真空管[サイモトロン真空管]物語
                                                 (第8版;平成29年6月13日)

 1925年までの我が国における無線通信は、専ら船舶と陸上、船舶相互や軍用に限られていましたが、陸海軍や逓信省で使用されている送信機に装備される送信管の品種の限られていました。1925年のラジオ放送開始するにおよんで放送用の送信管の需要が高まってきました。
 船舶用の送信機に使用する送信管は放送用に比較して出力電力が大きくないので、東京電気、日本無線の製造している送信用の真空管は、何れもRCA社やGE社系およびテレフンケン社系の製品の設計によるものが多く、各社の独自設計による送信用真空管の製品は少なかったと言われています。

 第2次大戦中に送信用真空管を製造していた会社は、「電子管の歴史」、エレクトロニクスの生い立ち、日本電子機械工業会 電子管史研究会編の「電子管の歴史 資料編」、第4章 送信管、4.1資料・文献、表4.101 ”1941年までに開発された送信5極管”によると東京電気(東芝)、日本無線、日本電気(戦時中は住友通信工業)、川西機械(後の神戸工業、富士通)、日立製作所(1943年に千葉県茂原の理研真空工業を吸収して送信用真空管の製造を始める)などがありました。

  「電子管の歴史  資料編」によると”1941年までに製造された各社の送信用5極管”は次の表の通りです。

日本無線(JRC) 東京電気 川西機械 日本電気
種類 出力 種類 出力 種類 出力 種類 出力
P110 12 P-503-A 40 E-2053 25 MC-586-A 25
P112 12 P-540 80 E-2054 50 MC-585-A 40
P130 50 P-555 150 E-2055 100 MC-584ーA 80
P131 50 P-560 250 E-2057 200 MC-583-A 150
P132 50 P-565 400 E-2059 350 MC-582-A 500
P160 60 P-570 650 E-2062 750 MC-581-A 800
P150 80 P-575 1,000 E-2064 1,000 MC-569-A 1,500
P210 100 P-580 1,500 FB-325-A
P215 100 P-581 2,000
P213 180 FB-325-A
P232 350
P234 450
P256 600
P270 1,200

 上記の表を基に、手持ち各社の資料を調査した結果が次の通りですが、資料が手元になく詳細が不明の真空管が多く、各社の規格表が完成されていません。お気づきのデータが御座いましたら是非ともご教授をお願いします。 
 なお、昭和16年6月に日本無線電信電話株式会社(現日本無線株式會社)の中島茂(日本無線電信電話株式会社技師)著、”新しい送信五極管に就いて”、日本無線技報 第五號、昭和16年6月、日本無線電信電話株式會社発行が大変に参考になりました。
 東芝通信 FB-325-Aおよび川西機械 FB-325-Aは、新たに追加したものです。(平成29年6月13日追加)  

1.日本無線株式会社(JRC)
 
日本無線株式会社は大正13年4月独逸テレフンケン会社と契約を締結し、現在(当時)及び将来に亘って同社所有の特許並びに実用新案の実施権を獲得し、又無線機器、真空管等に関して同社の有するあらゆる経験及び製作方法を提供することになった。(電波監理局編輯 ”日本無線史 第十一卷、第二章無線通信機製造株式会社 第二節 日本無線株式会社, ページ 44より抜粋)
 

型  名
CES(外国相当品)
陰  極
電圧
(V)x電流(A)
外形寸法
全長
(mm)x最大径(mm)
C級電信、陽極最大定格
直流電圧(V) 直流電流(A) 出力(W)
P110 4.0x2.5 150x50 460 0.06 12
P112 12.0x0.75 145x52 600 0.06 12
P130 12.0x0.85 155x60 800 0.1 50
P131 12.0x0.9 150x52 800 0.1 30
P132 12.0x0.85 50
P150 12.0x0.85 155x60 1000 0.15 80
P160 12.0x1.25 150x52 1000 0.15 50
P220 12.0x4.25 218x93 2000 0.3 230
P210 12.0x2.75 155x60 1500 0.16 100
P215 12.0x1.4 165x60 1500 0.15 100
P213 12.0x2.75 160x62 2000 0.2 125
P232 12.0x6.0 200x80 3000 0.3 350
P234 12.0x0.7 200x85 3000 0.35 450
P250 12.0x8.5 228x123 2500 0.5 500
P256 12.0x8.5 275x100 2000 0.5 600
P270 12.0x18.0 300x165 3000 0.6 600


日本無線 P112(87%) JRC P112(87%)
JRC P131(80%) JRC P160(80%)
NIHON MUSEN P220(55%) JRC P220(55%)
JRC P250(43%)

                            註;JRC P250は、JA6PA 原田直己氏のご厚意による寄贈品です

                       

昭和41年以降に製造された空冷方式、電力増幅5極管で手元にあるものは次の通りです。

型  名
CES(外国相当品)
陰  極
電圧
(V)x電流(A)
外形寸法
全長
(mm)x最大径(mm)
C級電信、陽極最大定格
直流電圧(V) 直流電流(A) 出力(W)
3P40 12.0x1.1 135x52 1,000 0.115 70
3P41 12.0x1.25 135x52 1,200 0.2 175
4P60 10.0x3.25 165x67 2,000 0.1 200


JRC 3P40(92%) JRC 3P41(92%)
JRC 4P60(56%)

                         註;JRC 3P40およびJRC 4P60は、JA6PA 原田直己氏のご厚意による寄贈品です。


 なお、昭和16年6月に日本無線電信電話株式会社(現日本無線株式會社)の中島 茂技師が日本無線技報 第五號で ”新しい送信五極管に就いて”で次のように延べている。(ママ)
 本社は弊社製送信五極管に就いて、簡単に解説したもので、其の最も顕著な特徴は従来不可能であった送信管による超短波増幅も可能なことで、是は其の構造によるものであることを記した。尚最近の真空管の趨勢にあるステムレスベースの採用や陽極にジルコニウムを塗布したこと等により管の大きさが極めて小型となし得たこと、遮蔽格子電流の少ないこと及び制御格子を負電位又は零電位で動作させ得る様な構造を持たせる等から、之を利用した送信機は其の体積非常に小型になし得る。尚
抑制格子変調特性が直線的となり歪率の少ないことも特徴の一つと見るべきものである。




名稱
出力 陽極
許容
損失
最大
陽極
電圧
陽極
入力
電流
最大第
二格子
電圧
第二格
子許容
損失
陰  極

相互
伝導

最短
限界
波長
陽極
第一格
子間静
電容量
外形




電圧 電流 全長 最大
直径
ηa Qa Ea Ia Ea2 Qg2 E I μ S λmin Cg1a
W W V A V W V A mA/V μμF mm mm
P256
800 450 3000 0.6 600 100 トリウム 12 8.5 330 4.5 6 0.05 270 100
P234 400 300 2000 0.4 500 80 トリウム 12 7.0 300 6 5 0.05 170 80
P232 300 250 2000 0.25 500 40 トリウム 12 6.0 330 3 4 0.05 180 80
P215 100 110 1500 0.15 450 15 傍 熱
酸化物
12 2.75 330 4 4 0.03 158 60
P210 100 110 1500 0.16 500 25 トリウム 12 2.75 330 2.5 4 0.05 140 60
P150 70 50 1000 0.15 200 7 傍 熱
酸化物
12 0.85 100 3 4 0.05 147 60
P130 50 30 800 0.1 200 5 傍 熱
酸化物
12 0.85 100 3 4 0.05 157 60
P110 12 12 450 0.06 200 2.5 傍 熱
酸化物
2.5 30 5 9 1 145 50

                                                 送信五極管規格

2.東京電気

型  名
CES(外国相当品)
陰  極
電圧
(V)x電流(A)
外形寸法
全長
(mm)x最大径(mm)
C級電信、陽極最大定格
直流電圧(V) 直流電流(A) 出力(W)
P-503-A 10.0x1.25 115x39 750 0.067 40
P-540 10.0x2.0 1250 80
P-555 12.0x2.0 140x45 1500 0.12 100
P-560 10.0x5.0 170x65 2000 0.18 250
P-565 10.0x7.7 2000 400
P-570 12.0x10.0 2500 650
P-575 11.0x15.0 250x150 2500 0.56 1,000
P-580 12.0x17.0 290x160 3000 0.67 1,500
P-581 2.000
FB-325-A 12x6.4  140x75  1,500     


 
東芝通信 FB-325-A



 昭和41年以降に製造された空冷方式、電力増幅5極管で手元にあるものは次の通りです。

型  名
CES(外国相当品)
陰  極
電圧
(V)x電流(A)
外形寸法
全長
(mm)x最大径(mm)
C級電信、陽極最大定格
直流電圧(V) 直流電流(A) 出力(W)
3P50 12.0x1.25 135x50 1,000 0.15 105
4P55 6.3x2.8 160x75 1,250 0.28 220
4P60 10.0x3.25 160x67 2,000 0.16 200
4P70 12.0x10.0 225x120 3,000 0.45 1,000


Toshiba 3P50(88%) Toshiba 4P55(81%)
Toshiba 4P60(82%)*1 Toshiba 5P70(57%)

                         註1.Toshiba 4P60は、原田直記氏のご厚意による寄贈品です。



3.川西機械

型  名
CES(外国相当品)
陰極
電圧
(V)x電流(A)
外形寸法
全長
(mm)x最大径(mm)
C級電信、陽極最大定格
直流電圧(V) 直流電流(A) 出力(W)
E-1052 7.5x1.25  190x50  ー   ー ー 
E-1054 10x2.5  165x53  1,000  ー  50 
E-1054C 10x2  165x55  1,000  100  55 
E-1054B  10x2.5  160x53  1,000  ー  50 
E-1054M 5x2  165x53  1,000  ー  55 
E-1056 10x6.5  230x75  1,500   ー 250 
E-1083  10x6  300x110  2,000  ー  300 
E-1085  10x5  230x67  2,000  180  200 
E-2053B 10x3.25 500 0.12 25
E-2055 10x4  140x57   1,500 ー  170 
E-2055N  10x2 150x57   1,500 ー  170 
E-2057 10.0x6.5 165x78 1,500 0.25 200
E-2057N  10x3.26   170x75 1,500   ー 225 
E-2059 10.0x8.0 190x80 1,500 0.33 360
 E-2059N 12x4  180x80   1,500 ー380  750 
E-2062 11.0x13.0 260x120 2,000 0.55 750
E-2062N  12x6.5 260x120  2,000   ー  
E-2064B 12.0x20.0 300x150 3,000 0.6 1,000
E-2066A  12x40  480x180   3,000 ー  2,000 
E-2066N  10x1.25  480x180   3,000 ー  2,000 
E-510 10x1.25   180x53  1,000 ー  25 
E-510B  6x1.05  160x53   500 ー  15 
E-511  7.5x3  215x65  1,000  51  60 
E-511B  7.5x3  215x85  000  ー  40 
FB-325-A 12.0x6.4  140x75       

 

川西真空管 E-1054B(68%)
川西真空管 E1085(50%)
川西真空管 E-2057(75%)   川西真空管 FB-325-A 


4.神戸工業


型  名
CES(外国相当品)
陰  極
電圧
(V)x電流(A)
外形寸法
全長
(mm)x最大径(mm)
相互コンダクタンス(m/Ω)
(陽極電流、mA)
第2格子
増福率
2P22 6.3x1.5 152x52 5.5(60) 9
P-535 10.0x2.0 145x52 2.8(45) 5
3P50 12.0x2.0 135x52 4(50) 5
3P50A 10.0x1.5 135x52 4(50) 5
4P55 6.3x2.6 160x78 6.5(100) 5.5
P-560 10.0x5.0 170x67 4(60) 6
4P60 10.0x3.25 156x57 2.6(60) 6
Pー220 12.0x4.25 205x83 4.5(100) 6.5
P250A 12.0x8.6 230x123 6(200) 4.5
5P70 12.0x10 230x123 6(200) 4.5
6P80A 12.0x20.0 300x185 6(2009 7



TEN Pー220(225%)

                        註: TEN P-220は、大内田繁様のご厚意による寄贈品です。

5.日本電気

型  名
CES(外国相当品)
陰極
電圧
(V)x電流(A)
外形寸法
全長
(mm)x最大径(mm)
C級電信、陽極最大定格
直流電圧(V) 直流電流(A) 出力(W)
MC-586-A 25
MC-585-A 10.0x0.2 115x45 1.000 0.12 40
MC-584-A 10.0x3.25 140x55 1,500 0.15 80
MC-583-A 150
MC-582-A 10.0x10.0 210x85 2,000 0.4 500
MC-581-A 10.0x16.0 240x120 2,500 0.47 800
MC-569-A 1,500

昭和41年以降に製造された空冷方式、電力増幅5極管で手元にあるものは次の通りです。

型  名
CES(外国相当品)
陰  極
電圧
(V)x電流(A)
外形寸法
全長
(mm)x最大径(mm)
C級電信、陽極最大定格
直流電圧(V) 直流電流(A) 出力(W)
P250 12.0x8.5 220x123 2,000 0.48 1,000



NEC P250(61%)



6.日立製作所

型  名
CES(外国相当品)
陰極
電圧
(V)x電流(A)
外形寸法
全長
(mm)x最大径(mm)
C級電信、陽極最大定格
直流電圧(V) 直流電流(A) 出力(W)
2P22 6.3x1.5 152x50 700 0.1 48
3P50 12x1.25 135x50 1,000 0.15 105
3P50A 10x1.5 135x50 1,000 0.15 105
4P55 6.3x3.2 160x75 1,500 0.12 125
4P60 10x3.25 160x65 2,000 0.16 230
5P70 12x10 225x120 3,000 0.45 1,000
6P80A 12x20 310x180 3,500 0.51 1,350
P220 12x4.25 205x90 2,000 0.24 330
P250A 12x8.5 230x120 2,800 0.45 900


Hitachi 4P55(50%) Hitachi 5P70(45%)

                     註;Hitachi 4P55は、JA6PA 原田直己氏のご厚意による寄贈品です。
                       Hitachi 5P70は、大内田繁氏のご厚意により寄贈品です。

  
                                                                                        以上


  参考文献 
1.電波監理局編輯 ”日本無線史”、 第十一卷、第二章無線通信機製造株式会社 第二節 日本無線株式会社, ページ 44

2.中島茂(日本無線電信電話株式会社技師)、”新しい送信五極管に就いて”、日本無線技報 第五號、昭和16年6月、日本無線電信電話株式會社発行