FOR THE STUDY OF THE LINEWIDTH OF H2 RAMAN SCATTERING



8.世界最大級の20インチ、R1449 光電子増倍管の紹介

 真空管[光電管]物語で忘れることの出来ない世界的な快挙が次に紹介する20インチ、R1449 光電子増倍管です。先輩のJA2AC 松村武彦先輩に無理なお願いをして、私の真空管物語に花を添える意味で興味ある記事と写真を記述、掲載するお許しを頂きました。まずは、厚く御礼を申し上げます。

 村松武彦先輩から掲載のためのR1449 光電子増倍管に関する説明文を頂きましたので、まず説明文をご紹介します。



説明文(ママ)
 このホトマルチ(注、光電子増倍管の意味)は、1979年陽子崩壊実験の東大、小柴教授の要請で浜松ホトニクスが開発した。当時世界では、5インチ管が使用され、8インチ管が試作中で、20インチ管は夢の話でした。
 1981年、世界最大のR1449.20インチ径の光電子増倍管が誕生、電子増倍率 1千万倍、直径 50センチ、耐水圧 6気圧で通称カミオカンデ、岐阜神岡鉱山の地下千メートルの大水槽に取り付けられた。
 1987年2月、17万年光はなれた大マゼラン星雲で爆発した超新星のニュートリノ
を見事に捕らえノーベル物理学賞に輝いた。
 小柴先生は、写真のごとく、この球にサインされ、私のコレクションの記念品となっている。
                                      (蔵 JA2A)
 




                
                 R1449 光電子増倍管にサインする小柴先生        R1449 光電子増倍管


 村松武彦先輩のお住まいのある久方で、中日新聞がタウンニュース”てんぱく”を発行しています。平成16年9月25日(土曜日)、”なんでも1番「てんぱくギネス」”に、先輩の真空管コレクションの記事がありますので紹介をします。 

                                   



9.超小型光電管


 9.1 NEC G5E

 左右の小型の光電管は、JA6PA 原田直記氏から寄贈を頂いたNEC G5E 光電管でです。ガラス管壁には、NEC、G5E及び1951−12の印字があります。

 浜松ホトニックのホームページ,”浜松ホトニックの歩み・
誕生・揺籃(1948〜1955)”に依ると昭和23年1948年)に、浜松テレビの前身である東海電子研究所が設立され、当時この G5E 光電管が開発、発売されてたと記録されています。

 また、昭和28年(1953年)には、資本金50円で浜松テレビ株式会社が設立されました。そして、光電管の製造開始、水中カメラの開発、ロケット追尾用XYトラッカーを開発などを業務としていました。

 このNEC G5E 光電管主として模写伝送用に製造された光電管ですが、浜松テレビからのOEM製品であるかどうかは定かではありません。

NEC G5E 光電管の全長は35mmx32mmφです。

 











9.2 NEC PG21
    




                                                                      

 前記の NEC G5Eと同様にNEC PG21は小型の光電管です。 偶々入手した”光電管装置の応用と基礎”、山内二郎、小林正次、大澤壽一 著、合資会社 共立社出版、昭和13年3月20日発行の電子工学叢書に、同じ形状の小型光電管の説明と写真がありましたので、右の写真を引用しました。

 第1編 第3章 転換装置としての應用 3.写真電送(附織物染色への應用)には次の説明がありました。

 「写真伝送の考えは、光電現象の発明よりも古くからあったセレニューム管が発見せられるや直ちにこれを應用して今日に至っている。勿論最近ではアルカリ光電管が用いられてている。就中現在我が国で実用せられている数十臺の電送機は殆ど全部セシュウム光電管を使用している。右の写真は、日本電気株式会社製の写真伝送用光電管二種を示めしたもので、大型のものは標準電送機に、小型のものは携帯用電送機に使用せられれている。」

 因みに、第1編の著者は、小林正次(日本電気株式会社技師・工学博士)と小澤壽一(日本電気株式会社技師・工学士)で、第2編の著者は、山内二郎(逓信省電気試験所技師・工学博士)です。

 残念ながら二種の日本電気株式会社の光電管には、型名が記述されていないことと、小型の球形光電管は、頂部に排気用のピリケンらしき物が見えるところから、初期のバージョンと思われます。






10. マツダ、東芝、浜松ホトニクス以外の光電管及び製造会社

 Palm 50G
は、日本電子管製作所製の光電管です。詳細な特性は、不明で目下調査中です。日本電子管製作所は、東京都品川区二葉町に戦後に設立した会社ですが、昭和25年頃にはポータブル・ラジオ用の電池式真空管2G21-SF、5678-SFおよび1AG5-SFなどのヒター電流が25mA用の經濟型真空管を製作していました。資料によるとポータブル・ラジオの製作も手がけていたようです。

                             
                                               
参考文献
1.和田正信著、小池勇二郎監修、東北大学基礎電子工学入門講座 「電子工学基礎編」、近代科学社、昭和61年2月15日 第16版、pp130〜153
2.J. Rolfe and S.E.Moore、「The Efficient Use of Photomultiplexer Tubes for Recording Spectra」、January 1970 / Vol. 9 No.1 / APPLIED OPTICS


                                                                                以上