寄贈品[真空管]       
                                                                                (第14版;平成29年9月8日)


27. 山室圭三氏より真空管のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
マツダ US-6V6
ビーム出力管

マツダ US-6V6は、オクタル・ベースのメタル管で、ビーム出力増幅用真空管です。

RCAは、1937年終わり頃、出力電力が4.5Wのメタル管の6V6および6V6Gを先に発売した6L6の弟分として、一般受信機や中、小型増幅器に多く使用され従来の5極管の座を脅かしました。よく知られているように、1939年には、6V6GTが、1945年にはMT型の6AQ5等が後継のビーム真空管として開発されました。


マツダは、軍の要請により、昭和13年頃からRCAが発表した金属真空管の製造を開始し、昭和14年には完成をしました。US-6V6は、このシリーズの一品種です。

フィラメント電圧x電流は、6.3Vx0.45Aです。
全長x最大径は、83mmx33.2mmφです。


26. 尾崎逸郞氏より真空管のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
日立 BG-75-A
表示用ブラウン管

日立 BG-75-A住友真空管 SSF-75-G)は旧日本軍の電探表示用ブラウン管で、第二次世界大戦当時、初期のレーダー(電探)の表示用に使用されたブラウン管です。
BV-75Aは、BV-120Aの外形を75型に縮小したブラウン管です。詳細は不明で目下調査中です。


フィラメント電圧x電流は、2.5Vx2.1Aです。
全長x最大径は、265mmx72.7mmφです。
東京電気 UY-510B
電力増幅用5極管


東京電気 UY-510B黒色ベークの大型UYベースで、トップ・プレート端子の直感型、水晶発振或いは周波数逓倍、電力増幅用5極管です。

第3グリッド変調C級周波数増幅(電話)あるいはC級無線周波数増幅(電信)用出力用5極管として極めて能率が良い。プレート損失は20Wで、出力電力は約15Wです。

フィラメント電圧x電流は、6Vx1.05Aです。
全長x最大径は、160mmx53mmφです。
川西真空管 E-2053B
電力増幅用5極管


川西真空管 (株式会社 川西機械製作所) E-2053BセラミックとアルミUZベースの直管、電力増幅用5極管です。

ガラス面には、”川西のロゴ、昭和十九年拾弐月、No.7452B”の印字文字がよめる。

C級電話、陽極最大定格は次の通りです。
陽極直流電壓:500V
陽極直流電流:0.12A
出力電力:200W
フィラメント電圧x電流は、10Vx3.25Aです。
全長x最大径は、130mmx49.5mmφです。
JRC P112
電力増幅用5極管


JRC P112黒ベークのUZベースで、頂部にプレートとスクリーン・グリッド端子のある船舶用送信機の終段増幅用5極管です。

C級電話、陽極最大定格は次の通りです。
陽極直流電壓:600V
陽極直流電流:0.06A
出力電力:12W


プレート損失は12Wです。
2本の内、1本は、白化及びガラスが一部破損している。
フィラメント電圧x電流は、12Vx0.75Aです。
全長x最大径は、140mmx52mmφです。
住友真空管 MC-658-A
電圧増幅用5極管


住友真空管 MC-658-Aは、黒ベークのUZベースでST管の高gm(6,000)の電壓増幅用5極管です。

逓信省がVHF多重回線の中継用として従来の甲型,乙型の安定度を改良した丙型を計画し,さらに波長40-60cm (550-650MHz)のFM3通話路のUHF多重通信装置が戦時中から日本電気により製造され, 戦後に青森函館間で使用されていました。この受信機(V-18A)にはST管の(CZ-511相当)が15本中12本使われていました。
フィラメント電圧x電流は、6.3Vx0.6Aです。
全長x最大径は、125mmx38mmφです。
品川電機 MC-658-A
電圧増幅用5極管


品川電機 MC-658-Aは、黒ベークのUZベースでST管の高gm(6,000)の電壓増幅用5極管です。

逓信省がVHF多重回線の中継用として従来の甲型,乙型の安定度を改良した丙型を計画し,さらに波長40-60cm (550-650MHz)のFM3通話路のUHF多重通信装置が戦時中から日本電気により製造され, 戦後に青森函館間で使用されていました。この受信機(V-18A)にはST管の(CZ-511相当)が15本中12本使われていました。
フィラメント電圧x電流は、6.3Vx0.6Aです。
全長x最大径は、125mmx38mmφです。
 
マツダ UX-31
電力増幅用3極管


マツダ UX-31黒ベークのUXベースのST管で直流用電力増幅用3極管です。

ポータブル・ラジオ用電池管(初期の2V管)で,電力増幅用の3極出力管です。マツダ1935年の説明では、「マツダ真空管UX-31は、フィラメントが2Vの電池で動作する電力増幅用の3極真空管で、フィラメント電流は少なく極めて経済的である。」
と記述されています。


フィラメント電圧x電流は、2Vx0.13Aです。
全長x最大径は、105mmx38mmφです。
マツダ KZ-25Z5
整流用双2極管
(2本)



マツダ KZ-25Z5黒ベークのUZベースのST管で交直両ラジオの倍電壓整流用の双2極管です。

半波整流または倍電壓整流用の真空管で、例えば片方の極管部は+B電源用として、もう片方はフィールド型スピーカーに供給できます。

フィラメント電圧x電流は、24Vx0.3Aです。
全長x最大径は、105mmx38mmφです。
 
 
マツダ 24Z-K2
整流用双2極管


マツダ 24Z-K2黒ベークのUZベースのST管で交直両ラジオの倍電壓整流用の双2極管です。

 それまで米国由来の倍電圧整流用トランスレス球として25Z5などがあり国産化もされていた様ですが、ヒーター電流300mAで消費電力やロスも大きかったため、さらに節約型のヒーター電流150mAシリーズとして、昭和14(1939)年に東京電気(マツダ)がトランスレスラジオ用として開発した整流管が24Z-K2です。

フィラメント電圧x電流は、24Vx0.15Aです。
全長x最大径は、105mmx38mmφです。
 
マツダ Ut-6L7G
周波数変換用7極管


マツダ Ut-6L7G黒ベークのUtベース、トップ・グリッド端子のST管で周波数変換用7極管です。

ガラス管壁には、マツダのロゴとUt-6l7Gの印字及びベースには、マツダの刻印文字がある。ガラス管壁内部にはアクアダックが塗布されている。

フィラメント電圧x電流は、6.3Vx0.3Aです。
全長x最大径は、115mmx38mmφです。
 
マツダ KX-12B
整流用2極管


マツダ KX-12B黒ベークのUXベースで整流用2極管です。
日本独特のラジオ用直熱型半波整流管で、マツダがKX-112B(1930年12月発売)の外形を翌年2月にST菅に変更した真空管です。

フィラメント電圧x電流は5Vx0.5Aです。
全長x最大径は、105mmx38mmφです。

マツダ ソラ
万能型5極管(4本)


マツダ 万能型 ソラ黒ベースのオクタル・ベースのGT管で東芝がRH-2(gm=2,000)を原型として1943年頃に軍の要請により開発した万能型5極管です。

電極下部のステム部にグラファイトが塗布され、ガラス面のゲッタ膜とともにグランド電位に落とすことによって、ゲッタ膜による浮遊容量を低減し、Cgpを現象させている。


フィラメント電圧x電流は、12.6Vx0.18Aです。
全長x最大径は、80mmx33mmφです。

 
JRC FM2A05A
万能型5極管(2本)


JRC FM2A05Aオクタル・ベースのM-G管で、TelehunkenのNF-5をベースにJRCが開発・製造し海軍の航空機用通信機に使用された万能型5極管です。

その後、歩留まりの悪さを挽回するため、川西機械、松下電器、住友通信灘が生産した


フィラメント電圧x電流は、12.6Vx0.32Aです。
全長x最大径は、88mmx33mmφです。
 
 

マツダ RH-8
高周波増幅5極管
(4本、但し1本F断)

マツダ RH-8は、オクタル・ベースの鉄製シールド・ケースが覆われたM-G管で、高gm(8,000)高周波増幅用5極管です。当時、gm=8,000を実現するのは非常に難しく、良品をは極めて少なかった云われています。

シールド・ケースの頂部の穴は、フィラメントの點火を確認するために設けられています。

フィラメント電圧x電流は、12.6Vx0.252Aです。
全長x最大径は、80mmx30mmφです。

 
 
マツダ RH-4
高周波増幅5極管


マツダ RH-4は、オクタル・ベースの鉄製シールド・ケースが覆われたM-G管で、gm(4,000)高周波増幅用5極管です。

シールド・ケースの頂部の穴は、フィラメントの點火を確認するために設けられています。

フィラメント電圧x電流は、12.6Vx0.252Aです。
全長x最大径は、80mmx30mmφです。
 
マツダ RH-2
高周波増幅5極管

(4本)
マツダ RH-4は、オクタル・ベースの鉄製シールド・ケースが覆われたM-G管で、gm(2,000)高周波増幅用5極管です。後に、万能管ソラの原型となった真空管です。

シールド・ケースの頂部の穴は、フィラメントの點火を確認するために設けられています。

フィラメント電圧x電流は、12.6Vx0.252Aです。
全長x最大径は、80mmx30mmφです。
 
 
住友真空管 MC-804-A
発振増幅3極5極管


住友真空管 MC-804-Aは、オクタル・ベースのメタル管でトップ・グリッド端子の発振増幅用3極5極管です。

住友真空管 MC-804-Aは、マツダ(東京芝浦電気) US-6F7Aと同等ですが、それぞれ個別の名称で軍に納入されました。


フィラメント電圧x電流は、6.3Vx0.3Aです。
全長x最大径は、78mmx30mmφで

マツダ US-6J5
発振増幅3極管
(5本)

マツダ US-6J5Aは、オクタル・ベースのメタル管で発振増幅用3極管です。

我が国では、1936年(昭和11年)には、全金属真空管(メタル管)の試作に成功しました。

当初は良品率1%程度と云われていました。1938年(昭和13年)住友真空管 MC-804-Aは、マツダ(東京11年)から量産が可能になりましたが、主として海軍に納入されて、僅かな量が陸軍や官公庁用にされたのみで、市販はされませんでした。

フィラメント電圧x電流は、6.3Vx0.3Aです。
全長x最大径は、65mmx30mmφで

 

マツダ US-6Q7
検波増幅5極管


マツダ US-6Q7は、オクタル・ベースのメタル管で、トップに3極管部のグリッド端子がもうけられた双2極3極管です。

当初は良品率1%程度と云われていました。1938年(昭和13年)住友真空管 MC-804-Aは、マツダ(東京11年)から量産が可能になりましたが、主として海軍に納入されて、僅かな量が陸軍や官公庁用にされたのみで、市販はされませんでした。

フィラメント電圧x電流は、6.3Vx0.3Aです。
全長x最大径は、75mmx30mmφで

マツダ US-6J7
双2極3極管


マツダ US-6Q7は、オクタル・ベースのメタル管で、トップ・グリッド端子のあるシャープカットオフ型の検波増幅用5極管です。

ラジオ受信機のバイアス型検波または高利得音声増幅器に使用される。


フィラメント電圧x電流は、6.3Vx0.3Aです。
全長x最大径は、75mmx32.5mmφで

SELENA TUBE KX-12F
半波整流器


SELENA TUBE KX-12Fは、UXベース(3ピン)で、内部にセレン整流器と思われる3本の筒が挿入され、円筒のアルミケースが被せられている。

真空管 KX-12Fと差し替えが出来る。当時、真空管から半導体への転換期で、この様な整流用真空管と差し替え可能な整流器が販売された。

円筒アルミケースの頂部には、冷却用と思われる7ヶの小穴が開いている。アルミ円筒ケースには、”SELENA TUBE KX12F”の浮き彫り文字が読める。

全長x最大径は、110mmx35.55mmφで

 以上の真空管の他、下記の真空管のご寄贈を頂きました。

1.TEN 6H6ーGT(双2極管)      2本
2.TEN 6V6-GT(ビーム出力管)   1本
3.RAYTHEON 12A6ーGT(ビーム管)1本
4.HORIZON 6SK7-GT(5極管)   1本
5.TEN 6AC7-GT(5極管)      1本
6.NEC 6SJ7-GT(5極管)      1本
7.TEN 6SD7-GT(5極管)      1本
8.JRC P112、NEC KX-12F、NEC      6SK7-GT、不明 双2極3極管
は、それぞ   れ1本は、ガラス容器が破損またはフィラメ  ントが断線でした。

  


25. 高橋和雄氏より真空管のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
RCA 6L6
ビーム出力管

RCA 6L6は、オクタル・ベースのメタル管で、ビーム出力増幅用真空管です。

RCA 6L6は、1936年に開発されたメタル管のビーム出力増幅用真空管ですが、翌年の1937年には,オクタル・ベースのガラス管の6L6-G, 6L6-GX,タイト・ベース, Hytron), 6L6-GA等が発売されています。
6L6-Gをトップ・プレート端子とした送信管807も登場しています。日本でも戦前に
6L6-Gのベースを6ピンSTに取り替えたUZ-6L6-Aとして製造されました。
その後、1940年には送信管UY-807も製造されました。


フィラメント電圧x電流は、6.3Vx0.9Aです。
全長x最大径は、158mmx40mmφです。

24. 山肩昭夫氏より真空管のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 

Toshiba :50R-P28(1本)

Toshiba 50R-P28は、珍しい9T9(ネオノーバル)管ですが、原型はSylvaniaの7695です。

オーディオ装置の出力管として設計され、我が国では東芝や新日本電気が製造した真空管です。

ACラインからの倍電圧整流からの電壓で8Wの出力電力を得ることが出来る高性能なオーディオ出力管です。

JIS/CES5極出力管シリーズとしては、初の9T9管を採用したもので、外形,最大定格,出力ともに最大級の真空管です。

フィラメント電圧x電流は、50Vx0.15Aです。
全長x最大径は、75mmx28.2mmφです。




23. 高橋和雄氏より真空管一式のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 

左写真の通りです。(各1本)

1.KEN-RAD:6SH7(メタル管)
2.RCA:6SL7
3.Toshiba:6CL6
4.Toshiba:6EW8
5.Toshiba:6BM8
6.ナショナル:6AB8
7.Unknown:6CW5
8.Unknown:5763

22. 山肩昭夫氏より真空管一式のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
JRC
4B20
電力増幅用ビーム4極管

JRC 4B20は,大型4ピン・ベースのトップ・プレート端子、プレート損失が100Wの空冷ビーム4極管です。ラジ100W放送機に使用されました。Philips社のQE08/200相当管で1960年に開発されました。


JRC 4B20は、山肩昭夫氏のご厚意による寄贈品です。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx1.9A
全長x最大径:140mmx59.53mmφ

  Eimac
227A
パルス変調用3極管

Eimac 227A
,プレートおよびグリッドは、ガラス管側面から対照的に2本の端子が取り付けられ、フィラメント端子はガラス容器の下部から取り出されたVHF帯のレーダーのパルス変調用3極管です。
30年代後半に、Eimac社は、VHFバンドで初期のレーダーのパルス変調用真空管として開発しました。
初期のレーダー・システムの200MHz用のリング変調器では4本の227A賀使用され、1938年頃、米国海軍向けSC-1とSK-1として製作されました。

Eimac 227Aは、山肩昭夫氏のご厚意による寄贈品です。


フィラメント電圧x電流:10.5Vx10.7A
全長x最大径:140mmx100mmφ

  OMNI-WAVE
MPT-47
受信機保護管

OMNIーWAVE MPT-47
は、放射線物質 Kr-85(クリプトン 85)を内蔵するジュisン機保護管です。ガラス管面には、”U8040、OMNI-WAVE、MPT-47、MADE In U.S.A."の文字および”放射線危険マークとKR85”の印字がある。

Eimac 227Aは、山肩昭夫氏のご厚意による寄贈品です。


フィラメント電圧x電流:ーVxーA
全長x最大径:85mmx38mmφ
SYLVANIA
1B63A
(T-R管)

SYLVANIA 1B63A
は、矩形導波管型の広帯域バンドのT-R管です。
アンテナからのマイクロ波を送信および受信用に切り換え用に使用するT-R管です。
周波数範囲は、6490~9578 MHzです。


EYLVANIA 1B63Aは、山肩昭夫氏のご厚意による寄贈品です。


フィラメント電圧x電流:ーVxーA
全長x最大径:40mmx40mmφ
RCA
2C40
プレナー3極管

RCA 2C40は,オクタル・ベースのLighthouse planar(ライトハウス・プレナー型)、3.75 GHzまでの増幅・発振用3極管です。
パルス運用では、200Wが得られます。

RCA 2C40は、山肩昭夫氏のご厚意による寄贈品です。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.3A
全長x最大径:62mmx32.5mmφ
RCA
OZ4
冷陰極2極管

RCA 0Z4は、小型オクタルベース、ミニチュア容器の冷陰極整流管です。主に車載用バイブレータ型のB電源供給用に使用されました。 スターター電極とイオン加熱カソードがあります。 整流器の固有ノイズを低減するには、ソケット端子にRFフィルタ回路を配置する必要があります。 3090mAの直流電流電源として使用できます

RCA OZ4は、山肩昭夫氏のご厚意による寄贈品です。

フィラメント電圧x電流:ーVxーA
全長x最大径:62mmx26.55mmφ
  RCA
1P40
光電管

RCA 1P40は、特殊オクタル・ベースの光電管で、RCA 930に特性が類似していますが、1P40は、非吸湿性のオクタル・ベースが採用されていることで、高湿度の悪条件下で、従来のベースより約10倍高いアノ^ド・ピンとカソ^ド・ピン間の抵抗値が確保できます。

RCA 1P40は、山肩昭夫氏のご厚意による寄贈品です。

フィラメント電圧x電流:ーVxーA
全長x最大径:70mmx31.7mmφ

TOYO
6RーE13
同調指示管

TOYO 6R-E13は、9ピンのミニチュア管で、ガrス側面表示の同調指示管です。
Philips社の
EM84と6R-E13の相違点は端にピン配列が違うだけです。


TOYO 6R-E13は、山肩昭夫氏のご厚意による寄贈品です。

フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.2A
全長x最大径:75mmx207mmφ



21. 山室圭三氏より真空管一式のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
住友真空管
MB-850
高周波増幅用高Gm5極管

住友真空管 MB-850は,戦時中に製造されたオクタル・ベースの金属真空管の高周波増幅用高Gm5極管です。
製造年月日と試験番号が印刷された紙ラベルが貼ってあるが、経年変化で文字の判読ができない。
戦時中に生産されたこれら全金属真空管は、陸海軍の通信機やレーダー装置用に供給され、民間が使用できる市場には現れなかった。

住友真空管 MB-850は、山室圭三氏のご厚意による寄贈品です。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.5A
全長x最大径:65mmx32.3mmφ

  住友真空管
MB-850
高周波増幅用高Gm5極管

住友真空管 MB-850は、日本で戦後に製造された唯一つのオクタル・ベースの金属真空管の高周波増幅用高Gm5極管です。
戦時中に生産されたMB-850全金属真空管は、陸海軍の通信機やレーダー装置用に供給され、民間が使用できる市場には現れなかった。
しかし戦後、金属真空管の製造設備がB29の爆撃から免れたため.民需用製品に使用目的で製造された。
詳細は、NEC 電気通信総合技術、No.1 Oct. 1948、pp18~23の原島治、小関賢三、川田武雄、佐藤雪男”金属真空管  MB-850” に詳しく述べられている。


住友真空管 MB-850は、山室圭三氏のご厚意による寄贈品です。

フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.5A
全長x最大径:65mmx32.3mmφ
Nippon Electric
MB-655-A
(5極管)

Nippon Electric MBー655-A CZ-504ーD)は、1938年~1939年頃に開発した出力用5極管で、英国STC/Brimarの7A2を手本に独自に開発した真空管です。
7A2は、RCAの42を通信管向きに改造したものと思われ、42に類似した特性を持つている。
1939年にユーザーである逓信省(電信電話会社 NTT)が標準品として制定しCZ-504-Dと言う名称になった。
MB-565-Aは、日本電気の 社内名称である。
    

住友真空管 MB-855-A(CZ-504-D)は、山室圭三氏のご厚意による寄贈品です。

フィラメント電圧x電流:5.5Vx1.0A
全長x最大径:110mmx44mmφ

Nippon Electric
MB-655-D
(5極管)

Nippon Electric MBー655-D(CZ-504ーV)は、所謂”レッド・チュ-ブと呼称され、当時の電気通信省や電波長で多量に使用され手いたことが玉川事業所の当時の池澤茂氏により”NEC 電気通信総合技術”の第9号、”無線用通信管(レッソ・チューブ)”に発表されています。
無線用通信管 MB-655-D (CZ-504-D)は無線機の使用に便利なようにヒーター電圧を.3Vに変更した結果、末尾のD(電流ベースで1Aを流す)、又もじのV(電圧ベース)を示すものです。
ガラス管壁には、”Nippon Electric、Made in Japan、CZ-504-V、(MB-655-D)、
NECロゴ、1950-4,NK"の印字がある。

住友真空管 MB-655D(CZ-504-V)は、山室圭三氏のご厚意による寄贈品です。
フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.9A
全長x最大径:120mmx44mmφ
Nippon Electric
MB-655-A
(5極管)

Nippon Electric MBー655-A CZ-504ーD)は、1938年~1939年頃に開発した出力用5極管で、英国STC/Brimarの7A2を手本に独自に開発した真空管です。
7A2は、RCAの42を通信管向きに改造したものと思われ、42に類似した特性を持つている。
1939年にユーザーである逓信省(電信電話会社 NTT)が標準品として制定しCZ-504-Dと言う名称になった。サンプルのMB-565-Aは、開発当初のもので、ベースも短く、電極構造は後期のものと異なり、7A2と同じ電極構造です。


住友真空管 MB-655-A(CZ-504-D)は、山室圭三氏のご厚意による寄贈品です。

フィラメント電圧x電流:5.5Vx1.0A
全長x最大径:110mmx44mmφ


20. 山室圭三氏より真空管一式のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
 マツダ USー6N7(6SN7GT相当管)
B級電力増幅用3極管

マツダ US-6N7(6SN7GT相当管)は、オクタル
ベースのメタル(All-Metal)管でB級電力増幅用
双3極管です。金属表面には、”US-6N7"および
製造年月の”昭和18年12月”の赤字印刷がり、
背面には、”マツダ”ロゴ及び海軍の””マーク
の赤字印刷がある。

ヒーターとカソードが共通の高ミューの3極管が2
個挿入されており、2個の3極管を並列接続してA1
動作もできる。尚、マツダ UT-53は、ST管の相
当品です。

マツダ US-6N7は、山室圭三氏のご厚意によ
る寄贈品です。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.8A
全長x最大径:99.8mmx32.27mmφ

 マツダ KS-6H6
検波用双2極管

マツダ KS-6H6は、オクタル・ベースのメタル管
で検波用の双2極管です。が国では、昭和11年
 (1936年)に、早くも全金属眞空管(メタル管)の
試作に成功しました。当初は、生産効率が悪く、
良品率は1%程度と言われていました。やっと、
昭和13年(1938年)から量産が可能となりました
が、主として海軍に納入されて、わずかな量が陸
軍や官庁用に納入されたのみで、一般には市販
されませんでした

製造されたメタル管の種類は、多くありませんが
、製造設備の関係で東京電気と住友通信工業の
2社に限定されていました。 メタル管KS-6H6、
この内の1品種です。メタルの表面には、昭和18
年11月製造の印字があります。

マツダ KS-6H6は、山室圭三氏のご厚意による
寄贈品です。

フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.3A
全長x最大径:40mmx30mmφ

  マツダ UT-53
B級電力増幅用3極管

マツダ UT-53は、7ピン・ベースのST管でゼロ
バイアスB級PP用の双3極管でです。
1935年に米国で開発され、マツダが1937年に国
産化をしました。
同じく、米国ではメタル管の6N7が開発され、日
本では
、マツダがUS-6N7として製造しました。

マツダ UT-53は、山室圭三氏のご厚意による
寄贈品です。

フィラメント電圧x電流:2.5Vx2A
全長x最大径:110mmx45mmφ



19. 世古名知夫氏より真空管一式のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
  NEC 4B13(813相当管)
発振、増幅、変調用ビーム管

NEC 4B13(813)は、トップ・プレート端
子のバイオネット大型7ピン金属ベースで
直管(T-20)の発振、増幅、変調用空冷ビ
ーム管です。フィラメントは、トリエーテッド
・タングステンです。カーボン成型のプレー
ト電極は、楕円同軸型で上下のセラミック
板により支持されている。プレート電極から
上下に突出している電極は、ビーム形成
電極です。サンプルのガラス管壁には、
”NEC"のロゴと管名の”4B13"、”813”も
印字されている。
高真空でゲッターが使用されていないため
、ガラス管内壁が綺麗で電極構造がよく
観察できる。4B13は、RF電力増幅器、発
振器およびAF電力増幅器と変調器などに
使用するために設計された送信用真空管
です。

フィラメント電圧x電流:10Vx25A
全長x最大径:185mmx65.7mmφ
  CETRON 
572B/T160L
電力増幅、発振、変調用3極管


CETRON 572B/T120L
は、黒ベークUX
ベース、ST型のストレート管、トップ・プレー
ト端子付きの電力増幅、発振、変調用空
冷式3極管です。プレート電極は、カーボン
成型型で、フィラメントは、トリーエーテッド・
タングテンで上下にM型に張られている。
YAESU FL-2100B真空管リニアアンプには
、2本を終段増幅管として使用している
。CETRONの真空管カタログでは”Direct
replacement for 811A”の表記がある

フィラメント電圧x電流は、6.3Vx4A
全長x最大径は、165mm52mmφ

  マツダ UX-54
空間電荷4極管

マツダ UX-54は、特殊構造による空
間電荷グリッド4極管で10
14A
度までの微少電流を測定するため特
に設計されたものです。ガラス管壁
には。海軍の錨マークおよび
N0.2060
の印字があるり、戦時中に製造され
た真空管です。
UX-54の後にUX-54A
および
UX-54Bが改良開発されている。
UX-54Aは,UX-54 (Ef2.5V, If0.1A)
フィラメント規格違いで,フィラメ
ント以外の特性は全て同じです。
UX-54Bは、旧型のUX-54Aに比較して
入力インピーダンスを更に高くして
測定の精度を上げたものです。
UX-54
は、
UXベースの円筒ガラス管でトップ遮
蔽グリッドの特殊構造の真空管です
。ステム・リード線からの微少直流電
流のリークを防止するため、特殊
2
ガラスのビーズにより空間電荷グリ
ッドが第1グリッドで制御グリッと第
2グリッドとなっている。

フィラメント電圧X電流;2.0V0.05A
全長x最大径;
156mm40mmφ
  TEN  35C5
ビーム管

TEN 35C5は、ミニチュア管の7ピ
ベース、B7Gで受信器の音声増幅用
ビーム電量増幅管です。
トランスレス用の出力管としては最初で、高パー
ビアンス、B電源が100V程度でも1W以上の出
力がある。日本では比較的古いトランスレス
ラジオに使われている。この球を入れて5球スー
パーを作ろうとすると、真空管は,
12BE6-12B
A6-12AV6-35C5-35W4
となる。30A5
と差し替えができる。

フィラメント電圧x電流:35V0.15A
全長x最
大径:83mm18.5mφ

  KEN-RAD  6L7
7極管


KEN-RAD 6L7/VT8は、オクタル・ベース
k8A
、 トップ・グリッドのメタル管の2つの
グリッドがシールドされている多極(5グリ
ッド)の7極管です。
スーパーへテロダイン受信器の周波数ミ
キサーとして使用されます。


フィラメント電圧x電流:6.3V0.3A
全長x最大径:
75mm32.4mmφ
  GENERAL ELECTRIC  6L7
7極管


GENERAL ELECTRIC 6L7/VT87
、オクタル・ベース、K8Aトップ・グリッドの
メタル管の2つのグリッドがシールドされ
ている多極(5グリッド)の7極管です。
スーパーへテロダイン受信器の周波数ミ
キサーとして使用されます。


フィラメント電圧x電流:6.3V0.3A
全長x最大径:
75mm32.4mmφ
   RCA VT86
5極管

RCA VT86/6K7は、オクタル・ベースK8A
,トップ・グリッドのバリミュー型RF/IF増幅
用のメタル5極管です。

フィラメント電圧x電流 6.3Vx0.3A
全長x最大径:75mmx32.7mmφ

  KEN-RAD 32
5極管

KENーRAD 32は、シャープカットオフの4
極管です。RCAが1930~1932年に可搬
ラジオ用の電池管シリーズ開発しました
。プレートは円筒形だが、グリッドは、扁
平面とプレートとの間隔が長く、半円筒
状のガラあき空間が両側に広々と見える
。電池管とはいえ、このシリーズの球は
概して、交流をフィラメント電圧 2V として出力
管以外、電流は60mAです。


フィラメント電圧x電流:2Vx0.06A
全長x最大径は、124mm44mmφ

  PHILIPS   EF6
5極管


PHILIPS MINIWATT EF6は、ヨートッ
パ標準サイド・コンタクト のP8A、トップ・
プレート端子のST型の赤色スプレーのAF
/IF増幅及びグリッド検波用のHF用の5
極真空管です。


ィラメント電圧x電流:6.3x0.2A
全長x最大径:90
mm32mmφ
  PHILIPS   EF9
5極管


PHILIPS MINIWATT EF9は、ヨートッ
パ標準サイド・コンタクト のP8A、トップ・
プレート端子のST型の赤色スプレーのAF
/IF増幅及びグリッド検波用のHF用の可
変μ型の5極真 空管です。


ィラメント電圧x電流:6.3x0.2A
全長x最大径:90
mm32mmφ
  RAYTHEON  RKR-7
半波整流管

RAYTHEON RKR-72は、黒ベークのバ
イオネット4ピンUX
ベースでトップ・プレー
トの半波整流管です。最大定格は、ピ

ク逆電圧:20,000V、ピーク・プレート電流:100mA、平均プ
レート電流:20mAです。
フィラメントは、トリエーテッド・タングステン
です。



フィラメント電圧x電流:2.5V3.0A
全長x最大径は、123mm38.3mmφ
  RUSSIAN Valve 6N3C
ビーム管

Russian Valve 6N3C/6P35/6L6GC
は、オクタルベース
のGT管でAF増幅用
ビーム管です



フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.9A
全長x最大径は、110mmx37.5mmφ




18. 原田直記氏より真空管一式のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
  RCA 5693(6SJ7相当管)
RF増幅用5極管

RCA 5693は、1948年にRCAから発表さ
れた5691、5692および5693の所謂スペ
シャル・レッド・チューブのシリーズの真空
管です。
これらは、それぞれ6SL7GT ,6SN'GTお
よび6SJ7に相当するもので、長時間(10
000時間)、耐衝撃(500G)、耐震(2.5G)
の要求を満たすものでした。
全体が鮮やかな赤色ロに塗装されてい
ます。その後、高信頼管は世界の主要
真空管メーカーで作られましたが、米国
ではレイセオンの製品、GEのファイブ・ス
ター・ブランドなど、また欧州ではフィリッ
プスのSQ管、STCの製品などが有名です。

フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.3A
全長x最大径:65mmx32.7mmφ

  RCA 6SJ7
RF増幅用5極管

General Electric 6SJ7は、オクタル・ベー
スのメタル管で音声および高周波増幅用
の5極管です。

サンプルの金属側面には、”WARNING”と
して、PIN #1 CONNECTED TO BASE
SHELL. DISCONNECT POWER BEFORE
REMOVING の表示がある。

フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.3A
全長x最大径:65mmx32.7mmφ

  RAYTHEON 1007
整流管

RATHEON 1007は、オクタル・べースの
金属ケースに収容されたイオン加熱型の
エミッターであるため、フィラメント電源を使用
しなくても 、30mA以上.最高逆耐圧電圧
が1200V 最高逆耐圧電圧、最高直流電
流 110mA , ピーク陽極電流が510mA と
して使用することができます。

フィラメント電圧x電流:1Vx1.2AA
全長x最大径:65mmx31.8mmφ



17. 藤岡清登氏より真空管一式(梱包-3)のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

 写真 
 
 ご寄贈を頂いた真空管  
製造メーカー名   真空管 員数(本)  右の表に掲載した真空管の他に、上の写真で示す様にサブ・
ミニチュアなど合計10本の寄贈を頂きました。 
 
  
NEC 11V652 1 
Tshiba 4B13
Amperex  5894  1 
Bomac  6130   1 
Eimac 4-65A  1 
Eimac  4CX250B  1 
Eimac 4X150G  1 
General Electric 2C43  1 
General Electric 7984  2 
General Electric  814  1 
General Electric GL-7391 
Ken-rad  832  1 
Machlett 2C39WA  2 
Machett 2C39A  1 
Marshall Electric  3C24 
Mullard  E1T  1 
Mullard Z303C 
PHILIPS  E1T  1
Raytheon  2k25  1 
Raytheon 2K48 
Raytheon  5840W  4 
RCA  815 2 
RCA 8025A  1 
SFR PV1  1 
Valve Wireless CV58  2 
Western Electric 717A
Westinghouse  481B  1 
General Electric 2B22 
Raytheon  7978   1
   NEC 11V652
内部空洞付き反射型クライストロン

NEC 11V652は、特殊3ピン付きベースの矩形導
波管出力端子のある内部空洞付き反射型クライス
トロンです。このサンプルは、平成6年8月29日当時
、旧日本電信電話株式会社(NTT)の中継装置に
使用されていたクライストロンです。

サンプルは、12,000MHz帯の連続波発振が可能で
11,700MHzにおける出力電力は約550mWです。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.6A
全長x最大径:85mmx40mmφ
   Toshiba 4B13(813相当)
発振、増幅、変調用空冷ビーム管

Toshiba 4B13(813)は、トップ・プレ0-ト端子の
バイオネット・大型ピン付きの中型金属ベース、直管
(T-20)の発振、増幅、変調用空冷ビーム管です。

フィラメントは、トリエーテッド・タングステンです。プ
レート電極は、楕円形同軸型で上下のセラミック板
により指示されている。プレート電極から上下には
み出している電極は、ビーム形成電極です。

サンプルのガラス管壁には、”Toshiba”のマークと
管名の”4B13”の下に”
813”も印字されている。


高真空管で、ゲッターは使用されていないため、ガ
ラ管が綺麗で内部の電極構造が良く観察できる。

4B13は、RF電力増幅器、発振器並びにAF電力増
幅器と変調器などに使用するために設計された送
信用真空管です。変調増幅用およびCW増幅用で
は、ICAS条件下で最大125W、CCS条件下では100
Wのプレート損失です。


フィラメント電圧x電流:10Vx25A
全長x最大径:185mmx657mmφ
Amperex 5894
発振、増幅、変調用空冷ビーム管

Amperex 5894は、7ピンのB7Aベース、2本のト
ップ・プレ-ト端子の、直管の送信用電力増幅器、
周波数逓倍器および
クラスB変調器用の双ビーム
管です。


ヒター電源として、車載用バッテリの12Vが使用で
いる様に設計されています。フィラメントはセンター・
タップ付きで、12.6V/6.3Vに使用できる。

プレートは、外側にベンドした板構造で、対向して配置され、それぞれのトップ電極リード棒により支持されている。


フィラメント電圧x電流:12.6/6.3Vx0.9/1.6A
全長x最大径:104mmx46.8mmφ
Bomac 6130
水素サイラトロン

Bomac 6130は、茶色の低損失フェノール製のベ
ースで、トップ・プレート、直管のパルス出力用水素
サイラトロンです。

ユニポテンシャル・カソードの3極管で、回路の放電
用に設計された真空管です。、用途は55kWのパ
ルス出力用に適し、平均電力は、65W以上です。

電気的特性は3C45と同等で、特殊なトップ・プレー
ト端子は、高度(high altitude)での動作を考慮され
ています。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx2.25A
全長x最大径:124mmx38.5mmφ
Eimac 4-65A
送信用放射冷却ビーム管

Eimac 4-65Aは、特殊5ピン・ベースのトップ・プレー
ト端子の小型放射冷却の送信用ビーム4極管です。最大プレート損失は、65Wで最高周波数は、150
MHzです。

プレート電極は、円筒同軸型で動作中はプレートを
ピンク色になる様に使用することができる。(放射
冷却方式を採用している)

4-65Aは、FM、C級増幅または電信用増幅には
中和回路がなくても110MHzまで動作させることが
できる。 .


フィラメント電圧x電流:6Vx3.5A
全長x最大径:105mmx57.5mmφ
Eimac 4CX-250B/7203
送信用強制冷却ビーム管

Eimac 4CX-250B/7203は、特殊9ピン・ベース
(JEDEC -B8-236)のセラミック/メタルの強制空冷
方式の送信用ビーム4極管です。最大プレート損失
は、250Wで最高周波数は、500MHz(CW)です。


フィラメント電圧x電流:6Vx2.6A
全長x最大径:62.5mmx41.75mmφ
Eimac 4X-150G/8172
送信用強制冷却ビーム管

Eimac 4CX-250B/8172は、同軸構造のUHF向
けの高周波増幅器、周波数逓倍器、または発振
器用の強制冷却用ビーム4極管です。


最大プレート損失は、140Wで最高周波数は、500
MHz(CW)です。


フィラメント電圧x電流:2.5Vx6.25A
全長x最大径:67mmx41.4mmφ
General Electric 2C43
UHF用発振、増幅3極管

General Electric 2C43は、オクタル・ベース
のプレナー構造のUHF用RF発振器、C級RF増幅器
、A級増幅の3極管です。

サンプルの様に、形状から一般的に”ライトハウス・
チューブ
”と呼ばれている。プレナー構造とは、扁平
なカソードと狭い間隔でメッシュ・グリッドが配置され
、同様に扁平なプレートがメッシュ・グリッドの反対
側に位置されている。

トップ・キャップはプレート端子で、で中間のリングは
グリット端子です。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.8A
全長x最大径:67mmx32.5mmφ
General Electric 7984
移動通信用RF出力増幅ビーム5極管

General Electric 7984は、12ピン・ベース
のコンパクトロン構造の移動通信用RF出力増幅の
ビーム5極管です。

移動通信用送信機に使用した場合、周波数が175
MHzで出力は46Wです。

コンパクトロン構造の特徴としては、
①シングル・エンド構造である。
②小型化されたため、内部のリード線が短くなった
等がある。



フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.8A
全長x最大径:70mmx37.5mmφ
General Electric 814
送信用RF出力増幅ビーム管

General Electric 814は、中型の5ピン・マイカ
ノール・ベースの直管(T-16)の送信用RF出力増幅
ビーム管です。

プレート電極は、矩形(縦:30mmx横:23mmx長さ
:40mm)の矩形構造で送信管らしい頑丈な構造で
作られている。フィラメントは、トリエーテッド・タング
ステンのM型で上部の2点で、スプリングにより支
している。

814の最大定格は、CCS条件下では次の通りです。
( )内はICAS条件下を示す。
プレート電圧:1250(1500)V
No.2グリッド電圧:400(400)V
プレート電流:60(60)mA
プレート損失:50(60)W


フィラメント電圧x電流:10Vx3.25A
全長x最大径:191mmx50.5mmφ
General Electric 7391
C級G-G用プレナー3極管

General Electric 7391は、メタル・セラミックの
プレナー電極構造を採用した周波数が6,000MHz
、C級G-G(Grounded - Grid)動作の3極管です。

プレナー構造とは、扁平なカソードと狭い間隔でメ
ッシュ・グリッドが配置され、同様に扁平なプレート
がメッシュ・グリッドの反対側に位置されている。

特殊動作試験は次の通りです:
Ef=6.3 Volts、Eb=150 Volts、Rg=2000 ohms、Ib=
15±0.5 mA、F=5,400 MHz、Output=Min.30 Watts、
Bogey 60 Milliwatts


フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.385A
全長x最大径:25mmx12.5mmφ
Ken-rad 832
プッシュプルRF出力増幅ビーム管

Ken-rad 832は、特殊7ピン・ベースの達磨型ガ
ラス容器(T-16)に2個のビーム管を封入したプッシ
ュプルRF出力増幅ビーム管です。

832の最大定格は、200MHzまで動作ができますが
、出力電力を抑えて減少させれば、250MHzまで動
作をさせることができる。C級電信動作状態では、プ
レート損失は、15Wです。

832は、真空管内部での遮蔽効果が十分であるの
で、中和回路は不用です。


フィラメント電圧x電流:12.6/6.33Vx0.4/0.8A
全長x最大径:80.5mmx57.2mmφ
MACHLETT 2C39WA
プレナー型強制冷却RF出力増幅3極管

MACHLETT 2C39WAは、2,500MHzまでの発
振、逓倍、増幅用プレナー型、強制冷却3極管です。
尚、2C39WAと2C39は互換性があります。
プレナー構造とは、扁平なカソードと狭い間隔でメ
ッシュ・グリッドが配置され、同様に扁平なプレート
がメッシュ・グリッドの反対側に位置されている。

500MHz、出力増幅器はプレート電圧:900Vで有効
出力は40Wです。900MHz、RF発振器はプレート電
圧:900Vで有効出力は17Wです。


フィラメント電圧x電流:12.6/6.3Vx0.4/0.8A
全長x最大径:80.5mmx57.2mmφ
MACHLETT 2C39A
プレナー型強制冷却RF出力増幅3極管

MACHLETT 2C39Aは、2,500MHzまでの発
振、逓倍、増幅用プレナー型、強制冷却3極管です。
尚、2C39Aと2C39WAは互換性があります。
プレナー構造とは、扁平なカソードと狭い間隔でメ
ッシュ・グリッドが配置され、同様に扁平なプレート
がメッシュ・グリッドの反対側に位置されている。

500MHz、出力増幅器はプレート電圧:900Vで有効
出力は40Wです。900MHz、RF発振器はプレート電
圧:900Vで有効出力は17Wです。


フィラメント電圧x電流:12.6/6.3Vx0.4/0.8A
全長x最大径:80.5mmx57.2mmφ
MARSHALL ELECTRONICS 3C24
変調、発振、増幅用3極管

MARSHALL ELECTRONICS 3C24は、
トップ・プレートおよびサイド・グリッド端子付き、直管でバイオネット付き4ピン・ベース(M8-071)の直管で、
変調、発振、増幅用3極管です。

フィラメントは、トリエーテッド・タングステンです。最大プレート損失は、75Wです。

C級電信、プレートト電圧が1500V、プレート電柱が
67mAで出力は75Wです。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx3A
全長x最大径:1055mmx48.8mmφ
  Mullard E1T
陰極線偏向型10進計数管

Mullard E1Tは、12ピン特殊ベースの円筒ガラ
ス管、陰極線偏向型10進計数管です。規格は次
の通りです。

種類;静電型
ヒター電圧・電流;6.3V・0.3A
最高速度;30、000pps

 計数動作は、入力パルスにより偏向電極電位を
順々に変移させて電子ビームの固定位置を移行さ
せ、管球側面に対応して設けた10個の窓の内の
一つに長方形のスポットの蛍光を発生させる。ガラ
ス管の側面に数字表示板がはられており、ビーム
の位置の数字を読んで計数値を決定しました。 

 
フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.3A
 全長x最大径;80mmx35mmφ
   Mullard Z303C
冷陰極型ガス充填10進数計数管

Mullard Z303Cは、茶色のオクタル・ベース(K8A
)の直管で冷陰極型のネオンガスが充填された双
方向10進数の計数管です。


このZ303C計数管は、10ヶのメイン・カソードが有り
、この内の9ヶは一緒に引き出されており、残りの1
ヶは分離されています。表示速度は、最大速度は
、4KHzです。



フィラメント電圧x電流:ーVxーA(冷陰極)
全長x最大径:102mmx298mmφ
   PHILIPS E1T
陰極線偏向型10進計数管

Philips E1Tは、12ピン特殊ベースの円筒ガラ
ス管、陰極線偏向型10進計数管です。規格は次
の通りです。

種類;静電型
ヒター電圧・電流;6.3V・0.3A
最高速度;30、000pps

 計数動作は、入力パルスにより偏向電極電位を
順々に変移させて電子ビームの固定位置を移行さ
せ、管球側面に対応して設けた10個の窓の内の
一つに長方形のスポットの蛍光を発生させる。ガラ
ス管の側面に数字表示板がはられており、ビーム
の位置の数字を読んで計数値を決定しました。 

 
フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.3A
 全長x最大径;80mmx35mmφ
   RAYTHEON 2K25
内部空洞反射型クライストロン

RAYTHEON 2K25は、オクタル・ベース(同軸
プルーブ出力付き)のメタル管で空洞内蔵のXバンド
用、8.5~9.7GHzの反射型クライストロンです。

2K25は、9.375GHz、300Vで出力電力が20mW(最
少)です。


 
フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.44A
 全長x最大径;85mmx37.8mmφ
RAYTHEON 2K48
外部空洞反射型クライストロン

RAYTHEON 2K48は、3ピン・ベース(peewee)
の導波管との結合できる構造の外部空洞型、周波
数が4.2~10.75GHzの反射型クライストロンです。


2K48は、10.7GHz、1250Vで出力電力が20mWです。


 
フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.5A
 全長x最大径;200mmx29mmφ
RAYTHEON 5840W
高周波増幅用サブミニチュア5極管

RAYTHEON 5840Wは、8本リード線のサブミニ
チュア管の高周波増幅用5極管です。

5840Wは、シャプ・カットオフ特性の5極管で高周波
増幅用およにマイクロホン増幅器としても使用され
る。サンプルは、高信頼管ですが、軍仕様をさらに
厳格にしたものと思われる。


 
フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.15A
 全長x最大径;31mmx9.7mmφ(リード線を除く)
  RCA 815
プッシュプルRF出力増幅ビーム管

RCA 815は、大型ウエファー・オクタル・ベースで、
2ヶのプレート端子付きの直管(T-16)のプッシュプ
ル型RF出力増幅ベーム管です。
815は、全プレート損失は25W、120MHzまではフルレーティで使用ができ、レーティングを低減すれば200MHzまで動作ができます。

814の最大定格は、CCS条件下では次の通りです。
( )内はICAS条件下を示す。
プレート電圧:400(500)V
No.2グリッド電圧:225(225)V
プレート電流:75(75)mA
プレート損失:20(25)W


フィラメント電圧x電流:12.6/6.3Vx0.8/1.6A
全長x最大径:110mmx54.5mmφ
   RCA 8025A
UHF発振、増幅用空冷3極管

RCA 8025Aは、茶色のUXベースの直管で側面
に2ヶずつのプレート(上)およびグリッド(下)端子
付きのUHF用発振、増幅空冷3極管です。

強制空冷方式を採用すれば、400MHzで50Wの出
力が得られ、出力を低減すれば600MHzまで動作
させることができる。。

プレート電極は、タンタル製のため、フルCCS条件で
動作中は、プレートがオレンジ・レッド色となる。ゲッ
タは使用していない。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx1.9A
全長x最大径:117mmx41.5mmφ
  SFR PV1
IF/RF用5極管

SFR PV1は、黒色ベークのサイド・コンタクト5ピン・
ベース(S8B)のミニチュアIF/RF 用5極管です。

詳細特性は調査中です。

フィラメント電圧x電流:12.6Vx0.075A
全長x最大径:55mmx293mmφ
  Valve Wireless CV58
UHF用ミクサー2極管

Valve Wireless CV85は、同軸型フィラメント
端子の小型ガラス容器に、円筒カソードとプレート
が対向しているUHF用ミクサー2極管です。

ガラス容器表面には、”W”、”↑ CV58"の紙ラベル
が貼ってある。

周波数が3GHz(波長9cm)まで、平衡線または同軸
線を使用したUHFミクサー2極管とし設計されたも
のです。1942年以降実用化されている。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.36A
全長x最大径:43mmx17.3mmφ
  Western Electric 717A
UHF用ロー・ノイズ増幅5極管

Western Electric 717Aは、オクタル・ベースのド
アー・ノブ型のガラス管でUHF用ロー・増幅5極管で
す。717Aは、小型真空管ですが、UHFのRADAR装置に使用するフロント・エンドの低ノイズ入力増幅器として設計され、4 ma/Vを達成しました。

Western Electric社により設計された717Aは、第2次世界大戦中に米国の多くの製造会社により生産されました。この真空管は(低価額化)と全ガラス真空管への改良により生産が中止されましたが、成功した真空管でした。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.175A
全長x最大径:47mmx34mmφ 
  Westinghouse 481B
半波整流管

Westinghouse 481Bは、アルミニュームとセラミッ
クスのバイオネット付きUXベースの半波整流管です


Max voltage = 25000 PIV
Max current = .03 amps

フィラメント電圧x電流:2.5Vx5A
全長x最大径:120mmx38.4mmφ
  General Electric 2B22
マイクロ波用2極管

General Electric 2B22は、オクタル・ベース
、ハイ・パービアンスのディスク封じ2極管です。

周波数が1.5GHzまでの検波、モニターとして使用
さます。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.75A
全長x最大径:48mmx32.5mmφ
  Raytheon CK7978
デカトロン

GRaytheon CK7978は、13ピン特殊ベースの
冷陰極ガス入り、5Khz、中速度の双方向リングの
ステッピング10進カウンターです。


フィラメント電圧x電流:ーVxーA
全長x最大径:56mmx28.3mmφ




16. 藤岡清登氏より真空管一式(梱包-2)のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

 写真 
 
 ご寄贈を頂いた真空管  
製造メーカー名   真空管 員数(本)  右の表に掲載した真空管の他に、上の写真で示す様に主として
各社のロクタル管、メタル管など合計59本の寄贈を頂きました。 
 
Cunningham CX-301A 
L.N NEOTRON  6L7  2
Mullard QV047 2
National Union 01AA 
RCA  39/44 
RCA  48 2
RCA UX-200   1
RCA UX-227   1
RCA UY-245  2
RCA UX-281  1
RT  4673  1
SFR EG1  3
Western Electric 120A
PHILCO 12O3
Unknown 6A8G  2
   Cunningham CX-301A
検波増幅3極管

Cunningham CX-301Aは、黒ベークUXベース
のナス管で検波増幅3極管です。
Cunninghamは第1次世界大戦前、オーディオンの
ブランド名で真空管を製造していましたが、1920年
にRCAと協議して真空管の製造を中止して、RCA
からの供給を受けたディストリビューターとして販売
することに合意しました。
真空管の販売には、Cunningham自身のブランド
名も付け、型番も独自のものを採用しました。この
サンプルは、UX-201Aと同じですが、UXをCXに、
最初の桁の2から3に読み替えるようにしました。
サンプルは、マグネシューム・ゲッターを採用してい
ますのでガラス面は鏡の様になっています。ベース側から内部を透かして覗くとプレート電極は、矩形に近い楕円形をしています。

フィラメント電圧x電流:53Vx0.25A
全長x最大径:110mmx44.27mmφ
    L.N NEOTRON 6L7
ペンタ・グリッド混合増幅管

L.N NEOTRON 6L7は、オクタルベース、トップ・
グリッド端子付き、アルミニューム・ケース入りのGT
管型のペンタ・グリッド混合増幅管です。
サンプルは、元箱入りで、フランス製造会社のブラ
ンド名”L.N"、”6L7"”NEOTRON"、”STEMLESS
"の記入文字がある。
サンプルは、所謂”メタルーガラス真空管で、特性は
6L7と同等と思われます。


フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.3A
全長x最大径:75mmx33.2mmφ
  Mullard QVO47
VHF ビーム電力増幅管

Mullard QVO47は、ロクタル8ピン(B9G)ベースの
GT管でVHF用ビーム電力増幅管です。プレート電
極は、円筒同軸型構造で上下2枚のマイカ板で支
持されています。

30MHzでの最高出力電力は7.5Wですが、150 MHz
での搬送波出力は7.7Wです。

略同等管としては、QEO4/10およびQVO4-7R等が
ある。サンプルは、元箱入りで、茶色のボール紙製
で、”QVO47"のみの文字が印字してある大変地
味なも著箱です。

フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.6A
全長x最大径:72mmx36.9mmφ
  National Union 01AA
検波増幅3極管

National Union 01AAは、黒色ベークのUXベー
ス、ST管の検波増幅3極管です。プレート電極は、
矩形箱形でドーム先端でマイカ板により指示されて
いる。
真空管 01Aのフィラメントは、トリエーテッド・タング
ステンであるが、真空管 01AAは、酸化皮膜陰極で
す。
National Unionは、1930年頃Magnatron,Marathon,
Sonatron,Televocalの4つの小メーカーが合併して
ニュージャージー州で真空管の製造を始め、旧製
品種や補修用真空管を得意として一流会社に急
成長をした。第2次世界大戦中は送信管や特殊管
も作りましたが、1959年代の始めに活動を中止しま
した。

フィラメント電圧x電流:5Vx0.25A
全長x最大径:117mmx45mmφ
   RCA 39/44
高周波増幅5極管

RCA 39/44は、黒色ベークのUYベース、トップ・グ
リッドのST管の高周波増幅5極管です。

高周波用5極管は、1930年にヨーロッパで登場しま
したが、1932年に米国で239、続いて44が登場しま
した。これらはバリアブルμ型で、44のほうがリモー
ト・カット・オフ特性を持っていました。その後は、特
性が同等のため1935年頃から39/44という複番版
が付けられました。

39/44は、VT49という軍用の型番をもち、1939年に
米陸軍に納入されました。

フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.3A
全長x最大径:110mmx38mmφ
  RCA 48
遮蔽グリッド電力増幅4極管

RCA 48は、黒色ベークのUZベース(U6A)、ST管
の遮蔽グリッド電力増幅4極管です。
4極管は、第1次世界戦中にドイツのシーメンスで発
明された真空管ですが、2次電子放出という現象の
ため出力段での大振幅動作には不適当でした。こ
のような欠点を補うために開発されたのが5極管で
したが、4極管の研究は続けられ、1932年にRCA
が48を発売しました。
RCA 48のカタログには:,記述の冒頭に、”The 48
is power amplifier tetrode which has pentode chracteristics when operated at the recommended screen and plate voltage
."と
説明があります。(訳者註:真空管 48は、出力増
幅4極管ですが、推奨するスクリーンとプレート電圧
で動作させると五極管の特性を有しています。)
内部電極は、幅広のカソードと平型電極ですが、プ
レートに内面に8枚づつの”フィン”を設け、2次電子
放射を防止しているようです。


フィラメント電圧x電流:30Vx0.4A
全長x最大径:130mmx50.5mmφ
    RCA UX-200
検波用3極管

RCA UX-200は、黒色ベークのUXベース、ナス管
(S14)のアルゴンガス封入の検波用2極管です。

プレート電極は扁平楕円の同軸型です。サンプルは
RCA Radiotronの元箱入りです。

RCAが1920年に販売した最初の真空管がアルゴ
ンガス封入の検波管 UV-200と増幅管 UV-201で
何れもGE製のガラス容器は洋梨型で、真空管頂部
に排気用のチップ付きでフィラメンは5V, 1Aでした。

1926年5月、RCAは新たな検波管UXー200発表しま
した。安定した動作と感度の増加を得るために
、UX-200Aが使用したセシュウムガスの代わりに
アルゴンガスが含まれています。

フィラメント電圧x電流:5Vx1A
全長x最大径:110mmx44.4mmφ
   RCA UY-227
検波用3極管

RCA UY-227は、黒色ベークのUYベース、ナス管
(S14)の傍熱型検波用3極管です。1927年に標準
型交流(特に検波)用真空管として新時代をリード
した画期的な真空管でいた。
このサンプルは、セラミゥクの2つの小穴に通したタ
ングステン線を使用していて(ヘアピン状)、カソー
ドは板材で吊っています。
プレートは金網ですが、開発当時に問題となったグ
リッド・エミッション(カソードの酸化皮膜がグリッドに
付着して電子を放出する現象)を改善するために、
金属板に変わって採用されたと云われています。


フィラメント電圧x電流:2.5Vx1.75A
全長x最大径:114mmx44mmφ
   RCA UX-245
検波用3極管

RCA UX-245は、黒色ベークのUXベース、ナス管
(S17)のオーディオ用出力増幅3極管です。1929年
に開発されたUX-245は、酸化皮膜型フィラメントで
、Ep=275Vのとき出力2W でした。

このサンプルもベースには、”Radiotron"の刻印が
ありますが、WH(ウエスチングハウス)が開発した真
空管でした。

国内では、1930年に東京電気(TEC/Cymtron)
がUX-245を国産化しています。 1932年頃には、エ
レバム、ケーオー,ドン、キングトロン、NVV真空
管,安永チューリップ等が販売を初めて普及して電
蓄に使用されました。



フィラメント電圧x電流:2.5Vx1.5A
全長x最大径:137mmx53.8mmφ
   RCA UX-281
半波整流用2極管

RCA UX-281は、黒色ベークのUXベース、ナス管
(S19)の半波整流管です。

プレート電極は、矩形平板型でステムから独立した
太い線で固定され、電極構造は、送信管の様です
。其れもその筈で、1927年に登場した電力増幅3
極管UX-250のグリットを取り除いたものをWHから
発売されましたが、この眞空管は、RCA ”Radiotron”のブランドです。


フィラメント電圧x電流:7.5Vx1.25A
全長x最大径:145mmx59.3mmφ
   RT 4673
不明管

(作業中)
  SFR EG1
UHF用3極管

SFR EG1は、黒色ベークのサイド・コンタクト5ピン・
ベース(S8B)のミニチュアUHF 用3極管です。

詳細特性は調査中です。

フィラメント電圧x電流:12.6Vx0.17A
全長x最大径:55mmx293mmφ
  Western Electric 120A
バラスト管

Western Electric 120Aは、黒色ベークのUXベ
ース、GT管のバラスト管です。



フィラメント電圧x電流:ーVxーA
全長x最大径:ーmmxーmmφ





15. 藤岡清登氏より真空管一式(梱包-1)のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。


写真  ご寄贈を頂いた真空管  
  藤岡淸登氏から頂いた真空管は下記の
通りです。
1.RCA 829B               4本
2.RCA 3E29
                     2本
3.UNITED ELECTRONICS 3B28    3本
4.RCA 837                 2本
5.WESTERN ELECTRIC 705A     1本
6.HYTRON 3C30             1本
7.WESTERN ELECTRIC 1625     1本
8.RCA 8020W              1本
9.EIMAC 327ーA             1本
  
            
  RCA 829B
双ビーム出力管

RCA 3829Bは、ビーム管2本を同一ガラス容器に封
入した双ビーム出力管です。
1939年に発表された829は最大プレート損失は40W
、200MHzで80Wの出力電力が得られるものでしたが
、1943年にはプレートの耐圧を上げるために電極構
造の下部にセラミック碍子を追加して、型名も829Bと
なりました。
第2次世界大戦中、航空機やFM多重無線電話用とし
て使用されました。また、戦後はアマチュア無線の発
展にも大いに貢献しました。

フィラメント電圧x電流:12.6/6.3Vx1.125/2.25A
全長x最大径:105mmx57.7mmφ
RCA 3E29 
パルス用双ビーム出力管

RCA 3E29は、ビーム管2本を同一ガラス容器に封入
した双ビーム出力管です。JAN規格のCRCー3E29と
いう聞きなれない名前のようですが、829Bのパルス
変調対応の改良管です。
瞬間プレート電流が大きく取れて、また耐圧も1948年
にRCAから発表された820Bに比べるとかなり高圧ま
で対応できるように設計されています。そのため、プ
レート形状が大きくなっていて、サポートも碍子を使
った丁寧な作りになっています。ただし、プレート損
失が15Wと小さくなっています。

フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.3A
全長x最大径:105mmx58mmφ
  UNITED ELECTRONICS 3B28
クセノン入り半波整流管

UNITED ELECTRONICS 3B28は、黒ベークUX
ベースのトッププレート端子、ST管のクセノンガス
入り半波整流管です。
ELECTRON TUBE REGISTRATION 415によると1945
年6月25日に登録されている。
定格は、尖頭逆耐圧電圧:10KV PIV, 電流:250mA.
で866Aと互換性がある。
多くの製造メーカー:: Chatham, Fivre, GE, Hytron,
Marconi (I), Philips, RCA, UE, Westinghouse.等が製
造している。

フィラメント電圧x電流:2.5Vx5A
全長x最大径:154mmx51mmφ
  RCA 837 
パルス用双ビーム出力管

RCA 837は、茶色ベーク、7ピンベースのトッププレ
ートのST管で電力増幅用5極管です。電極は大型の
矩形同軸型で上下にマイカ板で支持されている。
元箱に、”Vacuum Tube Contract 84530 Aceoted
April,1943
.”および”U.S. Navy CRC 837”と印字
されている。VT-101相当管です

1960年頃、アマチュア無線でSSBが流行し始めたとき
、手段のリニア・アンプに適当な送信管入手が比較的
難しく、米軍ジャンクの813(直熱5極管)や807など安
価に入手できた837が利用されました。837送信管は
ゼロ・バイアスGGアンプの製作記事が紹介されてい
ましたので、この837送信管はそれなりに有名でした。

フィラメント電圧x電流:12.6Vx0.7A
全長x最大径:140mmx51mmφ
  WESTERN ELECTRIC 705A
EHT 半波整流管

WESTERN ELECTRIC 705A特殊4ピンのセラ
ミックベース、トッププレート(棒線)の直管のEHT半波
整流管です。定格は、尖頭逆耐圧電圧が35,000 V、
尖頭電流は500mA(平均電流:100mA
です。
プレート電極はトップの棒線により指示されていて
、120 °毎に3枚の冷却用の垂直板
が取り付けられ
ている。
用途は、米国海軍のレーダー装置(AN/TPS-3 radar
のパルサー)と小型送信機の電源に使用された。


フィラメント電圧x電流:5Vx5A
全長x最大径:125mmx56.7mmφ
   HYTRON 3C30
電力増幅3極管

HYTRON 3C30茶色ベークのUXベール、トップ・
プレートのSTー16管のハイ・ミュー電力増幅用3極管
です。
プレート電極は、カーボンの成型矩形電極で上下
に2枚の買い方で支持されている。
トリエテッド・タングステン・フィラメントを使用し、最大
定格プレート電圧:850Vです。
動作例は、プレート電圧:600V,電流;41mA、グリット
電圧:-15V、、μ:85およびプレート損失:25Wです。
1946年10月25日に登録された比較的新しく設計さ
れた送信用3極真空管です




フィラメント電圧x電流:5.6Vx2.5A
全長x最大径:142mmx50.7mmφ
  WESTERN ELECTRIC 1625/VT136
電力増幅ビーム管

WESTERN ELECTRIC 1625茶色ベーク、7ピ
ンのトップ・プレートのST管の電力増幅ビーム管です。
プレート電極は、カーボン・コート,上下のタイト・ス
ペーサによりマイカ板から浮かせて取り付けてある。
マイカ板は、マグネシア塗布。電極は上部マイカを介
してガラス管壁に支持される。従来サンプルでは、2
枚の長方形サイドマイカ板で固定しているものがあ
るが、このサンプルは、4本の金属板バネで固定して
いる。ゲッタはともに2本の充填棒を取り付けた2個
である。ベースにはバヨネット・ピンが出ている

1625は、米国でUY-807の12.6V版として製造され,
ベース・ピン配置が異なる。戦時中の軍用のVTナン
バーにVT136として登録され,UT-1625/VT136
表示されている。1950年代末に東芝が製造していた。



フィラメント電圧x電流:12.6Vx0.45A
全長x最大径:142mmx51.2mmφ
  RCA 8020W
半波高真空整流管

RCA 8020Wは、黒ベークUX ベース(バイオネット
付き)のトップ・プレート端子、大型のST(T-18)管の
半波高真空整流管です。プレート電極は、トッププレ
ートのリード棒で支持されている。フィラメントはトリエ
ーテッド・タングステンです。

定格は、尖頭逆耐圧電圧:40KV PIV, 最大電流:750
mA(平均電流100mA)です。

型名の"8020W"のW文字は耐震構造設計を示す。


フィラメント電圧x電流:5Vx5.5~6.5A
全長x最大径:180mmx50mmφ
  RCA 327-A 
VHF電力増幅3極管

RCA 327-Aは、特殊形状のガラス容器に封入され
たVHF用の3極管です。管頭近くに左右にプレート・
リード棒が2本、中央部に左右にグリッド・リード棒
が2本それぞれ設けてある。(リードインダクタンスを
最少にするため)。
第2次世界大戦中に開発され、μが31のVHF対の100
W用3極管で、米国海軍のSCおよびSKシリーズの探
査レーダーのパルス発振器にに使用された。
WESTINGHOUSEやIECでも製造された。


フィラメント電圧x電流:10.56Vx10.7A
全長x最大径:160mmx100mmφ



14. 小山繁男氏より真空管一式のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真 ご寄贈を頂いた真空管 
    小山繁男氏から頂いた真空管は下記
の通りです。


RCA 5693元箱入り   4本 
  RCA 5693(6SJ7相当管)

RCA 5693は、1948年にRCAから発表された
5691、5692および5693の所謂スペシャル・レッド
・チューブのシリーズの真空管です。これらは、そ
れぞれ6SL7GT,6SN'GTおよび6SJ7に相当するも
ので、長時間(10 000時間)、耐衝撃(500G)、耐
震(2.5G)の要求を満たすものでした。
全体が鮮やかな赤色ロに塗られています。その
後、高信頼管は世界の主要真空管メーカーで作
られましたが、米国ではレイセオンの製品、GEの
ファイブ・スター・ブランドなど、また欧州ではフィリ
ップスのSQ管、STCの製品などが有名です。

フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.3A
全長x最大径:65mmx32.7mmφ



13. 尾崎逸郞氏より真空管一式のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
   尾崎逸郞氏から頂いた真空管は下記
の通り
です。

1.マツダ     P503A 
2.NEC        102ーF
3.APOLLO    5876
4.RCA      5876A
5.Toshiba    5642
6.Toshiba    MS-9S
7.ラジオゾンデ
以上各1本です。

   マツダ P503A

マツダ P503Aは、金属とセラミックのUYベース
、プレートトップの直管で発振、変調、周波数逓倍
増幅用の陽極損失20W5極管です。電極は角型
胴軸構造で上下で”王型”の2枚のマイカ板で支
持されている。昭和十九年九月、戦時中の製造
された真空管です。

C級動作の規格例としては次の通りです。
陽極電圧Ep(V)600V
第1格子電圧(Eg1):-80V
第3格子電圧(Eg3):300V
陽極電流Ip(mA):65mA
出力電力:27W

フィラメント電圧x電流:10Vx1.1A
全長x最大径:115mmx39mmφ
   NEC 102ーF

NEC 102ーFは、黒ベークのUXピンのST管の3
極管です。WE社で、1930年頃D型3極管と同じ利
得でフィラメント電流だけが1/2にしたF型3極管を
完成しました。日本電氣は、1933~34年に同じ名
称のF型3極管を製造しました。従来の結合型フィ
ラメントは、取扱が不便で且つ量産に適さないので
、之に変わるものとして非結合型フィラメントが昭和
14年に完成し、全面的な切替が終わり、104-Fは、
良品率が90%以上で製造できる用になりました。
丸型(球型)バルブは、1948年8月(昭和23年8月)
以後ドーム型バルブに変更されています。ガラス管
壁には1948年6月製造の文字があり、数か月のず
れがある。黒ベースは、ドーム型に変更する前の旧
型を使用している。

フィラメント電圧x電流:2.1Vx0.5A(電流値で規定)
全長x最大径:105mmx45mmφ

    APPOLO 5876

APPOLO 5876は、マイクロ波用のペンシツ型をし
た3極管です。1949年にRCAが同軸円筒型の所謂
”ペンシル管”と称するマイクロは3極管を発表した。

その後、日本では、太陽電子株式会社、APPOLO
(アポロ)がこのペンシル型真空管を製造しました。
カタログによると「
RCAとの技術提携により、300~3,000
MHzの周波数まで増幅または小電力発振官とし設計製造
され、気象庁や防衛省に納入している」と宣伝されている。
1987年2月製造。

フィラメント電圧x電流:6.3Vx0.135A
全長x最大径:47.5mmx20.5mmφ
   Toshiba MS-9S

Toshiba MS-9Sは、模写電送装置、フォトリレー、
一般微少光測定等に使用されるサイドウインド9段
型光電子増倍管です。

紫外域の3000付近から可視域の700Å付近まで
にわたり、特に4000Å付近に感度の良い光電陰極
面の11ピン・ソケットでトップ排気チップの側部窓型で
最大感度は、4000±500Åです。

全長x最大径は、92mmx32.5mmφ





12. 日比野正男氏より真空管一式のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
   マツダ US-6F7A

オクタル・ベースのトップ・グリッドのある検波増幅並びに周波数変換用3極5極管です。(サンプルは捺印が不鮮明だが、型名は確認できた)
軍からの要請を受けて住友通信(現日本電気)および東京電気(マツダ)は,米国仕様のガラス管6F7のメタル管を開発しました。東京電気(マツダ)は、US-6F7Aの名称、住友通信(現日本電気)は、MC-804Aの名称で軍に納入しました。

 フィラメント電圧・電流:6.3V・0.3A
 全長・最大径:75mm・32.55mmφ

11. 保田英幸氏より真空管一式のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
   マツダ 1E-DR1

6リード線の扁平サブミニチュアの検波増幅用2極5極管です。

 フィラメント電圧・電流:6.3V・25mA
 全長・最大径:35mm・9.5mmφ

   マツダ 1E-R11

5リード線の扁平サブミニチュアのRF増幅用5極管です。

 フィラメント電圧・電流:6.3V・25mA
 全長・最大径:35mm・9.5mmφ

10. 田中禎氏より真空管のご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
   SYLVANIA 6K4

非常に小型、軽量で且つ衝撃や振動に強い高周波での使用の目的のために設計されたサブミニチュアのリード型の3極真空管です。
 適切な回路で使用される場合、500 MHz 帯の周波数で、約3/4ワットの出力を得ることができます。
第2次大戦中は、旧日本軍の特攻機を撃墜するための近接信管用真空管として多量に使用されたと言われています。

 フィラメント電圧・電流:6.3V・150mA
 全長・最大径:35mm・9.5mmφ

9. 尾崎逸郎氏より真空管一式、ご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
   東京電気 UV-816D

強制空冷式送信用4極管です。旧海軍の三座航空機用無線電信機、「96式空3号無線電信機」の発振管 UX-47Aー励振管 UX-865Eー終段電力増幅管 UV-816Dに使用され、陽極電圧は1,500Vで入力電力は150Wです。陽極損失が60Wで、C級で50W出力電量意が得られた。フィラメント電圧・電流は、10.0V・2.5Aです。全長・最大径は、200mm・60mmφです。ガラス管壁には、”UV-816D”、”マツダ”、”東京電気株式会社”、”No.4056E"および”昭和十八年7月”の文字が確認できた
  日本電気 UY-510B(MC-565-B)

発振・周波数逓倍用の5極管です。第3格子変調C級無線増幅(電話)またはC級無線周波増幅(電信)用出力館として高能率で動作し出力電力は約15Wです。フィラメント電圧・電流は、6.0V・1.05Aです。全長・最大径は、160mm ・53mmφです。ガラス管壁には、
UY-510B”、”日本電気”、
MC-565-Bの文字が確認できた。
  TELEFUNKEN RL12P35

ベースは、バイオネット・ロック型で短い5ピンの送信用5極管です。第2次世界大戦中に、主として航空機用に開発された送信管です。管頂にはプレートおよびサップレッサ・グリットが引き出されている。管頂の端子は、横から捻子止めすル「方式を採用している。フィラメント電圧・電流は、12.6V・0.63Aです。全長・最大径は、150mm・49mmφです。
   NEC 2K25 反射型クライストロン

オクタル・ベースに出力同軸線(左の写
真の細長い棒状のもの)を含むベース
を使用している発振・変調用の反射型クラ
イストロンです。”NECの上の”NDS"
は、防衛庁規格を示します。Xバンドに使
用され、主として船舶用レーダーの局
部発信管としてです広く使用されました
。フィラメント電圧・電流は、6.3V・0.44A
です。周波数が8.500~9.660MHzで出
力電力は30mWです。全長・最大径は
、85mm・39.5mmφです。
   電離真空計

製造メーカー名および型番が各員出来
ませんが、内部電極構造(間隔の離れ
た2枚の板の間にループ上のフィラメント
)から推測できます。UZベースを使用し
ている。ST管構造で管頂部に太
さ15 mmφ、長さが約100mm
のガラス管
が接続され、イオン・ポンプに接続される部分
です。ST管部の全長は、110mmで最大径は
、88mmφです。



9. 山田 信氏より真空管一式、ご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真  ご寄贈を頂いた真空管 
   左の写真に示す通りです。

Toshiba 6M-E10
ナショナル 6BM8
不明 12AX7A
NEC 12AT7
NEC 6AU6
NEC 6BA6
HITACHI 6BE6


以上の各1本です。


8.山肩昭夫氏より真空管一式、ご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真 ご寄贈を頂いた真空管
左の写真に示す通りです。

Westinghouse WL-6102   1本

高電圧真空整流管で、油漬けにより冷却を行う方式です。

フィラメント電圧x電流:5Vx7.2A
尖頭逆耐圧:40 kV、 150mA
全長x最大径:70mmx50mmφ
左の写真に示す通りです。

Raytheon CK512AX      3本

扁平型サブミニチュア 5極管で、補聴器を含む機器の体に装着または携帯用として使用された。

フィラメント電圧x電流:0.625Vx0.02A
全長x最大径:30mmx9mmφ




 7.村松健彦氏より真空管一式、ご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真 ご寄贈を頂いた真空管
左の写真に示す通りです。

写真左
RCA Nuvistor 7586 1本

写真中央
日立 Nuvistor 7586 1本(元箱入り)

写真右
日立 Nuvistor 6CW4 1本(元箱入り)
左の写真に示す通りです。

写真左
Western Electric 396A(2C51) 1本

写真右
KSK 安定抵抗管 R-100B 1本
左の写真に示す通りです。

写真左
ナショナル UY-807 1本(元箱入り)

写真右
日本電気 2A3 1本(元箱入り)

なお、数年前に村松健彦氏より、日本電気
 2A3を1本寄贈していただきましたので、
今回分と合わせて、合計2本となり現用の
2A3シングル ステレオアンプで試聴してい
ます。



6.末廣吉安氏よりタングステン電球 4個と元箱 一式、ご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真 ご寄贈を頂いた真空管
左の写真に示す通りです。

島津製作所製のAMAN分光計の光源として
使用されていたタングステン・ランプです。4個
の内1個には、光源としての調整用取付板が
附属しています。

元箱には、○に十の字のロゴとSHIMADZUの
社名及びBAUSH & LOMBの文字が読めます
ので納入先かも知れません。

タングステン・ランプの定格は電圧が2.5V、電
流が2.5V、電流が2.75Aです。



5.末廣吉安氏より真空管および付属のソケット類 一式、ご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真 ご寄贈を頂いた真空管

(Fig.1)
Fig.1 の写真に示す通り、上段左より下記の通りです。

1.RAYTHEON  ML-8533  パルス3極管  1本
2.RCA     6884    UHF4極管    1本(新品)
3.EIMAC    4CX-150G  UHF4極管    1本(新品)
4.GE     NE-16   ネオン管    1本
5.GE     NE-48   ネオン管    1本
6.
RAYTHEON  A-160011A クライストロン    1本


註:RCA 6884強制空冷方式のセラミック封止UHF電力増幅用ビーム管です。フィラメント電圧と電流の規格以外は、”6816”と同一です。
また、
RAYTHEON A-16001Aは、外部空洞型クリストロンですが、電気的性能は不明で、調査中です。

(Fig.2)
Fig.2の写真に示す通り、上段左より下記の通りです。
1.ITT     FW130    光電子倍増管  1本
2.浜松テレビ R106    光電子倍増管  1本
3.浜松テレビ 25G-S1A   光電管     1本
4.RAYTHEON  A160011A   クライストロン 1本
5.TOYO    6R-E13    マジックアイ  1本
6.SHIMADZU  H-300    重水素ランプ  1本


註:ITT (ITT ELECTRO-OPTYICAL PRODUCTS DIVISION) FW130は、特殊20ピンの大型ベースを使用したヘッドオン型の映像部にホーカシング・コイルを備えたグリッド制御の出来る天体(星座)の観測およAMAN分光解析等に使用される光電子倍増管です。RCA1P21と同じ目的で製造された“S20ホトカソード”の光電子倍増管です。べースには、“FW130 ( 0.15” Rd. IEPD)”とタイプされたラベルが貼ってある。全長が155mm、最大径が50mmφです。ITT F4027と同じシリーズです。

浜松テレビ
(現在の浜松ホトニクス) 25G-S1A 光電管およびSHIMADZU H-300 重水ランプは詳細な規格は不明で調査中です。

(Fig.3)
Fig.3 の写真に示す通りです。

RAYTHEON 2J42
、一体型強制空冷方式のパルス用Xバンド(HF/EHF)のマグネトロンで、周波数が9345MHz~9405MHz帯の指定の単一周波数で運用し、尖頭出力電力7kW以上が得られます。このマグネトロンは、EEV, Litton, Microwave Ass., NEC, Raytheon, Sylvania, ToshibaPhilipsMullard, Mullard, Amperex 及びValvo.の各社で製造された普及品です。。フィラメント電圧x電流は、6.2V0.6Aです。縦x横x奥行きは80mm110mm123mmです。

(Fig.4)
Fig.4 の写真に示す通りです。

砲弾型に見えるひだ付きの円筒形のケースは、反射型クライストロン 2K25を収容するソケット込みの耐震用の収容箱で出力回路が同軸線路から導波管線路の変換がされています。

(Fig.5)
Fig.5 の写真に示す通りです。

今回ご寄贈を戴いた真空管に付属していた貴重なソケット及び付属品 一式です。



4.志田文夫氏より真空管 一式、ご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真 ご寄贈を頂いた真空管

左の写真に示す通りです。

K.O.TRON KX-112-B 半波整流管     1本(上左)
マツダ   6L6G
   ビーム管       1本(上中)
マツダ   UZ-510   5極管       1本(上右)
マツダ   DH-2    双2極管      1本 (下左)
エレバム   3Y-P1   5極管        1本 (下左中)
エレバム   6WC5    7極管       1本(下右中)
N.C.   6Z-DH3A  2極3極管
         1本(下右)


尚、”N.C” ロゴの真空管、6Z-DH3Aは、ガラス容器に”New Central”のロゴの印字文字がありますが、製造会社などの詳細は不明で目下調査中です。

以上の他、寄贈頂きました真空管がありますが、割愛させて頂きました。


3.長谷川一郎氏より真空管 一式、ご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。

写真 ご寄贈を頂いた真空管

左の写真に示す通りです。

SIEMENS GZ34(元箱)双2極全波整流管  1本(上左)
HITACHI 6CW4    Nuvistor      1本(上左)
SYLVANIA 8056    Nuvistor      1本(上左)
不明   6CW4    Nuvistor      1本 (上左)
RCA   5876A    板極管       1本 (上左)
HITACHI 2B94     双ビーム送信管    1本(上右)
東芝   5F20RA   4極送信管     1本(上右)
ナショナル  XQ1020G   PLUMBICON(撮像管)1本(下)
ナショナル  12FQ7    双3極管      3本 (下)
ナショナル  6AL5    双2極管      1本 (下)
東芝   6U8     3極5極真空管    1本 (下)
ナショナル  不明     3極5極真空管    1本 (下)


2.向井正臣様より高真空パルス変調管 JRC 3B21P 1本、ご寄贈を頂きました。
ありがとう御座いました。

写真 ご寄贈を頂いた真空管

JRC 
3B21P

高真空パルス変調管

JRC 3B21P は、マグネトロンの開発と共に設計製造さ
たパルス変調用としてパルス機器装置に広く使用されま
した。傍熱型酸化物陰極の電壓は、
26.0V、電流は2.15A
です。
全長は、
145mmで最大径が66mmφです。特に、3B21P
は、ビーム形成電極をを加えて特性の安定化を行った改
良管です。
陽極最大定格は下記の通り。
直流電圧:15,000 V,尖頭電流:15 A
損失:60 W

最大定格に対する Duty Cycle:
0.01
 


1.松盛祐吉様よりマジックアイ TOYO MUSEN Co.,Ltd .EM84(ソケット付き)1本、ご寄贈を頂きました。ありがとう御座いました。
      

写真 ご寄贈を頂いた真空管

TOYO 
EM84

マジックアイ

TOYO EM84
は、9ピンのMT管、側面表示のマジックア
イです。差し替えは可能ですが、僅かに違いがあるの
はEM87です。ガラス管壁に”TOYO(ロゴ)”、”TOYO
MUSEN CO.,LTD
”の印字がある。1957年製造。250V 電
源と470Ω負荷で表示部の長さが0~21mmバーのフルレン
ジ表示に0~22Vの電壓が必要です。弱い信号の感度改善
のため可變利得特性があります。

フィラメン電壓x電流:6.3Vx0.21A
全長x最大径:75mmx20mmφ


                                                                                                以上