真空管[サイモトロン真空管]物語
                                                                 (第2版;平成19年1月8日)

1.戦前の「マツダ 真空管の歴史」
 
最近入手した「受信用 マツダ 真空管便覧 准標準製品」(型録番号 V-1031)よりの抜粋です。

 我が国に於いて放送用私設無線電話規則が公布されたのは大正十二年十二月、東京、大阪、名古屋の各放送局が相次いで開局競られたのは、それより二年後の大正十四年であるが、弊社に於いてラジオ用真空管の研究を開始したのはこれより遙かに早く、大正六年のことであった。弊社はそれまで多年電球製造に従事し、真空工業に対しては相当の技術を有して居たのであるが、更に高真空度を要求するラジオ用真空管に就いては並々ならぬ苦心を払ったのである。斯くして大正八年漸く製品を得、送信用のものはこれをプリオトロンと称し、受信用のものはこれをオーディオンと名付け、プリオトロンを逓信省に、オーディオンを陸軍省に納入した。大正九年にはオーディオン・バルブは陸軍省指定品として多く使用せられ、海軍省よりは特に送信用真空管の研究を依嘱せらるるの光栄に浴した。弊社真空管工業の発達は上記書く官庁の指導督励に依る処が多大である。
 大正十四年ラジオ放送の開始せらるるや、弊社はか予て準備して居た受信真空管サイモトロンUV-199及びUV-201Aを發賣したが、其の品質の優良且つ感度鋭敏なる特徴から、豫想以上の注文が殺到し製作に追われる状況であった。
 サイモトロン UV-199、UV-201Aは何れも繊條としてトリエーテッド・タングステンを使用したものであるが、昭和三年ニッケル又は其合金を基金属とし、之に酸化物を塗布した所謂オキサイドコーテッド繊條を使用したサイモトロン UX-112A UX-226を製造發賣し其の売上を前年に倍加せしめた。
 之等の真空管は折柄發賣せらえた傍熱型真空管サイモトロン UY-227UY-224と共に、ラジオ受信装置の交流化運動を助成しラジオの普及に劃期的貢献を為した。昭和五年にはサイモトロン UX-245UX-250KX-112Bを完成し、續いて昭和六年には可変増幅率真空管サイモトロン UY-235、終段増幅五極真空管 UY-109UY-247Bを発売したが、特に後ろ二者は所謂ペントードの名の下に市場の歓迎を受け、ペントード時代を作った。
 一地方農村のラジオ普及をはかる目的を以て乾電池で働かし、更に効率高き所謂経済真空管 UX-109UX-110等が研究せられた。
 他方欧米ラジオ界の情勢に鑑み、昭和八年には、UZ-43、UY-46、UZ-55、UY-56、UZ-57、UZ-58、UT-59、KZ-25Z5などを市場に送り、別に熱陰極水銀蒸気整流管としてHX-82 及びHX-83を製作した。  尚昭和七年三月には従来受信真空管にサイモトロンなる名称をあたえて居たが之がマツダ真空管に改称した。
 昭和九年には、Ut-2A7,Ut-2B7,UZ-2A5,UX-2A3などの高級真空管を發賣した。其間テレビジョン用其他特殊注文にも応じ各種の特殊真空管の製作も開始した。
 昭和十年春にはラジオ普及のため普及型真空管 KX12B, UX-12A, UY-24B, UX-26B, UY-27A、UY-47Bその他一部の値下げを断行した。昭和十一年には金属真空管の研究が進められた。又 UZ-57, UZ-58の値下げをして一般受信機の向上に努めた。 続いて昭和十二年には「明音明聴」を目指して新製品のKX-12Fの發賣とUY-56の値下げをした。
 昭和十二年日支事変の勃発と共に當社の真空管工業は更に一大飛躍をなし各方面の需要を満たすと同時に昭和十三年にはトランスレス受信機用真空管を完成させた。

 2.サイモトロンの起源?

 
東京電気株式会社のマツダ真空管の[サイモトロン]の名称は、上記の戦前の「マツダ 真空管の歴史」に記した如く、大変に興味深い真空管です。関連する真空管の歴史を歩んだ会社として過去のことを調べてみました。まず、東芝電気株式会社が、大正13年3月25日に発行した”マツダ 無線業書”(非売品)、理学士 今岡 賀雄著を見てみましょう。この中で「サイモトロン」真空管のことが記述されています。(ママ)




 左の写真は、マツダ CYMOTRON(サイモトロン)UX-201-Aの元箱3種類を示します。元箱の図柄から判断して、左から右へと製造年月は移行していくと思いますが如何でしょうか? 何方かお教えください。

 



右の広告写真は、マツダランプの無線受信機サイモホンA2型と無線用真空管サイモトロンの雑誌広告です。(「受信管物語)、池谷 理著、日本電子機械工業会版 受信物語[5]ー大正から昭和ーより抜粋)




 この広告には、受信用真空管「サイモトロン」として、199、200、201および201ーAが紹介されています。以下の表に纏めてみました。

品  名 型式証明 線   条 価額
199 第1號 5 ボルト 0.06 アンペア 金 拾 圓
200 5 ボルト 1.00 アンペア 金 七 圓
201 第2號 5 ボルト 1.00 アンペア 金 七 圓
201ーA 5 ボルト 0.25 アンペア 金 拾 圓
此の受信用真空管 サイモトロンは何れの受信機にも使用できます。(ママ)


 

 マツダ 無線叢書             真空管の話       東京電気株式会社                                                                           理学士  今岡 賀雄

真空管の発達
西暦1904年英国の「フレーミング」が前世紀末から「エジソン効果」として知られて居た現象を応用して二極真空管所謂「フレーミング・バルブ」を作り無線電信検波用に使ったのが「レジオ」界に真空管が入った抑々の始めでありました。然し是は後年発見された礦石検波器と仝様のものでありまして検波用としては特筆すべきものではありませんが、是が発達して今日見る整流用真空管となり、高圧の直流電流を得るには是非なくしてはならないものとなりました。約3年の後1907年になって米国の「ド・フォレー」が「フレーミング・バルブ」に第三の電極を入れ今日見る様な三極真空管を創造いたしました。適々「ド・フォレー」が彼の創製した三極管を「オージオン」と呼んだ為め、爾来受信用真空管を時折斯く呼ぶ様になったのであります。

然し其の應用方面は無線電信の受信用或は有線電話の中継用僅かに使われる程度でありましたが、1913年に至り「マイスナー」が真空管を利用して発振機を作りに製るに至り、又その成績見るべきものがありました為め斯界の注目を惹きました。恰も良し此の時(1914年)斯界の権威でもあり恩人でもある米国の「ラングミユア」が多年の研究の結晶として工業的な高周波真空管の製造方法を案出いましたので「レジオ」界に一新紀元を齎す様に見えましたが、仝年よりの欧州大動乱は新工業に一大頓挫を来しました。然し一方欧州に於いては佛国電信隊々長「フエリエ」将軍其の麾下の献身的努力に依り開戦後22年して真空管使用の無線電話通信は面目を一新しました。又一方受信管の方にも意を注ぎ所謂佛蘭西型なるものを制定して連合国側に對し貢献する所が大でありました。

此の間米国に於いては欧州出兵と共に政府当局及斯業大会社の協同的努力と一方素人愛好家の純粋なる研究熱が幸いして一躍無線界の先進国となり、今日見る様な無線民衆化第一階梯を築き上げました。

1923年に至っては英米佛獨等無線電話放送が實施され、益々真空管の應用方面が開拓され無線即ち真空管と云う様になったのであります。従って其の製造方面にも不断の研究が積まれ、製造者は一方容量大なる真空管を製ると共に素人愛好家に適する様な真空管を製る事に腐心して居ります。

我東京電気株式会社に於いても亦大正6年以来此の方面の研究を初め、今日迄は主に軍用及逓信用のもののみを製造して居りましたが、昨年(大正12年・・・編者注)以来一般素人愛好家に満足される様な真空管の製造にも力を注ぐ様になりました。多年「マツダランプ」の製造で積んで来た真空工業に関する優秀な技術経験と研究所の不断の研究とは相まって世界の趨勢に遅れない様な真空管を出して居ります。我社に於いて製する真空管を「サイモトロン」と申しますが、無線用真空管は「サイモトロン」を措いては他に無いのであります。

サイモトロン」とは電波用器具と云う意味の字で総ての「サイモトロン」が如何に理想的に良く出来て居るかと云う事を追って御會得なさる事と思います。

三極真空管とはどんなものか 

構 造 三極真空管は「プレート」「グリット」及「フィラメント」の三電極より成っております。三電極である
のに端子が四個あるのは不思議と思われる方があるかも知れませんが御承知の如く、電気が或導体を通る時は必ず
入口と出口があります、電燈に於いてもニ本の電線が電燈の所に行って居るではありませんか。此の3極管に於い
ては「フィラメント」丈が此の正規の入口出口を有し、他の二つの電極「グリット」及「プレート」は其の出口を
「フィラメント」の一つ借用して居るのであります。それで端子は四個で事済むのであります。此の三電極を第一
図の様にガラス管球内に封入し特殊な方法で排気して中を真空にするのであります。「プレート」は「フィラメン
ト」から出て来る熱電子を集める為にある電極あって通常円筒をなして居ります。受信用の小型真空管に於きまし
ては此の「プレート」が熱せられませんが、放送局などで使用する様な大型発振用真空管になりると「プレート」
電壓が高い為め「プレート」が熱せられます。其の為め其れの材料としては特殊な物質を必要とします。此には「
モリブデン」の様な溶解点が高い金属を用います。此の「モリブデン」は前述の様に溶解点が高い上に甚ださいく
がの仕難いものであります為今日迄我國に於いては「モリブデン」板の製造等は思いもよらなかったのでありまし
が,当社の研究の結果今日では彼國のものに優るとも劣らない品がを製造することが出来るようになりました。
「グリット」は字の如く格子状のものでありまして「プレート」の内側にあって形は「プレート」形をちいさにし
ものであります。主に針金を螺旋状に巻いたものか金網を用います。其の作用は丁度水道の水栓の様に「グリット」
から「プレート」に流れる熱電子の流れ制御する役目をなすものであります。
「フィラメント」は高温度に耐ふる物質で盛に熱電子を出すか或いは特殊の物質の性質を利用して比較的低温度で同様な熱電子を出すものを使います。通常の真空管は「マツダランプ」に用いてある様な「タングステン」線を用いますが、此ですと比較的電流を余計に食うので素人愛好家には不向きであります。故に昨年来當研究所に於きましては欧米先進国の型に範をとり、生み出したものが「サイモトロン一九九型」及び「二〇一A型」であります。これ等真空管は特殊「フィラメント」を用いましたので「フィラメント」が暗赤色程度の熱し方で充分な熱電子放出を望む事が出来、従って線条電流を小にする事が出来るのであります。

排気度 真空管の生命は一つは其の真空度と関係します。排気法が不完全であって、空気の様な残留氣體があると其れが「イオン」化されて後に示す特性曲線の直線部分が下向きに湾曲します。此の為に増幅用に用いた場合には音の歪みを来し、増幅本来の目的に沿わないのみならず所謂「バルブノイズ」を起こし甚だしい雑音を出します。其の上「フィラメント」と化学作用をなし、又残留氣體の「イオン」の質量は熱電子の約二万五千倍もあります為め其れが丁度小銃弾の様に「フィラメント」に衝突する為め「フィラメント」を化学的並びに機械的に破壊して真空管の寿命を短く致します。増幅用の真空管の第一条件は其の真空度の高い事であります。真空度が高くて増幅用並びに発振用に使って望ましい結果を得られるるものを硬真空管或は「ハードバルブ」と申します。
 次に「フィラメント」を化学作用を起こさない瓦斯を入れますと其の「イオン」化に依り甚だ鋭敏な検波器となります。此の様な真空管を軟真空管或いは「ソフトバルブ」と申します。往々市場にある真空管が排気度不良の為に一見「ソフトバルブ」の様な現象を示しますが単に残留氣體があると云うに過ぎない為め時間と共に甚だしく其の感度が變り又フィラメント」が直に侵されて其の寿命の甚だ短い事は一度経験された方には首肯が出来る事であります。
 其れ故、真空管を買われる時は増幅用として試験して見て感度を調べるのが最も簡単であります。検波用として試験する時は往々にして不買品を見逃す事が多いのであります。
 因に
 サイモトロン   一九九型     
 同        二0一型     は理想的の「ハードバルブ」であります。
 同        二 0一A型   
「サイモトロン 二00型」は理論上も実際上も理想的な「ソフトバルブ」であります。

(以下省略)

3.「サイモトロン真空管から「マツダ真空管」へ商標変更

 大正時代にGE社は、世界企業へと発展を遂げたが、それに先立ち明治38年(1905年)に白熱電球に関して東京電気と技術契約を結んでいます。受信用真空管に関しtも昭和4年には、東芝電気に真空管製造設備(シーレックス機械・・・真空封止・排気)を据え付けて、昭和10年頃には受信用真空管の需要の7〜8割を供給できる様になりました。
 昭和4年以降昭和10年位までは、GEやフィリップしたする価額競争時代でありました。GEは、「高真空管」の基本特許を基に国内の中小真空管メーカーを苦しめました。此に対して、テレフンケンと提携していた日本無線、ウエスターンの実施権を持つ日本電気、或いは、その代理実施権を持っていた宮田製作所などは、その特許とバータで真空管製造の権利を獲得しました。対応手段を持たない安中電気や沖電気は真空管の製造を断念したそうです。
 昭和5〜6年頃の世界恐慌の時もラジオ市場は景気が良かった。 オランダのフィリップス社は、昭和5年の暮れにフィリップス真空管の輸入業者だった久保田氏をマネージャーとする日本ラジオ株式会社を銀座に創設してF169、F209やF106などの価額を下げて価額競争が始まりました。昭和5年9月には、D4435極管が初めてお目見えして話題になりました。このころになると国内の中小メーカーの真空管の製造技術も上がり、激しい新製品競争を行いました。宮田製作所のUY247、オーケー真空管はUX226を2本封入したUY452,などの新製品を発表しました。
  昭和6年9月18日の柳条湖事件に端を発した満州事変や陸海軍将兵による5・15事件、ロスアンジェルス・オリンピックなどくらい事件や明るいニューしなどの報道のためにラジオは日常生活に欠かせないものとなってきました。

 こんな昭和7年3月、東京電気は真空管発売以来、親しまれてきた「サイモトロン」の商標を「マツダ真空管」に改めました。「サイモトロン」の「サイモ」は、ギリシャ語で「波」を意味しています。新しい「マツダ」は、ペルシャ 神話に出てくる主神の名前で「光」を意味しています。この「マツダ」の商標は。GE系のメーカーが電球に用いたもので、東京電気も以前から電球などにこの商標を使用していました。但し「サイモトロン」を受信用真空管に用いなくなった後も送信管には使用していました。

 昭和16年7月31日に発売された我が国最初の「無線工学 ポケットブック」。昭和17年7月、社団法人 日本ラジオ協会編纂の各種真空管特性一覧表には、第XIX表 東京電気製三極送信管(サイモトロン)、第XX表 東京電気製水冷及び強制空冷三極送信管(サイモトロン)、第XXI表 東京電気製四極送信管(サイモトロン)、第XXII表 東京電気製ビーム電力管及び五極管(サイモトロン)及び第XXIII表 東京電気製送信用整流管(サイモトロン)が記載されています。

 また、昭和17年改訂 幹部候補生用 兵器学教程 無線機材、陸軍兵学校の付表には「サイモトロン」 UVー812を初めとしてUVー814UVー815、UXー860、UVー861など三極真空管、水冷式三極真空管、四極真空管及び五極真空管が記載されています・

 従って敗戦の昭和20年8月15日までの期間は、送信管に限り「サイモトロン」という名称は使用されていました。

型 名 用 途 寸法
長さx径
(cm)
フィラメント 陽極電流(V) 陽極電流(mA) 増幅率 内部抵抗
(Ω)
相互伝導度
(μmho)
出力
種類 電圧(V) 電流(A)
199 検波増幅 7.5x2.5 ThW 3.0 0.06 20-100 1-4 6 16,000 380
200 検波 11x45 ThW 5.0 1.0 15-25 0.25-1
201 検波増幅 11x4.5 ThW 5.0 1.0 20-100 1-10 6.5 22.000 300
201A 検波増幅 11x4.5 FO 5.0 0.25 20-120 1-6 8 16,000 500




4.「サイモトロン真空管





  



型 名 用 途 寸法
長さx径
(cm)
フィラメント 陽極電流(V) 陽極電流(mA) 増幅率 内部抵抗
(Ω)
相互伝導度
(μmho)
出力
種類 電圧(V) 電流(A)
199 検波増幅 7.5x2.5 ThW 3.0 0.06 20-100 1-4 6 16,000 380
UVー199 検波増幅 7.5x2.5 ThW 3.0 0.06 20-100 1-4 6 16.000 380
UXー201ーA
UX-226





199 UV−199 UX-201ーA
WANTED
UXー226 UX-112ーA KX-280
UX-222 UY-227 UY-865


 


                                                                      以上