真空管[光電管]物語
                                          (第32版;平成29年5月30日)

1.安定抵抗管

 安定抵抗管は、ガス入り抵抗管の一種で、電源電圧や負荷が変動しても、常に安定な負荷電流を得るために用いられたものです。この安定抵抗管内のフィラメントを特定の温度範囲で動作させるとフィラメント温度が少し変化しても、抵抗値が大きく変化します。従って安定抵抗管の両端電圧が変わっても、電流は殆ど一定に保たれます。
 この様な電流調整作用は、電源が直流でない交流でも同様で、一定電流範囲に保つように働きます。安定抵抗管の特性は、フィラメントの材料(主として純鉄)、直径、長さ、形状および管内に封入するガスの種類(例えば、水素ガス)、圧力に依よって定まるもので、これらの組み合わせによって各種の電流および電圧範囲の規格の安定抵抗管が製造されました。英語では、”BALLAST LAMP”又は”CURRENT REGULATOR"と呼称されています。


 各真空管製造メーカーは、真空管として自社のカタログ゙や資料に品種名と特性を記載しています。しかしながら、一般の照明用電球と原理的には、同じ1極管(こんな言葉はありませんが・・・)は、どうも日陰の真空管のようです。 ”電子管の歴史 エレクトロニクスの生い立ち” 日本電子機械工業会 電子管史研究会編には、安定抵抗管又はBALLAST TUBEの名称は見当たりません。僅かに、”電子管の歴史 資料編”に、各社のカタログが記載されていますが、その中にのみ、安定抵抗管の規格表を見ることが出来ます。(過日、英文資料を見ていました時、MONODE(強い訳せば、1極管または単極管)なる英語を見つけました。しかし余り頻繁には使われないようです。

 最も一般的には、昭和15年10月に制定されたトランスレス型の放送局型123号受信機には、安定抵抗管 B-3712Y-V1(高周波増幅),12Y-R1(検波),12Z-P1(低周波増幅)、24Z-K2(整流)のそれぞれの真空管のフィラメント電圧の安定供給のために使用されています。


 右の写真は、左から何れもマツダの12Y-V1(高周波増幅)、12Y-R1(検波)、12Z-P1(低周波増幅)、24Z-K2(整流)およびひっそりと安定抵抗管B-37が並んでいます。左の写真は、KSK(神永不二真空工業株式会社)0.3/0.8 (BL/300) 安定抵抗管と元箱を示す。









2.NEC 安定抵抗管

 
NECが昭和10年に当時有線通信用真空管として広く使用されていた101-D102-D101-F、102-Fなどの繊條電流安定用として1A(アンペア)管 35Aおよび36A0.5A 35Bおよび36B等のバラスト管を製造しました。これらは、その後名称が変更され、3D-13G-1、3F-13F-2等となった。

 安定抵抗管(バラスト・ランプ)は、その繊條として純鉄の細線を用い、管内に水素を水銀柱数ミリ乃至数十ミリ程度封入してあります。鉄は数百度の温度に於いて、その抵抗の温度変化に特殊な変化を生じる範囲があるので、熱を良く伝導する水素を管内に封入して、動作電流に於ける鉄繊條の温度を上記の範囲に抑える定電流作用をもたらすことができました。従って、管外の周囲温度は水素の熱放射に影響を与えますから、周囲温度の変化によって電流値が多少変化します。この他、3F-2BB-300-BB-300-CB-1000-AB-2000-AB-2500-AB-300-A等がある。

 NEC 電子部品 電子管規格一覧表”、1964年9月 によると次のようなNEC安定抵抗管(バラスト・ランプ)の規格表が記載されています。

品  名 最大寸法
(全長x径、mm)
口 金 電圧範囲
(V)
平均電流
(mA)
備考
B-140-A 90x42.4 B8-6 8.5〜15 140〜150 旧名称、LD-488
B-150-A 90x32.4 B8-6 3.5〜8 144〜156 旧名称、LD-487
3-4 90x32.4 B8-6 4.0〜12.0 280〜320
B-300-B 100x30.2 A4-5 12.0〜20.0 280〜320
B-300-G
(3-16)
80x32.4 B8-6 12.0〜20.0 280〜320 Sylvania MXー408/μ相当
AMPERITE 3-16相当
3H-1-7 90x32.4 B8-6 1.6〜4.0(2-5端子)
6.6〜12.0(5-7端子)
380〜390 AMPERITE 3H-1-7相当
*3F-2 85x33 E26電球口金 3.0〜10.0 490〜530 38-A相当
3F-2B 100x34 A4-5 3.0〜10.0 480〜530 3F-2と置換可能
*3F-1 86x34 E26電球口金 3.0〜10.0 490〜530
6-4 80x34 B8ー6 4.5〜10.0 590〜635
7Hー4B 90x32.4 B8-6 4.0〜10.0 790〜830 AMPERITE 7H-4B相当
B-1000ー3
(10T1)
110x46 B8-11 3.0〜6.0(2-3端子)
6.0〜13.0(2-5端子)
13.0ー26.0(2-7端子)
865〜1015 AMPERITE 10T1相当
3D-1 102x60 E26電球口金 3.0〜9.5 940〜1010
8-4 90x32.4 B8-6 4.0〜12.0 940〜1010
10-4A 85.0x32.4 B8-6、B6-8 5.0〜11.0 970〜1030 AMPERITE 10-4相当
*3Gー1 96.5x58.5 E26電球口金 3.0〜9.5 1070〜1160
B-1200A 110.0x32.4 B8-6 4.0〜10.0 1150〜1250
B-1300 100x32.4 B8-6 3.6〜9.5 1260〜1340 旧名称 LD-494
B-1300A 95x32 B8-6 3.6〜9.5 1260〜1340 B-1300の改良型
B-2000ーB 137x51 A4-9 4.0〜8.0 1840〜3160 B-2000-Aの改良型
B-2500ーB 137x51 A4-9 4.0〜8.0 2300〜2700 B-2500-Aの改良型
B-3000ーB 137x51 A4-9 4.0〜8.0 2760〜3240 B-3000-Aの改良型
101A 133x44 E26電球口金


 上の規格表の品名が太字の安定抵抗管を下記表に記載してあります。

写真 説明 写真 説明
Nippon Electric
3-4

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、Nippon Electric、および3−4の印刷がある。電圧調整範囲は、4.0〜12.0V、平均電流は、280〜320mAです。

 全長は、90mm、最大径が32.4mmφです。



写真は、100%です。
Nippon Electric
B-300-B


 ベークオクタル・ベースでGT管の安定抵抗管です。フィラメントは、2枚のマイカ板により固定されています。ガラス管壁には、Nippon Electric、およびB−300−Bの印刷がある。電圧調整範囲は、12.0〜20.0V、平均電流は、280〜320mAです。

 全長は、85mm、最大径が28mmφです。
 



写真は、100%です。
Nippon Electric
B-300-G


 ベークオクタル・ベースでGT管の安定抵抗管です。フィラメントは、2枚のマイカ板により固定されています。ガラス管壁には、Nippon Electric、およびB−300−Gの印刷がある。電圧調整範囲は、12.0〜20.0V、平均電流は、280〜320mAです。
AMPERITE 3-16相当

 全長は、80mm、最大径が32.4mmφです。
 

写真は、100%です。
Nippon Electric3H-1-7

 黒ベークのオクタルの円筒ガラス 管の安定抵抗管です。
 ガラス管壁には、Nippon Electricロゴおよび3H-1-7の印字がある。2つの電圧切替が出来る0.36Aの安定抵抗管で、電圧の種類によってピン接続を切替手使用します。電圧調整範囲は、1.6〜4.0Vおよび6.6〜12.0V平均電流は、330〜390mAです。

 全長は、90mm、最大径が32 mmφです。


写真は、100%です。
Nippon Electric
3F-2

 E26電球口金円筒ガラス管の安定抵抗管です。

 ラス管壁には、Nippon Electric、および3F-2の印刷がある。電圧調整範囲は、3.0〜10.0V、平均電流は、480〜530mAです。

 全長は、87mm、最大径が34mmφです。


写真は、86%です。
Nippon Electric
3G-1

 E26電球口金電球ガラス管の安定抵抗管です。

 ラス管壁には、Nippon Electric、および3G-1、1959-5、NHK 35の印刷がある。電圧調整範囲は、3.0〜9.5V、平均電流は、1070〜1160mAです。

 全長は、96.5mm、最大径が58.5mmφです。


写真は、77%です。
Nippon Electric
3F-2B

 ベークのUXベースの円筒ガラス管の安定抵抗管です。

 ラス管壁には、Nippon Electric、および3F-2Bの印刷がある。電圧調整範囲は、3.0〜10.0V、平均電流は、480〜530mAです。3F-2と置換が可能です。

 全長は、100mm、最大径が34mmφです。


写真は、86%です。 
Nippon Electric
3F-2B

 ベークのオクタル・ベースの円筒ガラス管の安定抵抗管です。

 ラス管壁には、Nippon Electric、および3F-2Bの印刷がある。電圧調整範囲は、3.0〜10.0V、平均電流は、480〜530mAです。3F-2と置換が可能です。

 全長は、90mm、最大径が34mmφです。


写真は、100%です。 
Nippon Electric
6-4

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。
 ガラス管壁には、Nippon Electric、および6ー4の印刷がある。電圧調整範囲は、4.0〜10.0V、平均電流は、590〜635mAです。管内のフィラメントは、2枚のマイカ板により保持されている。

 全長は、80mm、最大径が34mmφです。


写真は、100%です。
Nippon Electric
6-4

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、Nippon Electric、および6ー4の印刷がある。電圧調整範囲は、4.0〜10.0V、平均電流は、590〜635mAです。管内のフィラメントは、3枚のマイカ板により保持されている。

 全長は、85mm、最大径が34mmφです。


写真は、95%です。
Nippon Electric
7H-4B

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、Nippon Electric、および7H-4Bの印刷がある。電圧調整範囲は、4.0〜10.0V、平均電流は、790〜830mAです。
 AMPERITE 7H-4Bと相当です。

 全長は、90mm、最大径が32.4mmφです。


写真は、100%です。
Nippon Electric
10T1(B-1000-B)

 黒ベークのオクタル・ベースでST 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、Nippon Electric、および10T1 (B-1000-B)の印刷がある。電圧調整範囲は、3.0〜6.0V(2-3端子)、6.0〜13.0V (2-5端子)、および13.0ー26.0V (2-7端子、平均電流は、865〜1015mAです。 AMPERITE 10T1と相当です。

 全長は、110mm、最大径が46mmφです。


写真は、81%です。
Nippon Electric
8-4

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、Nippon Electric、および8ー4の印刷がある。電圧調整範囲は、4.0〜12.0V、平均電流は、940〜1010mAです。管内のフィラメントは、2枚のマイカ板により保持されている。

 全長は、82mm、最大径が32mmφです。


写真は、100%です。
Nippon Electric
B-1300

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、Nippon Electric、およびB-1300の印刷がある。電圧調整範囲は、3.6〜9.5V、平均電流は、1260〜1340mAです。

 旧名称 LD-494と同じです。

 全長は、100mm、最大径が32.4mmφです。



写真は、90%です。
Nippon Electric
B-1300A

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、Nippon Electric、およびB-1300Aの印刷がある。電圧調整範囲は、3.6〜9.5V、平均電流は、1260〜1340mAです。

 B-1300の改良品です。

 全長は、95mm、最大径が32mmφです。


写真は、100%です。
Nippon Electric
B-2000-B

 黒ベークのUX・ベースでST 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、Nippon Electric、およびB-2000-Bの印刷がある。電圧調整範囲は、4.0〜8.0V、平均電流は、1840〜3160 mAです。

 B-2000-Aの改良品です。

 全長は、137mm、最大径が514mmφです。



写真は、56%です。
NEC
101A
1945


 E26電球口金円筒ガラス管の安定抵抗管です。

 ラス管壁には、NEC 101A の印字とラベルに”昭和25年?月”と印刷のラベル(半分欠如)が判読できる。ステムからのガラス棒の先端を頂点とする逆Vのフィラメントが”鼓型”に張ってある。 特性に関しては、不明で調査中です。

 全長は、1335mm、最大径が44mmφです。


写真は、68%です。




3.東芝 安定抵抗管

 ”東芝電子管ハンドブック 特殊管編(1)”、昭和38年9月10日、 によると次のような安定抵抗管(バラスト・ランプ)の規格表が記載されています。

   

品  名 最大寸法
(全長x径、mm)
口 金 電圧範囲
(V)
平均電流
(mA)
備考
3-16 90x34 B8-6 12.0〜19.5 280〜320 米国 3-16相当
3H-1-7 90x34 B8-6 1.6〜4.0 330〜390 米国 3H-1-7相当
3H-7 90x34 B8-6 5.0〜10.0 320〜380 米国 3H-7相当
6-4 90x34 B8-6 4.5〜9.5 570〜630 米国 6-4相当
7H4B 90x34 B8-6 4.0〜9.0 760〜840 米国 7H-4B相当
123 95x28 B8-6 「放送局型第123号」用
B-37 96x30 A4-5 27.0〜47.0 135〜165
B-49  93x28.7 A-45
BL30/100 150x52 H17S 70.0x130.0 285〜315
BL60/20 150x52 H17S 10.0〜30.0 570〜630
BL128/19 150x52 A4-9 12.0〜26.0 1240〜1320
BL160/12 120x34 B8-6 8.0〜16.0 1450〜1750

 但し、B-37およびB-49は、新たに追加した安定抵抗管です。上の規格表の品名が太字の安定抵抗管を下記表に記載してあります。

写真 説明 写真 説明
東京芝浦電気
3H-1-7

 黒ベークのオクタルの円筒ガラス
管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、Toshibaロゴ
よび3H-1-7の印字がある。2つ
の電圧切替が出来る0.36Aの安
定抵抗管で、電圧の種類によっ
てピン接続を切替手使用します
。電圧調整範囲は、1.6〜4.0Vお
よび6.6〜12.0V平均電流は、330
〜390mAです。

 全長は、80mm、最大径が32
mmφです。



写真は、100%です。
東京芝浦電気
B-37

 黒ベークのUXベースで円筒ガラス 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、サイクロ・ロゴおよびB-37の印刷がある。電圧調整範囲は、27.0〜47.0V、平均電流は、135〜165 mAです。

 全長は、96mm、最大径が30 mmφです。







写真は、100%です。
東京芝浦電気
(マツダ)
B-49


 ベークUXベースで円筒ガラス管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、マツダおよびB−49の印刷がある。電圧調整範囲は、49.0V、平均電流は、1500mAです。

 全長は、90mm、最大径が27mmφです。
 




写真は、100%です。
東京芝浦電気(マツダ)
BL-128/19

 ベークUXベースで大型ST管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、Toshiba ゙およびおよびBL128/19の印刷がある。電圧調整範囲は、12.0〜26.0V、平均電流は、1240〜1320mAです。

 全長は、150mm、最大径が52mmφです。
 


写真は、53%です。
  UNKNOWN
      123

 黒ベークのUXベースで円筒ガラス 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、製造会社のロゴはなく、123の印刷がある。電圧調整範囲および平均電流は、不明です。

 この安定抵抗管は、「放送局型第123号」用安定抵抗管
です。全長は、 mm、最大径が  mmφです。

 
写真は、100%です。
東京芝浦電気(マツダ)
BL-160/12

 ベークUXベースで円
筒ガラス管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、Toshiba ゙およ
びおよびBL160/12の印刷がある。
電圧調整範囲は、8.00〜16.0V、
平均電流は、1450〜1750mAです。

 全長は、100mm、最大径が31.5mmφです。
 

写真は、80%です。







4.KSK 安定抵抗管



KSKは、神永真空工業所又は神永不二眞空工業株式会社ロゴ゙です。KSK製の安定抵抗管に関す規格表が現時点では、手許にありません。従って、以下は、手作りの規電圧範囲や平均電流に関しては、誤りや誤解があるかも知れません。予めご了承を下さい。

 神永不二真空管工業株式会社
 東京都新宿区柏木 3−294
 電話;東京(371)7005


この会社の詳細や安定抵抗管に関する規格表を探しています。資料や規格表をお手元に保存されている方がいらっしゃいましたら是非ともご一報を下さい。お願いをします。











品  名 最大寸法
(全長x径、mm)
口 金 電圧範囲
(V)
平均電流
(mA)
備考
1号ーB 78x31 電球口金 昭和38年製造
4D-1 85x32 電球口金
3F-2B 87x32 A4-5 3.0〜10.0 480〜530
2B300M 50x15  サブミニ7ピン ? ? トップチップ排気
R-10 50x14 サブミニ7ピン ? ? トップチップ排気
4B/150 80x32 B8-6
4B/300 75x32 B8-6
1.5/8.0 80x32 B8-6 8.0 1500 1.5/8.0
B-100 80x32 B8-6 8.0 1000 1.0/8.0
B-200 75x32 電球口金 50.0 200 0.2/50
BL-65 80x32 B8-6 13.0 260 0.26/13
BL-300 80x32 B8ー6 8.0 300 0.3/8.0
BL-1200B 80x32 B8-6 ? ?
R-100B 50x14.5 サブミニ7ピン 昭和38年5月製造
TB-100 90x32 B8-6 ? ?
TB-650 75x32 B8-6 昭和33年12月製造

上の規格表の品名が太字の安定抵抗管を下記表に記載してあります。

写真 説明 写真 説明
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
1号-B

 電球口金・円筒ガラス管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、および1号ーB、昭和38年7月製造の印刷がある。電圧調整範囲および平均電流は、不明です。元箱入りです。

 全長は、78mm、最大径が31mmφです。


写真は、100%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
4D-1

 電球口金・円筒ガラス管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、および4D-1の印刷がある。電圧調整範囲および平均電流は、不明です。

 全長は、85mm、最大径が32.4mmφです。




写真は、85%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
3F-2B

 黒ベークのUXベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、および3F-2Bの印刷がある。電圧調整範囲は、3.0〜10.0V、平均電流は、480〜530mAです。

 全長は、90mm、最大径が32.4mmφです。



写真は、100%です。
 KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
2B300M

 黒ベークの7ピン・ベースでサブMT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、およびB300Bの印刷がある。電圧調整範囲は、?V、平均電流は、?mAです。35年4月製造。

 全長は、50mm、最大径が15mmφです。


写真は、160%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
R-10

   黒ベークの7ピン・ベースでサブMT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、およびR-10の印刷がある。電圧調整範囲は、?V、平均電流は、?mAです。35年3月製造。

 全長は、50mm、最大径が14mmφです。


写真は、160%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
4B-150

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、および4B-150の印刷がある。電圧調整範囲は、?V、平均電流は、?mAです。

 全長は、80mm、最大径が32.4mmφです。




写真は、100%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
4B-300

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、および4B-300の印刷がある。電圧調整範囲は、?V、平均電流は、?mAです。

 全長は、80mm、最大径が32.4mmφです。


写真は、100%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
1.5/80

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、および1.5/80の印刷がある。電圧調整範囲は、8V、平均電流は、1500mAです。

 全長は、80mm、最大径が32.4mmφです。


写真は、100%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
1.0/8.0(B-100)

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、および1.0/8.0(B-100)の印刷がある。電圧調整範囲は、8.0V、平均電流は、1000mAです。

 全長は、80mm、最大径が32.4mmφです。


写真は、100%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
0.2/5.0(B-200)

 電球口金・円筒ガラス管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、0.2/5.0および(Bー200)の印刷がある。電圧調整範囲は、50.0V、平均電流は、200mAです。

 全長は、75mm、最大径が32.4mmφです。


写真は、100%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
BL/65

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、およびBL/65の印刷がある。電圧調整範囲は、13.0V、平均電流は、260mAです。

 全長は、80mm、最大径が32.4mmφです。


写真は、100%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
BL/300

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、およびBL/300の印刷がある。電圧調整範囲は、8.0V、平均電流は、300mAです。

 全長は、80mm、最大径が32.4mmφです。


写真は、100%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
BL/1200B

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、およびBL/1200Bの印刷がある。電圧調整範囲は、?0V、平均電流は、?mAです。

 全長は、80mm、最大径が32.4mmφです。


写真は、100%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
TBー100

 黒ベークのオクタル・ベースでGT 管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、およびTB-100の印刷がある。電圧調整範囲は、?0V、平均電流は、?mAです。

 全長は、90mm、最大径が32.4mmφで調査中です。


写真は、97%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
TBー650

 金属とベークのオクタ
ル・ベースでGT 管の安定抵抗
管です。

 ガラス管壁には、KSK、お
よびTB-650の印刷がある。
電圧調整範囲は、?0V、平
均電流は、?mAで、調査中
です。

 全長は、75mm、最大径
が32mmφです。

元箱入りのTB-650は、尾崎
逸郎氏からの寄贈品です。


写真は、110%です
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
8-4


 黒ベークのオクタル・ベースでGT
管の安定抵抗管です。

 ガラス管壁には、KSK、お
よび8ー4の印刷がある。電
圧調整範囲は、4.0〜12.0V、
平均電流は、940〜1010mA
です。管内のフィラメントは、
2枚のマイカ板により保持さ
れている。

 全長は、82mm、最大径
が32mmφです。


写真は、100%です。
KSK
(神永不二眞空工業株式会社)
R-100B

 黒ベークの7ピンベースで
ミニチュア管の安定抵抗管
です。

 ガラス管壁には、KSK、お
よびR-100Bと38.5製造の
印刷がある。電圧調整範囲
は、?0V、平均電流は、
?mA で、調査中です。

 全長は、50mm、最大径
が14.5mmφです。
KSK
R-100Bは
村松健彦氏か
らの寄贈品です。


写真は、150%です

              註: KSK 8-4は、大内田繁氏のご厚意による寄贈品です。
                  KSK R-100Bは、村松健彦氏のご厚意による寄贈品です。

5.AMPERITE 安定抵抗管


 AMPERITE製の安定抵抗管に関す規格表が現時点では、手許にありません。従って、以下は、手作りの規格表ですので、電圧範囲や平均電流に関しては、誤りや誤解があるかも知れません。予めご了承を下さい。

 右の写真のAMPERITE BALLAST 55-4の元箱には、”AUTOMATIC REGULATOR(自動調整管)"と”BALLAST RESISTANCE FOR AUTOMATIC REGULATION OF CURRENT AND VOLTAGE(電圧・電流の自動調整バラスト抵抗)”の説明文が書いてある。(125x43x43mm)


 





品  名 最大寸法
(全長x径、mm)
口 金 電圧範囲
(V)
平均電流
(mA)
備考
1-15 80x32 B8-6
6-1H 78x32 B8-6
6-3 80x32 B8-6
6-4 80x32 B8-6 4.5〜10.0 590〜635
10-4C 80x32 B8-6
10T1 110x44 B8-6
13-4 125x50 B8-6
17-3 115x42 B8-6
22-4 105x38 B8-6
55-4 120x38 A4-5
1・H-20 80x32 B8-6 ヒーターは、マイカ板巻き
2A12 80x32 B8-6 サーマル・リレー付
5TF4 80x32 8ピン
TJ601K01 80x32 B8-6 522
3V4 80x30 B8-6 6 12 頂部に6-12のエッチング
3W5 75x32 B8-6
KL-75 95x32 B8-6 熱伝対SW付


AMPERITE 1-15  AMPERITE 6-1H  AMPERITE 6-3   AMPERITE 6-4  
AMPERITE 10−4C AMPERITE 10T1 AMPERITE 13−4 AMPERITE 17-3
AMPERITE 22-4 AMPERITE 55-4 AMPERITE 1・H-20 AMPERITE 2A12
AMPERITE 5TF4 AMPERITE TJ601K01 AMPERITE 3V4 AMPERITE 3W5
AMPERITE KL-75


6.WESTERN ELECTRIC BALLAST LAMPS

 WESTERN ELECTRIC BALLAST LAMPSは、”WESTERN ELECTRIC TUBE DATA"、March 1994の第2版、ANTIQUE ELECTRONIC SUPPLY社の出版、7ページ”BALLAST LAMPS”より抜粋したものです。

品  名 最大寸法
(全長x径、mm)
口 金 電圧範囲
(V)
平均電流
(A)
備考
2A21    100x30   オクタル 6.5〜9.5 0.98〜1.01
4B 127x33 中型スクリュー 3.0〜9.5 1.08〜1.17
5A 127x60 中型スクリュー 3.0〜9.5 0.95〜1.01
5B 127x60 中型スクリュー 3.0〜9.5 1.08〜1.16
7A 85x32 中型スクリュー 3.0〜10.0 0.499〜0.530 円筒ガラス管
8A 85x32 中型スクリュー 3.0〜10.0 0.499〜0.525 円筒ガラス管
8B 70x32 中型スクリュー 3.0〜10.0
11B 100x23 2ピン 円筒ガラス管
12C 75x26 中型スクリュー 円筒ガラス管
13B 100x22 2ピン ? ? 円筒ガラス管
13G 100x25 2ピン 円筒ガラス管
13J 100x25 2ピン 円筒ガラス管
13L 105x23 2ピン 円筒ガラス管
13N 100x25 2ピン 円筒ガラス管
14A 80x29 B8-6 円筒ガラス管
111A 100x33 小型4ピン 1.0〜3.0 4.94〜5.46
117A 85x33 中型スクリュー 3.0〜10.0 0.478〜0.510
119A 157x63 中型4ピン 6.0〜18.0 1.90〜2.10
120A 100x33 小型4ピン 5.5〜12.0 0.386〜0.475
121B 100x33 小型4ピン 5.5〜12.0 0.765〜0.965
122A 100x33 小型4ピン 3.0〜7.5 1.65〜2.15
123A 157x63 小型4ピン 4.0〜12.0 2.50〜3.50
124A 197x54 モーグル・スクリュー 5.0〜12.0 8.2〜11.7
125A 195x54 モーグル・スクリュー 10.0〜60.0 1.60〜2.35
126B 105x38 中型スクリュー 5.5〜14.5 0.94〜1.00 ST管
127A 195x54 モーグル・スクリュー 25.0〜55.0 2.52〜2.88



WE 7A WE 8B WE 11B
WE 12C WE 13B WE 13G WE 13J
WE 13L WE 13N WE 14A WE 120A
       
WE 126B      


8.その他の BALLAST LAMPS

 以上の製造メーカー以外の安定抵抗管に関す規格表が現時点では、手許にありません。従って、以下は、手作りの規格表ですので、電圧範囲や平均電流に関しては、誤りや誤解があるかも知れません。予めご了承を下さい。

品  名 最大寸法
(全長x径、mm)
口 金 電圧範囲
(V)
平均電流
(mA)
備考
OBL-120DB 135x48 A4-5 OKI
300R4 105x35 A4-5 KADETTE
CR1250-1.5 75x32 B8-6 VICTREEN
K49C 80x32 B8-6 HYTRON、メタル管
4A1 100x38 A4-5 SYLVANIA
340 145x50 電球口金 PHILIPS
1910 102x32 B3 5ー15 1400 PHILIPS
H85-255/88a33 175x40 B4 8ー225 80? STV(STABILOVOLT)
U30 125x38 B8-6 70〜122.5 100 Mullard
1C2ー3D 95x30 A4-5 Silvertone
TYPE 6 100x38 A4-5 PHILCO
TJ801K-1 85x32 B8-6 AMPLEX
U2410-P 85x30 B22s 24 0.1 OSRAM URDOX
C1 110x38 8ピン 85ー200 0.2 PHILIPS MINIWATT
WE44 110x32 B4 20 1.1 RECTRON GMBH
WE? 110x32 B4 RECTRON GMBH
Unknown 90x32 B8-6 ROYAL


OKI OBL-120DB KADETTE 300R4 VICTREEN CR1250-1.5 HYTRON K49C
SYLVANIA 4A1 PHILIPS 1910 STV H85-255/88a33 Mullard U30
Silvertone 1C2-3D PHILCO TYPE 6 AMPLEX TJ801K-1 OSRAM URDOX U2410-P
PHILIPS C1 RECTRON GMBH WE44 RECTRON GMBH WE? UNKNOWN

9.CUNNINGHAM C−377

 最近入手したCUNNINGHAM C−377 PROTECTIVE TUBEは、次のような安定抵抗管でした。

 


元箱に大きさは、縦;60mm、横;40mmおよび奥行;40mmです。経年変化で一部は、破損をしていましたが裏打ちをして補修をしてあります。おかしな照明を施していますが、之はCG効果です。C-377 PROTECTIVE TUBEと同梱されていたINSTRUCTION SHEETには、両面刷りで、片面には、規格、説明、使用法、故障時の返却および特許事項などがこと細かく記載されています。

 規格は、20 mAの時、電圧降下は2.5/5 Volts
       90 mAの時、電圧降下は45/90 Volts
と規定されています。

 箱に記載されている特許の取得年に関しては、JAN 9、1912からJUNE 24、1924迄に16の特許が関係しています。従って、このC−377の設計は、1924年以降の製品と思われます。





 CUNNINGHAM Cー377 PROTECTIBE TUBEは、右の写真に示すとおり、ソケットは、ダブル・コンタクトのバイオネットです。ベースは、元々は真鍮製ですが、錆びて黒く錆びて変色をしていますが、フィラメントは健在です。

 Cー377の寸法は、全長が55mmで、最大径が34mmと小形の安定抵抗管で、使用方法はラジオ受信機専用と規定しております。

 また、INSTRUCTION SHEETの片面には、接続図が記載されています。之で判明することは、我々がラジオ受信機の眞空管のフィラメント回路に使用していた所謂”安定抵抗管”と異なりフィラメンのA電源および真空管のB電源までをも含めての保護用のバルブであることが分かりました。











 下の写真は、INSTRUCTION SHEETに記載されているC-377 PROTECTION TUBEの接続図です
                     


10.PHILIPS 340 安定抵抗管

 次に特大のPHILIPS 340 安定抵抗管を紹介しましょう。下記の写真に示すものですが、残念ながら、安定抵抗管としての特性は、不明です。頂部には、PHILIPS   INDUSTRIEおよび340の印字があります。また、元箱には。手書き鉛筆で”340,Ballast,Philips”と加筆されています。全長は145mm、最大径が50mmφです。ベースは、国産の安定抵抗管にも採用されている”電球口金”を採用しています。現在、この安定抵抗管を使用したヨーロッパのラジオ調査中です。


               
  







11.STV(STABILOVOLT社) H85-255 安定抵抗管

 ドイツのSTABILOVOLT社STV (STABILOVOLT)H85-255/80a33安定抵抗管は、、形状が大きいだけでなく、華麗な構造をしている。真空管内部に”七重の塔”が構築されているようです。

 これまでに紹介した何れの安定抵抗管よりも繊細で”物造りの巧”に充ち満ちた造形物です。ドイツのSTABILOVOLY社の製品と聞くと十分に納得が出来ます。このSTABILOVOLTの社名が後に安定抵抗管を”STABILO(スタビロ)”と一般的な呼称になったようです。不的確な推定でしたら、何方か是非ともご教授を下さい。





 上の写真に示すように、ガラス管壁に大きな表示が印刷されています。
 STV,STABILOVOLTの下にH85-255/80a33と印刷されている品名は、

電圧範囲;85ー255 V
電流;80mA
ベース;B3

外形寸法;175mmx40mmφ

ですが、”a33”は何を表示してあるか不明です。


 右の写真が”七重の塔”をイメージされる電極構造です。






12.OSRAM URDOX U2410ーP ウルドックスー抵抗管(安定抵抗管)


 OSRAM URDOX U240ーPは、B22s型バイオレット・ベースで,Uranium DioxcideUO二酸化ウラン)が封入されている安定抵抗管です。

 ”URDOX”は、Uranium DioxcideUO二酸化ウラン)よりの合成語でOSRAMが1936年に発売したラジオ受信機用真空管保護用にヒター電流の点火時の突入電通を制御するための”半導体”を使用した安定抵抗管です。

 通常の鉄ー水素の安定抵抗管は、
PTC ( Positive temperature coefficient、正温度係数 ) 特性で抵抗値が温度の上昇と共に増加するものです。

 この”URDOX
は、NTC ( Negative temperature coefficient、負温度係数 )特性で抵抗値が温度の上昇と共に減少するものです。勿論OSRAMでも、PTC特性のEisernーWiederstande(鉄ー抵抗)の安定抵抗管も製造していました。手持ちはありませんが、PTC特性のEisernーWiederstande(鉄ー抵抗)と”URDOX”を組み合わせた安定抵抗管もあります。下の規格表の”EU XV”がこれに相当しますが、手持ちにはありません。品種の”EU"は、EisernーWiederstande(鉄ー抵抗)と”URDOXの頭文字をとった略語でしょうか?

 左の写真の中央に水平に配置され両端をリングで保持されて、このリングの舌辺に溶接されている黒色の円筒状のものが”URDOX”で、Uranium DioxcideUO二酸化ウラン)からの商標登録です。また、中央の垂直のやや細い黒色の棒も保持の方法から同じくURDOX”でUranium DioxcideUO二酸化ウラン)と思います。

 右の写真は、ガラス管面に、”OSRAM URDOX U2410−P”の印字が見られます。全長は85mm、最大経が30mmφです。

 




下の表は”OSRAM URDOX und EisenーWiedrestande fur Rundfunkgerate(OSRAM ウルドックス とラジオ受信機用 鉄ー抵抗)”、OSRAM G.M.B.H. KOMMANDITGESELLSCHAFT、1939よりの抜粋です。

品 種 最高回路
許容電圧
Volt
電圧
Volt
電流
Amp.
寸 法
全長
mm
最大経
φmm
EU XV 240 40-80 0.1 40 100
U 1010/P 240 10 0.1 30 80
U 2410/P 240 24 0.1 30 80


閑話休題

 二酸化ウランと言えば、普通には、大体が原子力発電のウラン原料とか芸術品として鑑賞されるウラン・ガラスとか直近では米軍がイラク戦争で使用した対戦車攻撃の劣化ウラン弾とか余り良い思い出はないと思う。そこで、インターネットで幾つかの記事を見つけた。

原子力発電

 原子力発電に用いられている原子炉は,その冷却材の種類により軽水炉,重水炉,ガス炉に分類され、現在運転している原子炉は,国内で55 基(2005 年12 月末),全世界で434 基(2004 年12 月末)といわれています。 原子炉の中心をなす炉心は,多数の燃料集合体で構成されますが、二酸化ウラン燃料は,これら燃料集合体を構成する直径約1cm,長さ約4mの燃料棒に二酸化ウラン(UO2)ペレットの形で封入されます。二酸化ウラン燃料は,厳しい条件(高い発熱密度,長期間の燃焼等)下で使用され,使用中に変形・変質するらしい。.それにもかかわらず,いわゆる死の灰の外部環境への放出を防ぐため,核分裂生成物をUO2 ペレット内に閉じ込めることが期待されています。 

 このため,二酸化ウラン燃料は,高密度,高精度,厳格な湿分管理等の品質管理のもとで加工され,燃料棒に封入される. また,UO2 ペレット1 個で家庭用電力の約6 〜 8.5 月分の電力量を発生する能力があります。

ウラン・ガラス(Uranium glass)

 ウラン・ガラス(Uranium glass)とは、極微量のウランを着色材として加えたガラス製品です。美しく、妖しい蛍光緑色を発色します。ヨーロッパが発祥の地で、食器やさまざまな日常雑貨品が製造されました。

 ガラスにウランを混合して黄色や緑色の透明なウラン・ガラスが製造され始めたのは、1830年代で、ウランが原子力発電に使用されるようになる1940年代までの間に、コップや花瓶、各種アクセサリーなどのガラス製品ががヨーロッパおよびアメリカで大量に製造されました。現在では民間でウランを扱うことが難しいため、新たなものは極少量が生産されているに過ぎませんので、骨董・アンティークのコレクターの間で、高値で取引されています。「ウラン・ガラス(Uranglas)」はドイツ語読みで、英語では「バセリンガラス、または、ワセリンガラス(Vaseline glass)」と呼ばれています。黄色いウラン・ガラスの色がワセリン・クリーム色と似ているからとされています。

 ウラン・ガラスは、真っ暗闇の中で紫外線ランプ(ブラックライト)で照らすと、緑色に妖しく輝き、蛍光を発するという点です勿論、昔は紫外線ランプはなかっので、夜明け前の空が青色のとき、空には紫外線が満ちているので、この時、ウラン・ガラスは蛍光を放ちます。

 ガラスと言えば、真空管ですが、このウラン・ガラスは、大型真空管の端子取り出し口やステムの部分に使用されていることが広く知られています。

人体への影響

ウラン・ガラス」というと、放射線障害など危険なイメージで受け取られますが、実際のウラン使用率(含有率)は0.1%ほどであり、放射線は0.3マイクロキューリー程度で、人体への危険性は無いと考えられています。




参考資料

 1.”電子管の歴史 エレクトロニクスの生い立ち” 日本電子機械工業会 電子管史研究会編、”電子管の歴史 資料編”
 2.”NEC 電子部品 電子管規格一覧表”、1964年9月
 3.”東芝電子管ハンドブック 特殊管編(1)”、昭和38年9月10日
 4.”WESTERN ELECTRIC TUBE DATA"、March 1994、第2版、ANTIQUE ELECTRONIC SUPPLY社の出版、7ページ”BALLAST LAMPS
 5.”計測器に於ける バラストランプの使い方”、石原平典、日向常子共著、「電子計測」、昭和34年10月号、
 6.”OSRAM URDOX und EisenーWiedrestande fur Rundfunkgerate(OSRAM ウルドックス とラジオ受信機用 鉄ー抵抗)”、OSRAM G.M.B.H.
   KOMMANDITGESELLSCHAFT、1939
 7.”UrdoxーWiederstande Technishe Verwendung(ウルドックスー抵抗 技術的用途)”、 Verfasser;Dr.Wilfried meyer、Berlin、Archive Technisches Messen 
   ,Z117ー3Oktober 1938
 8.石原平典、日向常子著”計測器おける バラストランプの使いかた”、電子計測10月号
                                                                  以上