真空管[サイモトロン真空管]物語
                                       (第7版;平成29年1月13日)

 メタル真空管に関しては、真空管[メタル真空管]物語を参照してください。メタル真空管の出現は、市場の要請と云うよりも当時の世界的な真空管製造メーカーの思惑と政治的な理由により生産されたと云われています。従って、メタル真空管の製造は、従来のガラス容器の真空管の製造に比較して、製造設備は、大がかりとなり多額の投資金額を必要としました。中小真空管メーカは、メタル真空管に対抗する手段として、苦肉の策とも推測されるアイディアを駆使して、内部はガラス容器の従来型の真空管ですが、此にアルミケースやメタルケースを被した、現代風表現をすれば”ハイブリド型真空管”を市販しました。メタルケースの中にガラス真空管が収容された真空管と言うことで[メタル・ガラス真空管]と言われました。 当時、メタル・ガラス真空管を製造したメーカーでよく知られているのは、アーチュアラス(ARCTURUS)、ハイトロン(HYTRON)、ナショナル ユニオン(NATIONAL UNION)、トライアド(TRIAD)などがありました。

 戦時中、我が国でも[メタル・ガラス真空管]のカテゴリーに加えられる真空管が製造されました。然し、前述のような中小メーカーが大メーカーRCAのメタル真空管に対抗して製造したとは全く異なる理由によるものです。アルミケースに収容されたFM2A05A、メタルケースに収容されたRHー2RHー4及びRHー8がありますが、これらは、純粋にシールドケースを被せると云う実質的な理由によるものでした。藤室 衛著 [真空管 半代記]には、”「1007」が冷陰極ガス入り全波整流管として東芝から昭和31年(1956年)頃出ていますが、これはレイセオン(RAYTHEON)の「1007」同等品です。防衛庁からの要求により製品化した真空管のようです。”と記述されています。

 1933年、RCAがメタル管を発表するとすぐに、アーチュラスは、「メタル・ガラス真空管」を発表しました。大変に特徴的な真空管で”コロネット(CORONET)という名称で呼ばれています。これらは、通常のメタル真空管とほぼ同じ大きさでで、オクタル・ベースを採用し、且つ真空管のリード線取り出し口は、ボタンステムを採用しています。このボタンステムの円形の形状が皇族や貴族が身につける王冠(コロネット)似ているので、この名称が付けられたと云われています。比較的短命に終わったようです。 ただ、これらのMG管の存在が次に登場するGT管の呼び水になったと言われています。

 因みに、
International CR 50L6MG ビーム管と RCA 50L6GT ビーム管を比較して見ましょう。


                            


 以上の他に、ヨーロッパでも各種の「メタル・ガラス真空管」が作られています。今まにでの収集した各種の「メタル・ガラス真空管」を整理してみました。

 1,米国の「メタル・ガラス真空管」

外    観 説   明
ARCTURUS
56 検波増幅3極管
1933


 
ARCTURUS 56
は、オクタル・ベースのMG管で、”CORONET”と呼称されている検波増幅3極管です。 ガラス容器からのリード線の取り出し部にボタンステムを使用しているが、リング状に並んだガラス半球が、王族・貴族がかぶる宝石や花などでできた冠状の頭飾り,(CORONET)に似ているとい云うからです。メタル壁の文字は、刻字されていいます。

ヒター電圧・電流;2.5Vx1.0A
全長x最大径;75mmx32.5mmφ
(100%)
RAYTHEON
CK1007 ガス入り整流管
1933


 RATHEON CK1007は、オクタル・ベースのMG管で、イオンまたはヒター加熱によるガス入り全波整流管です。 送信機や受信機などの比較的高圧および大電流のバイブレーター形電源用に使用されました。
 整流起動は、ヒターを予熱して行う方法と内部のガスイオンを利用して行う方法とがありました。


ヒター電圧・電流;1.0Vx1.2A
全長x最大径;66.7mmx25.8mmφ
(100%)
RAYTHEON
0Z4C ガス入り整流管
1933


 RATHEON 0Z4Cは、オクタル・ベースのMG管で、イオンまたはヒター加熱によるガス入り全波整流管です。 送信機や受信機などの比較的高圧および大電流のバイブレーター形電源用に使用されました。 整流起動は、ヒターを予熱して行う方法と内部のガスイオンを利用して行う方法とがありました。

 管壁には、”0Z4"と印字されているが、頂部には、”0Z4C"と刻印されている。ヒター電圧・電流;ーVxーA
全長x最大径;66.7mmx25.8mmφ
(100%)
RCA
0Y4 ガス入り整流管
1933


 RCA 0Z4Cは、オクタル・ベースのMG管で、イオン加熱によるガス入り全波整流管です。 送信機や受信機などの比較的高圧および大電流のバイブレーター形電源用に使用されました。
 整流j時の管内電圧降下は12ボルトです。


ヒター電圧・電流;ーVxーA
全長x最大径;65mmx32.5mmφ
(115%)
International CR
50L6MG
ビーム管
1945


 International 50L6MGは、オクタル・ベースのMG管で、電力増幅ビーム4極管です。
A 級増幅での動作例は、
プレート電圧;200V
相互コンダクタンス;9500 μモー
負荷抵抗;3KΩ
出力電力;4.3W

ヒター電圧・電流;50.0Vx0.15A
全長x最大径;105mmx31mmφ
(75%)
 

 2.欧州、他の「メタル・ガラス真空管」

外    観 説   明
Marconi
W101
サーマル・リレー

 Marconi W101は、オクタル・ベー
スのMG管で、ヒター電圧と電流以外
の他の特性は、W81と同等品です。
可変μのIF/RF増幅5極管です。

 プレート電流が比較的大きいのは
、IF増幅器やRF増幅器入力段で
低ノイズ入力として設計された真
空管です。

 
 ヒーター電圧・電流;19.0Vx0.1A
 全長・最大径;75mmx36mmφ
 (100%)

BROWN BOVERI
TS2
サーマル・リレー

 Brown Boveri TS2は、オク
タル・ベースのMG管で、サイラトロ
ン用の余熱制御用のサーマル・リ
レーです。

 詳細な仕様は、目下調査中です。


ヒター電圧・電流;ーVxーA
全長・最大径;105mmx31mmφ
(75%)

VISSEAUX
6J5MGT
3極管


 VISSEAUX 6J5MGT
は、
オクタル・ベースのMG管で検波、
増幅、発振用3極管です。アルミ
ニューム・ケースで塗装はない。




ヒター電圧・電流;6.3Vx0.3A
全長・最大径;85mmx32mmφ
(100%)
NEOTRON
6L7GM
7極管


 NEOTRON 6L7G GM

、オクタル・ベースのMG管で周波
数変換用の7極管です。アルミニ
ューム・ケースで塗装はない。

 NEOTRON 6L7G GM
原田直己氏の寄贈品
す。


ヒター電圧・電流;6.3Vx0.3A
全長・最大径;100mmx33.3mmφ
(70%)
NEOTRON
6L7(STEMLESS)
7極管


 NEOTRON 6L7
は、オクタ
ル・ベースのMG管で周波数変換
用の7極管です。STEMLESSのア
ルミニューム・ケースのため、全
長が22%短縮されている。

 NEOTRON 6L7、藤岡
清澄氏の寄贈品です。


ヒター電圧・電流;6.3Vx0.3A
全長・最大径;77mmx33.1mmφ
(116%)
OTK
2J27L MGT
5極管


 OTK 2J27L MGT
は、オ
クタル・ベースのMG管で120MHz
までのRF増幅直熱型5極MG管で
す。アルミニューム・ケースで塗装
はない。真空管抜き差し用の摘
みが付いている。




ヒター電圧・電流;2.2Vx0.057A
全長・最大径;75mmx21.5mmφ
(100%)
 A↓ 
ARP35(ZA/3058)
     5極管


 A↓<は、Valve/Tube (共通生
産英国真空管)のロゴマーク。
9ピン・キーバルブを使用したRF/IF
用のロクタルMG極管です。
高周波増幅用に電極から直接リー
ド線が接続されている。
桜澤晟氏のご好意による寄贈品
です。
ヒター電圧・電流;6.3Vx0.3A
全長・最大径;75mmx21.5mmφ

(100%)
   Unknown
6A8G
7極管
1936


 Unknown 6A8Gは、オクタル・
ベースのアルミニューム・ケース(
MG)管で、トップ・グリッド端子の受
信機のヘテロダイン用7極管です。
通常は、”6A8GM”と命名される
はずの真空管です。
 通常の6A8Gは、ST型ガラス容器
に収容された真空管です。

 このUnknown 6A8G真空管は、
藤岡清澄氏のご厚意による寄贈品
です。

ヒター電圧・電流;6.30Vx0.3A
全長x最大径;100mmx32.5mmφ
(100%)




3.日本の「メタル・ガラス真空管」

外    観 説   明
日本無線
FM2A05A
万能5極管
1946


 日本無線 FM2A05A
は、オクタル・ベースのMG管で、テレフンケンの 「NF2」をもとに海軍の要請で万能管として昭和18年(1943年)に開発されました。ボタン・ステムを採用したトップ・グリット管のアルミニュームのシールド缶付です。周波数は、30MHzまで優れた特性が出ましたが、歩留まりが悪く、川西、松下通信、東芝や日本電気などが生産しました。

ヒター電圧・電流;12.6Vx0.22A
全長x最大径;80mmx30mmφ
(125%)
マツダ
RH−2

万能5極管
1943

 マツダ RH−2は、オクタル・ベースのシングル・エンドのMG管で万能5極管として昭和18年(1943年)ごろから陸海軍に納入されていました。Gmが2000で、12SJ7に類似の真空管です。シャープ・カットオフ特性の5極管でレダーや通信機の中間周波増器に使用されていました。


ヒター電圧・電流;12.6Vx0.175A
全長x最大径;80mmx32.5mmφ
(100%)
マツダ
RH−4

万能5極管
1943


 マツダ RH−4は、オクタル・ベースのシングル・エンドのMG管で万能5極管として昭和18年(1943年)ごろから陸海軍に納入されていました。Gmが4000で、このためRH-4の名称が付けられたと云われています。


ヒター電圧・電流;12.6Vx0.25A
全長x最大径;74mmx32.5mmφ
(100%)
マツダ
RH−8

万能5極管
1943

 マツダ RH−8は、オクタル・ベースのシングル・エンドのMG管で万能5極管として昭和18年(1943年)ごろから陸海軍に納入されていました。Gmが8000とこの仲間では一番Gmが高かったので、増幅器に使用しても自己発振を起こしてまともに動作させるには大変な技術を必要とされたと言われています。


ヒター電圧・電流;12.6Vx0.25A
全長x最大径;74mmx32.5mmφ
(100%)
JRC
12GR4
(N-051)
電圧増幅5極管
1946


 JRC 12GR4
は、オクタル・ベースのMG管で、昭和21年(1946年)に発表した[Nシリーズ]です。戦中の”FM2A05A”の技術により開発し、ボタン・ステムを採用したシングル・エンド管のアルミニュームのシールド缶付です。試作時には「Hシリーズ」と同じ形状のシールド缶を使用し、量産には、”FM2A05A”とよく似た穴の空いたアルミニューム・シールド缶が採用されました

ヒター電圧・電流;12.6Vx0.22A
全長x最大径;75mmx30mmφ
(125%)
JRC
12GR4
(N-051)
電圧増幅5極管
1946


 JRC 12GR4
は、オクタル・ベースのMG管で、昭和21年(1946年)に発表した[Nシリーズ]です。戦中の”FM2A05A”の技術により開発し、ボタン・ステムを採用したシングル・エンド管のアルミニュームのシールド缶付です。試作時には「Hシリーズ」と同じ形状のシールド缶を使用し、量産には、”FM2A05A”とよく似た穴の空いたアルミニューム・シールド缶が採用されました

ヒター電圧・電流;12.6Vx0.22A
全長x最大径;75mmx30mmφ
(125%)
JRC
12GV3
(N-053)
電圧増幅5極管
1946


 JRC 12GV3
は、オクタル・ベースのMG管で、昭和21年(1946年)に発表した[Nシリーズ]です。戦中の”FM2A05A”の技術により開発し、ボタン・ステムを採用したシングル・エンド管のアルミニュームのシールド缶付です。試作時には「Hシリーズ」と同じ形状のシールド缶を使用し、量産には、”FM2A05A”とよく似た穴の空いたアルミニューム・シールド缶が採用されました

ヒター電圧・電流;12.6Vx0.22A
全長x最大径;80mmx33mmφ
(125%)
JRC
12GDH4
(N-231)
検波増幅双2極3極管
1946


 JRC 12GV3
は、オクタル・ベースのMG管で、昭和21年(1946年)に発表した[Nシリーズ]です。戦中の”FM2A05A”の技術により開発し、ボタン・ステムを採用したシングル・エンド管のアルミニュームのシールド缶付です。試作時には「Hシリーズ」と同じ形状のシールド缶を使用し、量産には、”FM2A05A”とよく似た穴の空いたアルミニューム・シールド缶が採用されました

ヒター電圧・電流;12.6Vx0.22A
全長x最大径;80mmx33mmφ
(125%)
東芝
1007 ガス入り整流管
1956


 東芝 1007は、オクタル・ベースのMG 管で、イオンまたはヒター加熱によるガス入り全波整流管です。
 送信機や受信機などの比較的高圧および大電流のバイブレーター形電源用に使用されました。
 防衛庁からの要求でRATHEON CK1007と同等品と言うことで製造したようです。

ヒター電圧・電流;1.0Vx1.2A
全長x最大径;66.7mmx25.8mmφ
(100%)


 4.General Electric;3DS3

 3DS3
は、カラーテレビションの受像管の高電圧用の整流管です。この整流管の特徴は、回路の正常動作又は異常動作の何れに於いてもX線照射量を低レベルにするためにX線照射吸収材料でできた保護遮蔽を被せてあります。
ヒター電圧・電流は、3.15±0.5V・0.48Aです。全長は、95mmで最大径は、37.5mmφです。

 3DS3の保護遮蔽の表面には、DO NOT ARC 、 アーク厳禁の他にCAUTION と 
X-RADIATION WARNINNGの表示があります。


CAUTION
CONTAINS 55% LEAD OXIDE
TOXIC BY INGESTION
WASH HANDS THOPROUGHLLY
AFTER SKIN CONTACT


注意
55%の酸化鉛を含有
食べると有毒
皮膚接触の後に
徹底的に手を洗浄

警告

X RADIATION WARNING
FOR YOUR PROTECTION THIS
TUBE INCLUDES INTEGRAL
X-RADIATION SHIELDING
REPLACE ONLY WITH LATEST
VERSION OF SAME TYPE

X線照射警告
防護用に真空管にはX線輻射遮蔽を
施してあります 交換は同型最新版
の真空管を使用





3DS3の真空管の試験データ・シートには次のように説明されています。

                                   平均特性
真空管電圧降下、約
Ib=7.0 ミリアンペア
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  70 ボルト


                           X線照射規格(動作時の最大規格)
    全DCおよび                                                         最大
    ピーク逆電圧                                                      X線輻射出力

     38KV
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.5 mR/hr

 初度および寿命試験中に蓄積されたテストデータにおいて、データシートで規定されたヒータ電圧を含む最大定格内で動作させた時、その真空管の寿命中0.5 mR/hrの最大定格限度を越えないことが必要です。

 このX線照射の最大規格は、X線放射線測定用の標準道具として、victoreen 440RF/cサーベイメーターを使用する必要があります。X線照射は、440のRF/cサーベイメーターのプラスチックス・ペーサーと4インチだけ試験真空管の表面から離れて測定します。異なる放射線測定器が使用した場合、この情報は必ずしも適用できません

 真空管を絶対最大値規格を超える電圧での動作は、真空管が短寿命および(または)突発故障により損害を受けます。38kV以上のピーク逆電圧および(または)3.65Vのヒータ電圧で使用する真空管は、同じチューブ・タイプの最新バージョンと取り替えられる必要があります。

 X線照射特性は、JEDEC文書 No.67A”受信真空管のX線照射測定に関する勧告された方法” および同じくJEDEC文書 No.73 ”高圧受信管およびシャント安定化電源受信真空管の品質管理に関する勧告された方法”により規定されています。

 General Electric 社は、”X線照射特性”に記述以外のここに記載に最大定格を超えて動作させた真空管からのX線照射出力に関して一切の責任を持ちません。


                                 X線照射特性
                         装置の測定 そして又は 回路の故障モード動作

 3DS3
は、特別な保護遮蔽が破損されたり取り除かれたりしない限り、X線照射を 0.5 mR/hrに押させるように設計されています。真空管構造の材質の周知の減衰係数を基準としかつ初度および寿命試験中に蓄積されたテストデータにおいて、X線照射出力は、下記に示すプレートおよびヒーター電圧で装置のご調整および又は回路の故障モード動作に於いても表示された数値を超えないことが期待されています。


データシートで規定されたヒータ電圧を含む最大定格内で動作させた時、その真空管の寿命中0.5 mR/hrの最大定格限度を越えないことが必要です。

    全DCおよび                   最大                                     最大
    ピーク逆電圧                  ヒーター電圧                               X線輻射出力

     41KV
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   4.8 ボルト  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.5 mR/hr

 General Electric 社は、上記の41KVの全DCおよびピーク逆電圧を超過して動作させた真空管からのX線照射出力に関しては一切の責任を持ちません。

 真空管を絶対最大値規格を超える電圧での動作は、真空管が短寿命および(または)突発故障により損害を受けます。38kV以上のピーク逆電圧および(または)3.65Vのヒータ電圧で使用する真空管は、同じチューブ・タイプの最新バージョンと取り替えられる必要があります。
 

                               警告
X線照射
0.5 mR/hrを超えるX線照射が、接近した範囲 の長時間の被爆は健康を害するでしょう。そのため、装置設計には、充分な遮蔽を施してください。

41KVを超える全DCおよびピーク逆電圧で3DS3を動作させると”X線放射特性”に記載の”最大推定X線放射出力”を超える照射が起こります。

3DS3を使用した装置を使用するとき、真空管の保護遮蔽が破損していないこと推奨された高電圧で調整されていることを
十分注意してください。 もし真空管の保護遮蔽が取り除かれたり、破損しているときには、直ちに3DS3を同じ型の最新の真空化に取り替えてください。

電撃障害
3DS3に供給の高電圧は、使用者やサービスマン極めて危険です。高電圧回路の使用は勿論のこと保守点検には、厳重な注意を払ってください。

装置の3DS3を交換および点検する場合、真空管のソケットからの取り外しや挿入または真空管のトップ・キャップ端子への接続や取り外しには、高電圧端子は必ずアースしてください。

高電圧のアーク試験
真空管のトップ・キャップのアークによる高電圧試験は、保護遮蔽を破損し真空管を交換することが必要になります。

装置製造会社は、装置の適当な場所に注意を喚起する警告ラベルを貼り、サービスマンや装置関係者に注意を徹底してください。

 この3DS3のデーターシートに記述のX線照射量”mR/hr”は、”mREM/hour”のことで、現単位系との相関は次の通りです。
   吸収線量;1Gy(グレイ)=100rad
   線量と等量;1Sy(シーベルト)=100rem
                                                                      以上