真空管[ライトハウス管]物語         
                                                                   (第2版;平成21年1月4日)

 ロクタル管を掌に載せて見て、その思いの外に軽量の小型真空管、銀色に輝くゲッターの冷たい感じと頼りなさに何となく憧れに似た感情を持っていました。手元に収集したロクタル管の物語です。 猶、ロクタル管は、真空管の製造会社のロゴが極めて”チャチ”な印字で何処のメーカーのロゴも指先で少し擦ると消去して仕舞う。従って、箱入り以外の保管方法では、フィルコやシルバニヤなどの名称は確認する事が容易でない。幸いなことに、品種は、真空管頂部の印字があり殆どのロクタル管は確認できる。電極構造は定かに見えない真空管のため、一本一本を写真で撮影しても興味が湧かない。

 お皿に載せた”ロクタル真空管料理”のような物ですかね。 どうぞ、お召し上がりください。



上段左から、1LC6、14R7、1LN5、7J7
中段左から、1LH4、14J7、14Q7、14R7、1R4(1294)
下段左から、7B8、7F7、7W7、7N7、7A7、3D6(1299)



ロクタル管の外形
(200%)            SYLVANIA 3D6(100%)      ボタン・ステムとロック・キー(200%)

     

 1.ロクタル管の話(柴田 翔著)より

 
ねぇ、君。君は、ロクタル管を知っているかい。ロクタル管と言うのは、あの、ラジオに使う真空管の一種なのだ。 今でこそガラスのスマートな円筒型のGT管や、ドングリのような小さいミニアチュア管、それに全部鉄で出来、その上に黒光りのする塗料をふきつけてあるメタル管だって珍しくない。それどころか、トランジスターとか言うものが出て来て、真空管それ自身がラジオの中では何となく間が抜けて見えるようになってしまった。だけれども、四十過ぎの人が真空管と聞いたら直ぐにも思い浮かべるだろう、いわゆる並四とか高一とか言う旧式のラジオをのぞき込めば必ず4本ばかり並んでいる、あのダルマ管、普通の電球の頭に段を付けたような、不格好なダルマ管、例えば12Aとか26B、精々のとこrで6C6位ーーーーこれはダルマ管の中でも色々ある真空管の型式名なのだけれでおも、つまり、ダルマ管とかミニアチュア管とかいううのは真空管の外型に関することで、12A, 6C6なんてのは真空管の中味、性能に関することなのだ。けれども、ーーーーあの頃は真空管と言えばまずそういったダルマ管が大部分だったんだ。そう言う中でぼくらはどんなにかあのロクタル管に憧れたことか。その憧れを判って貰うために、どうロクタル管の美しさを説明したものか。

 ロクタル管という奴は実に確かな姿をしていた。直径役3センチ、高さ約6センチのガラスの円筒の中に、黒い、鉄でできた、細かい微妙な細工の、しかし同時に堅牢な電極がみじんの狂いもなく固定してある。円筒の下部にはGT管のような黒い大げさな、ベークライトのベースはなく、ただ、底面と側面、およびその両者の交わる角を保護するために、少し赤みを帯びて光る白い金属のベースが側面のごく狭い幅と底面を包んでいた。そしてベースの底面の正確な丸型の小さな八つの穴の各々の中央からは、ガラス面から直接抜き出た、電極に電気を伝える役目をする、短い、堅い、銅の脚が八本出ている。それらの脚の根本には、それらを支える硬いガラスの厚い小さな山が金属の穴にぴったりと盛り上がっている。それらの脚が一本を少しむりにねじれば、脚が折れるより先に、それを支える厚い硬いガラスの底面にぴしりと一筋の割れ目が走りそうだった。・・・・・・・・・

 
竹内 泰宏氏の解説によると昭和10年生まれの作家 柴田 翔の処女作は、「されど われらが日々・・・・」とされているが、竹内 泰宏氏はこれの前に書かれた短編「ロクタル管」がそれ以降の多くの作品によって開花していくこの作家特質を良く表していると評価している。 「この小説は、このロクタル管に特別の魅力を乱す少年を描いている。朝鮮動乱に前後するころノラジオの部品屋の並んだ神田の露店街の雰囲気や、乏しい小遣いを懐に一つのガラス管を前にしている当時の少年の姿を、この小説は良く伝えている。文学的により重要なことは作者の分析的で考察力に富んだ文体が一人の少年の内面世界と外界への特種な関わり方を深く浮き彫りにし、詩的なものもふくめた小宇宙の表現と、ある現実への抵抗意識を、みごとに表していることだろう。そこでは電気回路という、抽象的であって具体的なもの、みえないものとの接点をなす、新苦寒やオシロスコープなどに惹きつけられる少年の感覚と思考が、精巧かつ柔軟な独特の文体でとらえられている。」・・・・・と。
 

 2.ロクタル管

 「クラッシク・バルヴ、大塚 久著の第4章 真空管の進化と多様化 の”ロクタル管”からの抜粋です。
 アメリカの金属管の流れに反抗したメーカーもありました。世界最大の受信機メーカーだったフィルコは、以前からRCA,GE両社の頭の高さに反感を持っていましたが、金属管の宣伝には終始批判的で、ついには自社製の受信機には最少しませんでした。その代わりとして、同社向けの真空管を一手に供給ていたシルバニアに”ロクタル管”を開発させ、全面的に最少しました。

 ”ロクタル管”は、全ガラス管でGT管の前身とも言えるかも知れませんが、ボタン・ステムを貫通するリード線を太くしてピンの役を兼ねさせ、位置決めとシールドの目的で浅い金属シェル加え、このセンター・キーに脱落防止の”くびれ”を入れる(このロック・イン機構とオクタルが結びついて”ロクタル”と言う言葉ができた)など、大変に進歩的な真空管ですが、これは軍用などの使途をも考慮して設計された様に思われます。 ”ロクタル管”の一般名称は Loctal ですがフィルコ/シルバニアのトレード名は Loktal です。 

 ”ロクタル管”の第一号 1231(1938年11月に発表されたTV用の高周波5極管)と、それに続いた製品の例として3D6/1299(電池用直熱ビーム管)、7C7(シャープ・カットオフ5極管)、7N7(6SN7GTと同特性の双3極管)があります。 ”ロクタル管”はその構造上、リード線が短く、高周波特性が良いなどの長所がありますが、軍用など一部で用いられた程度で、一般に普及することはなかったようです。


3.戦前に紹介されていたロクタル管
 手元にある日本で、昭和16年7月31日に最初に発行された「無線工学 ポェットブック」、社団法人 日本ラジオ協會編纂(無線工学ポkrットブック編纂委員会委員長 梶井 剛)の初めて発行され専門書または参考書です。 本「無線工学ポケットブック」の第38 編雑 、11.各種真空管特性一覧表、第V表 7V級 ロクタルベース管 に7A4(三極増幅管)から7Q7(五格子変換管)までの僅か15種類の「ロクタル管」が記載されているだけです。

種 類 受口 陰極 加熱
電圧電流
用 途 陽極電圧(V)

格子偏倚電圧(V)

遮蔽格子電圧(V)

遮蔽格子電流(mA)

陽極電流(mA)

陽極
抵抗(KΩ)

相互コンダクタンス(μモー)



負荷抵抗(KΩ)

出力(W)
(V) (A)
7A4 三極増幅管 5AC 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 -8 - - 9 7.7 2.600 20 - - 7A4
7A5 ビーム出力管 6AT 傍熱 7.0 0,75 A級増幅 -9 125 3.2/8 37.5/40 17 6.100 - 2.7 1.9 7A5
7A6 双二極管 7AJ 傍熱 7.0 0.16 整流 250 最高交流電圧 150V(1陽極当たり), 最高出力電流 10mA 7A6
7A7 深遮断五極管 8V 傍熱 7.0 0.32 高周波増幅 250 -3 100 2.0 8.6 800 2.000 1.600 - - 7A7
7A8 多格子変換管 8U 傍熱 7.0 0.16 発振混合 250 -3 100 3.1 3.0 50 陽極格子最高電圧 250V 7A8
7B5 五極増幅管 6AE 傍熱 7.0 0.43 A級増幅 250 -18 250 5.5/10 3.2/3.3 68 2.300 - 7.6 3.4 7B5
7B6 複二極三極管 8W 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 -2 - - 1.0 91 1.100 100 - - 7B6
7B7 深遮断五極管 8V 傍熱 7.0 0.16 高周波増幅 250 -3 100 2.0 8.3 700 1.700 1.200 - - 7B7
7B8 五格子変換管 8X 傍熱 7.0 0.32 発振混合 250 -3 100 2.7 3.5 360 陽極格子最高電圧 250V 7B8
7C5 四極増幅管 6AA 傍熱 7.0 0.48 A級増幅 250 -12.5 250 4.5/7 45/47 52 4.100 - 5 4.5 7C5
7C6 複二極三極管 8W 傍熱 7.0 0.16 A級増幅 250 -1 - - 3.3 100 1.000 100 - - 7C6
7C7 五極増幅管 8V 傍熱 7.0 0.16 高周波増幅 250 -3 100 0.5 2.0 2.000 1.300 - - - 7C7
7E7 複二極五極管 8W 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 -3 100 1.6 7.5 700 1.300 - - - 7E7
7F7 双三極管 8AC 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 -2 - - 2.3 44 1.000 70 - - 7F7
7Q7 五格子変換管 8AL 傍熱 7.0 0.32 発振混合 250 0 100 8 1.4 800 第1格子挿入抵抗 20 KΩ 7Q7



4.戦後に紹介されていたロクタル管

 ”最新 受信真空管規格便覧”、昭和23年3月10日初版、大阪中央放送局受信課 編者、日本出版配給会社 の第三表 7ボルトロクタルベース管 に戦後の7V”ロクタル管”が収録されています。7A7(三極増幅管)からXXL(三極発振管)までの32種類です。 前項の15種類に比較して2倍の種類です。我が国が戦争をしている間に、アメリカでは、この様な各種類の”ロクタル管”が開発されていたことになります。(表の形式は、昭和16年7月31日に最初に発行された「無線工学 ポェットブック」、社団法人 日本ラジオ協會編纂(無線工学ポkrットブック編纂委員会委員長 梶井 剛)の初めて発行され専門書または参考書の「無線工学ポケットブック」の第38 編雑 、11.各種真空管特性一覧表と殆ど同じです。日本語表示がアルハベットの略語を多用しているのは、戦後の特徴かも知れません。敢えて、昭和15年7月31日発行の「無線工学ポケットブック」の第38 編雑 、11.各種真空管特性一覧表と同じ形式で記載してみました。)


種 類 受口 陰極 加熱
電圧電流
用 途 陽極
電圧
(V)
格子偏
倚電圧
(V)
遮蔽格
子電圧
(V)
遮蔽格
子電流
(mA)
陽極
電流
(mA)
陽極
抵抗
(KΩ)
相互コンダ
クタンス
(μモー)


負荷
抵抗
(KΩ)
出力
(W)
(V) (A)
7A4 三極増幅管 5AC 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 -8 - - 9 7.7 2.600 20 - - 7A4
7A5 ビーム出力管 6AT 傍熱 7.0 0,75 A級増幅 -9 125 3.2/8 37.5/40 17 6.100 - 2.7 1.9 7A5
7A6 双二極管 7AJ 傍熱 7.0 0.16 整流 250 最高交流電圧 150V(1陽極当たり), 最高出力電流 10mA 7A6
7A7 深遮断五極管 8V 傍熱 7.0 0.32 高周波増幅 250 -3 100 2.0 8.6 800 2.000 1.600 - - 7A7
7A8 多格子変換管 8U 傍熱 7.0 0.16 発振混合 250 -3 100 3.1 3.0 50 陽極格子最高電圧 250V 7A8
7B5 五極増幅管 6AE 傍熱 7.0 0.43 A級増幅 250 -18 250 5.5/10 3.2/3.3 68 2.300 - 7.6 3.4 7B5
7B6 複二極三極管 8W 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 -2 - - 1.0 91 1.100 100 - - 7B6
7B7 深遮断五極管 8V 傍熱 7.0 0.16 高周波増幅 250 -3 100 2.0 8.3 700 1.700 1.200 - - 7B7
7B8 五格子変換管 8X 傍熱 7.0 0.32 発振混合 250 -3 100 2.7 3.5 360 陽極格子最高電圧 250V 7B8
7C5 四極増幅管 6AA 傍熱 7.0 0.48 A級増幅 250 -12.5 250 4.5/7 45/47 52 4.100 - 5 4.5 7C5
7C6 複二極三極管 8W 傍熱 7.0 0.16 A級増幅 250 -1 - - 3.3 100 1.000 100 - - 7C6
7C7 五極増幅管 8V 傍熱 7.0 0.16 高周波増幅 250 -3 100 0.5 2.0 2.000 1.300 - - - 7C7
7E7 複二極五極管 8W 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 -3 100 1.6 7.5 700 1.300 - - - 7E7
7F7 双三極管 8AC 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 -2 - - 2.3 44 1.000 70 - - 7F7
7Q7 五格子変換管 8AL 傍熱 7.0 0.32 発振混合 250 0 100 8 1.4 800 第1格子挿入抵抗 20 KΩ 7Q7
7E6 双二極三極管 8W 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 ー9 9.5 8.5 1900 16 7E8
7E7 双二極三極管 8W 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 ー3 100 1.6 7.5 700 1300 7E7
7F7 双三極管 8AC 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 ー2 ー3 2.3 44 1600 70 7F7
7F8 双三極管 8BW 傍熱 6.3 0.3 高周波増幅 250
180
ー2.5
ー1
10
12
10.4
8.5
5000
7000
7F8
7G71232
三格子増幅管 8V 傍熱 7.0 0.48 A級増幅 250 ー2 100 2 6 800 4500 7G7
1232
7G81206
双四極管 8BV 傍熱 6.3 0.3 高周波増幅 250 ー2.5 100 0.8 4.5 225 2100 7G8
1206
7H7 三格子半可変増幅率管 8V 傍熱 7.0 0.32 高周波増幅 250 ー2.5 150 2.5 9 1003 3500 7H7
7J7 三極六極変換管 8AR 傍熱 7.0 0.32 発振、混合 250 ー3 100 2.9 1.3 三極管陽極最大電圧=250V(2) - 7J7
7K7 双二極高増幅率三極管 8BF 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 ー2 2.3 44 1600 70 - 7K7
7L7 三格子増幅管 8V 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 ー1.5 100 1.5 4.5 100 3100 陰極抵抗=250Ω 7L7
7N7 三格子増幅管 8AC 傍熱 7.0 0.6 A級増幅 250 ー8 9 7.7 2600 20 7N7
7Q7 五格子変換管 8AL 傍熱 7.0 0.32 発振、混合 250 0 100 8 3.4 800 No.1格子抵抗=20KΩ 7Q7
7R7 双二極五極管 8AE 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 ー1 100 1.7 5.7 1000 3200 7R7
7S7 三極六極変換管 8BL 傍熱 7.0 0.32 発振、混合 250 ー2 100 2.2 1.7 2000 三極管陽極最大電圧=250V(2) 7S7
7T7 三格子増幅管 8V 傍熱 7.0 0.32 A級増幅 250 ー1 150 4.1 10.8 900 4900 7T7
7V7 三格子増幅管 8V 傍熱 7.0 0.48 増幅 300 (4) 150(3) 3.9 9.6 300 5800 7V7
7W7 三格子可変増幅率管 8BJ 傍熱 7.0 0.48 A級増幅 300 ー2.2 150 3.0 10 300 5800 7W7
XXL 三極発振管 5AC 傍熱 7.0 0.32 発振 250 ー8 8 2300 20 XXL



参考文献

 1.新潮現代文学 71、「柴田 翔」、”ロクタル管の話”、新潮社、第24回配本
 2.”クラッシック・ヴァルブ”、大塚 久著、成文堂新光社、1992年4月第2版発行

 3.”最新 受信真空管規格便覧”、昭和23年3月10日初版、大阪中央放送局受信課 編者、日本出版配給会社 

                                                                                              以上